スポンサードリンク

住宅ローンの繰上げ返済

住宅ローンを借りた当初は頑張って繰上げ返済するぞと意気込む方も多いと思います。金融機関によっても異なりますが、借りてから何年間かは繰上げ返済の際の手数料が高めになったりすることもあるようで注意が必要です。
一方、ネットで返済すると繰上げ返済の手数料が低くなったりすることもあるようでチェックしてみてください。
今は低金利が続いているようで、住宅ローンの金利は低いといわれています。したがって、今のところはあわてて早期返済する必要性は低いと思います。
じっくり金融機関の説明を聞いて繰上げを考えましょう。借金ローンは計画的に返済できるといいですね。
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

不景気と住宅ローン減税

去年のリーマンブラザーズが破綻したことに端を発する大不況に対して、政府は大型予算を組むなど景気対策におおわらわのようです。
このため、住宅ローンもローン残高やローン残期間などに応じて税金が還付されてくるそうで、マイホームご購入希望の方には、チャンスかもしれません。
控除額も少なくありませんし、期間も長めですから住宅ローンも借金のひとつということで嫌っている方にもマイホーム取得がおすすめといえるかも知れません。
不景気を吹き飛ばすほどの景気振興策になるかは分かりませんが、ちょうど住宅ローンを検討していた場合は渡りに船といえそうです。
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

住宅ローンの手続き

住宅ローンの借り入れ手続きは、堅い勤め人で1年以上の会社員としての勤務歴があると容易なようですが、転職したてとか、勤め始めて間がない場合には、納税証明や源泉徴収票、給与振込みなどの確認があって、銀行側もローンの焦げ付きが起こらないか査定を厳格に行うようです。
個々の銀行によって、ローン審査の厳しさに違いはありますが、基本的にはローン申込人の実績や将来性などを勘案してローンの可否が決定されるようです。
公務員をはじめ安定した勤め人が銀行のローン申し込みには有利だと思います。
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

住宅ローン攻略マニュアル

住宅ローンを受けるには、銀行から融資を受ける際の審査があって、堅い職場に長期間勤めているなど安定した収入を見込める場合が有利といわれ、転職を繰り返して収入が不安定な場合などは融資の対象外にされることがあるようです。
勤続年数が短い場合は要注意のようで、住宅ローン融資が通りやすくなるようなマニュアルがやはり作られているようです。
融資を引き出すためには相手の不安を取り除くように、収入が安定的に将来にわたって入ってくることを示すのが望ましいようです。



posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

住宅ローン徹底活用マニュアル

住宅ローンも昔と違い優遇税制や優遇金利など政府も銀行も不況対策なのでしょうが持ち家が持ちやすいように配慮されているようです。借金やローンが組みやすい時代なのかも知れません。こうした住宅ローンの徹底活用マニュアルは、知らないで損することの防止になるでしょう。
ローンや借金の金利は低いに越したことはありません。
低金利の時代は低い金利を利用して借金するのも一法かもしれません。


住宅ローン徹底活用マニュアル!【極・MORTGAGEテクニック】
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

住宅ローンの優遇税制

現在は築後20年以内の住宅購入に際しては、優遇税制で税金が減少する措置がなされているそうです。おそらくは景気刺激策のひとつなのだろうと思いますが、住宅購入をお考えの方は住宅ローンを組むに当たってお得感があるのではないでしょうか。
借金を背負うという意味では住宅ローンも借金なのですが、保険のひとつと考えて万一の事態に際して家族に購入した住宅が残ると考えれば保険の一種といえないこともないので、単なる借金とは異なります。
借金からの脱却は大事ですが、借金やローンを利用することも時には必要なのかも知れません。
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

優遇金利

住宅の価格が下がってきていると聞いて住宅情報館などを訪れてマイホームの相談をしてみると、以前と違って収入の保証があれば、金融機関の審査を通る必要はありますが、優遇金利が適用されると金利の割り引きが受けられるようになっているそうです。
職業のかたさによるところもあるといいますが、ローン負担が軽減されることになり、不動産のローンは変動金利ではありますが組みやすい環境になっているそうです。
住宅ローンについて検討中の方にはチャンス到来かもしれません。特に新築物件購入をご検討の方は担保価値が中古物件より確実と思われ、住宅ローンは有利に組めるといいます。住宅ローンも返済しやすい時代になったのでしょうか。
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

住宅ローン攻略

住宅ローン攻略マニュアルで、すこしでも住宅ローンの返済負担を軽減させるように、借金ローンに負けない返済計画が立てられるよう願っています。
住宅ローンの返済が滞ると競売にかけられる場合もあるといいますから住宅ローンの返済計画には注意を払う必要があります。
借金やローンの恐ろしさは借金が返済できなくなった時に分かることでしょう。


グレーゾーンに挑戦住宅ローン攻略マニュアル最新版 一般編
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

新築マンションお得な購入法

新築マンションをお得に買うならNEWDAYforyou

newdayforyou
では、新築マンションに関する値引き情報などお得な情報が満載で、あなたの住宅取得に関する住宅ローンなど、お得な購入法など、ローン負担に苦しむことのないような無理ない住宅取得を応援しています。
新築マンションが安くなったからと飛びつくのも危険な気がしますから、まずはお勉強と思って、新築マンションをお得に買う方法を読んでみましょう。
目からうろこのローン克服法が紹介されているかも知れません。
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

住宅ローン攻略マニュアル

住宅ローンについてはローン返済にお困りの方も少なくないと思います。そうした住宅ローン攻略マニュアルがあるのでご紹介いたします。
住宅ローン返済に苦しむことのないように、どうしたらよいか考えてみるきっかけになれば住宅ローン返済地獄に陥る方も減るのではないでしょうか。
マイホームは一生の買い物といわれます。住宅ローン返済計画は練りに練って無理なく返済できるよう考えましょう。
無理な返済計画ではサラ金の借金と同じく、返済に行き詰ることも考えられます。


グレーゾーンに挑戦住宅ローン攻略マニュアル最新版 一般編
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

住宅ローン破綻防止


住宅ローン破綻者にならないための15の掟!
住宅ローンについては、債務返済が滞ることで競売にかけられるなど問題が噴出しましたが、今ではアメリカに同じ減少が起きているといわれます。
住宅ローン返済が滞ることは自宅を競売にかけられる可能性があるわけで、長期間のローンにもかかわらず、借金の完済を目指して働くことが大事だと思います。
もちろん、働き続けられればよいのですが、仕事が続けられる保障があるわけではありません。住宅ローン破綻者にならないための方法について知ることも重要ではないかと考えられます。

posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

住宅ローンの基礎

住宅金融公庫の住宅ローンでは、建物の担保評価が8割となり、残りの2割は自己資金が必要になります。民間の住宅ローンなども組み合わせて自己資金が少なくても住宅購入が可能な場合もあるようですが、基本的には貯蓄で頭金を積み立てる方が、住宅購入後のローン返済額も少なくて済みますし、借金もしやすくなりますから、ぜひ2割の自己資金は貯蓄したいところです。
また、年収が800万円を超える場合は、建設費用の5割までしか融資が受けられません。ただ、民間住宅ローンや財形住宅融資などを組み合わせることで8割以内で融資を受けることは可能です。
さらに月々の返済額は、公庫の場合には、税込み年収の1/60になっていて、生活を普通に送りながら返済できるよう月々の返済額に限度が設けられています。
購入する物件が新築か中古かでも異なり、一般的には新築物件の方が長く借りられるといいます。つまり返済期間が長いほど借りられる金額は多くなります。
ローンには金利がかかるのですが、固定金利を選んだ場合は返済が完了するまで月々の返済額は一定となりますが、変動金利を選んだ場合は半年毎に金利の見直しがあり、最初の5年間は月々の返済額は変わりませんが、6年目からは返済額が変わってきますので注意が必要です。
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

住宅ローンの頭金

住宅ローンの頭金は、購入しようとする物件価格の20%が一般的といわれています。住宅ローンの頭金の有無は融資を受ける人の返済能力の判断材料にされるといいいますから、なるべく積み立てをして頭金を用意するほうが返済能力が高いというしるしにもなり、また毎月のローン返済額も頭金がない場合より低く抑えられます。
あとの残りはローンを組んで融資を受けることになりますが、年間返済額の5倍以上の年収が必要で、70歳未満の方なら借り入れが可能とされています。
さらに住宅取得時にかかるのが諸費用で、新築住宅の場合で物件価格の5%、中古住宅の場合で物件価格の6%程度が余分に必要になります。
さらに住宅購入後は固定資産税がかかってきますから資金計画は余裕を持って立てておく必要があります。もちろん住宅の維持費も思ったよりもかかる場合もあります。
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

住宅ローン返済

住宅は高額な買い物で一生のうちでそれほど頻回に購入することは少ないと思います。現金払いで購入する方も少ないと思います。多くの方は住宅ローンを組んで購入するため、毎月いくら返済することができるだろうと不安に思うことも多いと思います。
そこで、家計の負担にならないように返済額を考えて住宅ローンの返済にあたる必要が出て来ます。目安は賃貸住宅にお住まいの場合は家賃を毎月支払っていますから、その金額を目安にすれば無理なく返済が可能と考えられると思います。
ただし、不動産を購入しますと固定資産税などの税金がかかってきますから注意する必要があります。また、マンションを購入する場合には管理費や修繕積立金なども毎月かかってくることになりますから余裕をもって資金計画を立てる必要があると思います。
お金を貸す側、つまり融資をする側としては住宅購入予定の方の支払っている家賃に住宅積み立てなどをしていれば、その金額を加えた金額を毎月の返済額の目安にしているということです。
ローンを組んだり借金をしたりする際は返済予定をきちんと立てることを忘れないで下さい。
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

住宅ローン借り入れと年収

住宅金融公庫などから住宅ローンで融資を受ける際には、購入物件の規模や地域などでも融資の限度額は変わってきます。また、借り入れ年数や年収によっても融資の限度額は変わってきます。
このうち、年収条件に関しては、返済能力を考えて融資の限度額が設けられているわけですから、当然年収の高い人は多く借り入れができ、年収の低い人は借り入れが多くはできないことになります。
住宅ローンの借入先によっても融資の限度額は変わってきますが、最も借り入れ条件の厳しい住宅金融公庫の場合は返済額の5倍以上の収入が必要で、年収の20%までの年間返済額が限度といいます。
一方、財形ではすこし融資条件が緩和されて年収の25%までの年間返済額が限度といいます。さらに、民間金融機関では年収によって25%〜30%までの年間返済額が限度といいます。
目安としては通常年収の25%までの年間返済額に抑えるのが無難と考えられていますから住宅ローンで融資を受ける際にはひとつの目安になると思います。
借金、ローンの返済は無理のない計画を立てないと突然の出費や収入の減少など予想外の出来事に遭遇して困る可能性もあります。借金、ローンに苦しむことのないよう無理な返済計画は避けたいものです。
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

年収と住宅ローン

自分の年収から住宅購入を考える場合は、住宅ローンの年数に年間返済額を掛けて出てくる金額である総返済額は、購入物件の住宅価格に金利分が含まれているため、金利分を総返済額から差し引いて購入物件の住宅価格を考える必要があります。
したがって、金利が高い場合には当然金利負担分が増えますから購入物件の住宅価格はより低い住宅を探す必要が出てきます。
また、より住宅価格の高い購入物件を希望する場合、返済期間を長くすれば借り入れ金額を多くすることが出来ますが、自分の退職時期にかかってくることも考えられますから、退職後の生活のことも考えていちがいに住宅ローンの返済期間をい長くすればよいとはいえないでしょう。
こうして考えた購入物件の住宅価格に用意できる頭金の額を加えて、購入する住宅を探すことになると考えられます。当然、頭金が多いほど、また年収が多いほど購入可能な住宅の物件金額も大きくなります。
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

住宅ローンと諸費用

住宅の購入時には、通常頭金と諸費用が必要とされます。もちろん住宅ローンの中には資金がなくても諸費用を含めて融資してくれる住宅ローンもあるといいますが、なるべく頭金と諸費用は用意したいところです。
諸費用の内訳はローン保証料、融資手数料、団体信用生命保険料、火災保険料などとなっていて、さらに登記をする際の登記手数料や登録免許税、あるいはローン契約時の印紙税や不動産取得税さらには固定資産税や都市計画税などの税金、水道やガス、下水道の負担金、また、中古物件の場合は仲介手数料、そのほかにも家具の買い替え費用や引越し費用、町内会費などなどとさまざまな費用がかかってくることになります。
諸費用の目安となる金額は新築物件の場合で購入価格の約5%、仲介業者が入る中古物件の場合で購入価格の約6%が必要とされていますからローンを組む場合こうした費用のことも頭に入れておく必要があります。
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

財形住宅貯蓄とローン

今は頭金もなくても住宅ローンでマイホーム購入が可能になっていますが、後々の金銭的なローン返済の負担を考えると低金利時代とはいえ頭金の用意はしておいたほうがよいでしょう。
お金を貯めるには使った残りから貯蓄するのではお金の残らないことが多くなりますから、毎日の生活費に消えていく前に給料やボーナスから天引きで貯蓄できる方法がより確実に貯蓄ができるでしょう。
財形住宅貯蓄なら55歳未満の勤労者は利用可能で、給料やボーナスから天引きで無理なく貯蓄ができると思います。目的以外で貯蓄を取り崩す場合は課税されますが、目的以外でなければ非課税ですし、貯蓄額が一定以上あれば公的ローン(財形融資)から低い金利で融資が受けられるという特典があります。
一定の条件を満たす必要はありますが、新築住宅以外にも中古住宅の購入や増改築後の住宅面積が40m2以上となる増改築などにも利用が可能となっています。
申し込むのも貯蓄する金額を決めて勤務先に財形貯蓄申込書を提出すればよいので手軽に申し込み出来ます。住宅ローンでのマイホーム購入を考えたら財形住宅貯蓄を検討してみてください。
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

定期借家権と住宅ローン

定期借家権精度が始まって平成12年からは一般住宅でも短期で賃貸の運用ができるようになっています。したがって、マンションを購入する際にも売却時に高く売却できるかとか賃貸に出すときに利回りが高く設定できるかなどを考える方が増えているといいます。
そのため、仕事の通勤に便利だとか駅に近いとかの条件のほかにも以下にあげるような点に注意をする必要もあるといいます。
頭金がなくても住宅ローンが組めるからといって衝動買いはしないように注意していただきたいと思います。住宅ローンも借金ですから、よく諸条件を考慮してからローンを考えましょう。
○マンションは管理体制が大事で、管理規約が整っていることが大事です。管理費や修繕積立金が安すぎる場合は注意が必要です。
○最寄り駅に徒歩で行け利便性もよいこと。
○環境面でも生活に必要な公共施設が揃っていて環境に有害な施設が近隣にないこと。日当たりや間取りなども快適で、近隣に騒音や振動などの発生源がないこと。
○建物自体の耐久性に問題がなく占有面積も広くて補修の工事などもやりやすい設計になっていること。また、地盤がしっかりしていて安全面でのセキュリティーや避難経路などに問題がないこと。
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

マンションと修繕積立金

マンションはいずれは修繕しなければならない時が来るため、税法上は耐用年数が47年といいますが実際は建築後10年をめどに補修が必要になり、多額の修繕費に備えて修繕積立金を支払うことになります。
したがって、マンションを購入すると住宅ローンのほかに管理費と修繕積立金を毎月支払うこととなります。ローン返済に追加して考えておく必要のあるお金です。
管理費は管理人の給料や共同設備の点検費用などに使われ、修繕積立金は建物自体に工事が必要になった際に使われます。
したがって住宅ローンのほかにも、長期の修繕計画にそって修繕積立金が設定されているかなどもマンション購入時には注意する必要があります。まとまった金額の費用を徴収されることも少なくないといいますから修繕積立金が少ない時には住宅ローンを組むのも再考してみるのも必要かもしれません。
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

▲このページの先頭へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。