スポンサードリンク

住宅ローン繰り上げ返済と手数料

住宅ローンの金利は今のところ低金利が続いていて、消費税の引き上げもあって住宅購入に踏み切る方は少なくないようです。
しかし、定年前にローンは完済したいなど住宅ローンの繰上げ返済を希望する方もいると思います。繰り上げ返済時の手数料には注意が必要で、さらに固定金利の場合など想像以上の違約金が取られることもあるようで、念には念を入れる必要がありそうです。
posted by mabou at 15:20 | 住宅ローン

住宅ローンと元金返済

住宅ローンには大きく分けて変動金利型と固定金利型があるといいますが、今の時点でどちらを選ぶのかは悩むところです。一般的には金利が上昇すると思われる場合には固定金利型のほうが有利といわれますが、元金の減り方を比べてみると今は変動金利型の金利が低いこともあって元金は変動金利型の住宅ローンの方が早く減っていくようです。
変動金利だと金利が上がった時の負担が増えると思われますが、どちらがいいのか検討すべきでしょう。
posted by mabou at 11:07 | 住宅ローン

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの金利が下がっていることから住宅ローンの借り換えについても検討しておいたほうがよさそうです。
どんな場合に住宅ローンの借り換えメリットがあるかというと、返済期間や返済残高がある程度残っていて、かつローンの金利が1%以上下がるようだと借り換えメリットが出る、すなわち返済総額が少なくなる可能性があるといいますから、一度検討する価値はあるでしょう。
posted by mabou at 22:25 | 住宅ローン

住宅ローン金利引下げ競争

アベノミクス効果や消費税の値上げを前にして各銀行は住宅ローンの営業に力を入れているようで、ローン金利の引き下げが過熱しているようです。
各銀行がローン借り入れを行いやすいように使い勝手をよくして住宅ローンの受付を行っているようですから、ローンの借り入れを含めて検討するとよさそうです。
なかには住宅ローンの申し込みをすると家具などの購入資金を融資してくれるところもあるようですから、消費税増税の前に住宅ローンを組もうという方にはよいかもしれません。
posted by mabou at 21:45 | 住宅ローン

住宅ローン金利引下げ競争

アベノミクス効果や消費税の値上げを前にして各銀行は住宅ローンの営業に力を入れているようで、ローン金利の引き下げが過熱しているようです。
各銀行がローン借り入れを行いやすいように使い勝手をよくして住宅ローンの受付を行っているようですから、ローンの借り入れを含めて検討するとよさそうです。
posted by mabou at 18:20 | 住宅ローン

住宅ローンの返済額減額

住宅ローンについては、ゆとり返済などいろいろな落とし穴もあって、返済を続けていけるのか不安になることもあるでしょうが、教育費などにお金がかかって借金の返済がきつくなった時などには、住宅ローンの返済額減額をお願いすることができるそうです。
もちろん年収が下がってないことなど、いくつかの条件はあるようですが、ローン返済の減額が可能であれば助かることもあるはずなので覚えておきましょう。
posted by mabou at 21:59 | 住宅ローン

住宅ローン3年固定金利の引き下げ

住宅ローンの金利も今年はアベノミクス効果のあおりを受けて上昇傾向に注意する必要があるようですが、財政再建の一環で消費税の増税が住宅ローンの獲得にマイナスに働くだろうということで、国の金融緩和で使える低利のお金を住宅ローンに使って住宅ローン3年固定金利の引き下げに乗り出した銀行もあるようです。
消費税の増税が住宅取得にブレーキとなってしまうことも懸念され、銀行としても住宅ローンの貸し出しを増やす目的があるようです。
posted by mabou at 21:39 | 住宅ローン

住宅ローンの金利上昇

今年に入ってアベノミクス効果からか、円安株高が進行して景気の回復への期待が膨らんでいますが、新発10年物国債価格が低下して長期金利の上昇が見られることから銀行によっては住宅ローンの金利上昇も見られてきています。
住宅ローンは金利は安く借りやすいと言えますが借り入れ期間が長期にわたって金利の上昇は返済額を押し上げることになり要注意です。
posted by mabou at 16:55 | 住宅ローン

住宅ローンの金利上昇?

アベノミクス効果で株価が上昇し、円安が進む中、金利の上昇が予想されているようで、住宅ローンの金利も上昇の気配が見えるといいます。
本当に金利が上昇するのかどうかは予想することは困難ということですが、住宅ローンの金利はこれまでの超低金利状態から変動金利を選択するケースが多かったのが、固定金利の人気が少しずつ増加してきているということで、今後の金利の上昇から借金返済が増えることを心配する人が増えているようです。
posted by mabou at 23:59 | 住宅ローン

住宅ローンの金利が上昇?

政権交代後のアベノミクスが功を奏しているようで、企業のなかには賃上げに踏み切るところも出てきて、金融緩和やインフレターゲットによって景気がよくなるのではないかという期待が膨らんでいます。
それに伴って長期金利は上昇気配が見られるようで、住宅ローンの金利も引き上げられるところも出てきています。インフレならばお金の価値が減価していくことになって借金の負担も減少していくといわれますが、金利の上昇が住宅ローンを抱えた場合に負担になることも考えられます。
posted by mabou at 22:02 | 住宅ローン

住宅ローンと繰上げ返済

住宅ローンは繰上げ返済も可能で、はやめに返済をしておくと、後で経済的に苦しくなった際に繰上げ返済した期間だけ元本の返済を据え置き、利息を返済するだけで済ませられる住宅ローンも登場しています。こうした住宅ローンなら余裕のある時に繰り上げ返済をしておくことで、将来的に返済に行き詰って自宅を手放すというリスクを低下させることができるでしょう。
posted by mabou at 20:34 | 住宅ローン

住宅ローン減税の延長

住宅ローンの減税は今年いっぱいで終了することになっていたようですが、消費税の増税に合わせて住宅購入支援策として住宅ローン減税の延長の方向で調整が進められているそうです。
減税額の年間上限も検討されているようで上限の引き上げの可能性もあるようで、住宅購入を進行する方向で景気対策も考えられているようです。目論見どおりにいくかどうかは分かりませんが、住宅産業は裾野が広く景気対策には欠かせないともいいますから、ローンを組んで住宅購入する人が増えることが期待されているようです。
posted by mabou at 22:38 | 住宅ローン

アメリカのサブプライムローン問題

アメリカの低所得者向けの住宅ローンについてはサブプライムローン問題で大きく注目されましたが、住宅金融公社のフレディマックとファニーメイについては債務問題が深刻で、日本でもバブルがはじけて住専に多額の公的資金が注入されたようですが、公的資金の注入には国民の反発も大きいといいます。
税金の投入には抵抗が大きく、さりとて放置しておけば債務が増え続けるといいますから、アメリカ政府にとっては打つ手がない状態のようで、債務が積み重なっていくのを見つめるだけになってしまうかもしれないといいます。
posted by mabou at 08:45 | 住宅ローン

住宅ローン金利の低下

再来年からの消費税増税をにらんで、駆け込み需要を取り込もうと各銀行間での競争が激化しているようで、住宅ローンの金利が低下し続けているようです。
各銀行が住宅ローンの相談に力を入れて住宅ローンの獲得に力を入れているのは、ゆうちょ銀行が住宅ローンへの参入を目指していることもあるのかも知れませんが、銀行の収益を悪化させる恐れもあるかもしれません。
posted by mabou at 22:08 | 住宅ローン

金利引下げ交渉

住宅ローンの金利は史上最低ともいわれる低金利が続いていて、銀行によっては金利の引き下げ交渉が可能な場合もあるといいますから金利の引き下げ交渉を行うことも手元に残る現金を増やして家計に余裕を持たせる効果的な方法といえそうです。
金融円滑化法のおかげで金利の引き下げ交渉や返済期間の延長を求めるなどの交渉がしやすくなったといいますから今がチャンスなのかも知れません。
posted by mabou at 23:37 | 住宅ローン

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの金利は超低金利が続いて低下しており、低い金利の住宅ローンへの借り換えも有利になる場合がありますが、問題は借り換えの場合には事務手数料などの費用がかかるということがあります。
したがって住宅ローンの借り換えを考える目安としてはローン残額が1000万円以上あって、返済期間の残りが10年以上あり、それまでのローン金利より1%以上低い金利の住宅ローンの場合に借り換えを検討すればよいということですから、自分の住宅ローンに当てはまるか検討してみるとよいでしょう。
posted by mabou at 18:58 | 住宅ローン

住宅ローンの諸費用

住宅ローンについては、住宅価格が高額ですからローン返済についてもよく考えて少しでもローンの負担を減らすような工夫が必要でしょう。
そのためにはローンの金利だけでなく、金融機関によって異なる保証料や諸費用についても勘案して、総返済額が少なくなるように比較検討する必要があるでしょう。金利のみに目を奪われることのないようにしたいものです。
posted by mabou at 21:18 | 住宅ローン

住宅ローン金利の低下続く

住宅ローンの金利は低下が続いているようで、マイホーム購入希望者については追い風となっているようです。
住宅金融支援機構のフラット35でも金利の低下が続いているようで、資金の借り手にとっては有難い金利と言えるでしょう。
いつまでこうした低金利が続くのかは分かりませんが、住宅ローンを借りる人にとっては長期固定でローンを組むのに有利な状況といえそうです。
posted by mabou at 21:52 | 住宅ローン

未払い利息とは

住宅ローンでは固定金利を選ぶか変動金利を選ぶかで悩むこともあると思いますが、金利の安いのは変動金利です。
変動金利の金利は半年ごとに見直されるのに、返済額は5年間変わらないため、途中で金利が上昇すると返済額より利息の方が大きくなることもあり得るといい、その際に未払い利息が発生することになるそうです。
posted by mabou at 22:46 | 住宅ローン

疾病保障特約付きローン

住宅ローンの金利が下がっているためマイホームの購入を決心した方も多いと思いますが、心配なのは長期にわたって借金の返済が滞りなく行えるかという点になるのではないでしょうか。
そこで、がんや脳卒中、心筋梗塞などに備えた保障が付く疾病保障特約付きローンも一考に価すると思われますが、問題は金利が高めになってしまうということのようです。
posted by mabou at 22:11 | 住宅ローン

変動金利と固定金利

住宅ローンについては低金利のおかげで金利が低くなり、特に変動金利では低金利となっていて、借金するにはいい環境と思われます。
もちろん今後金利が上昇して借金の返済額が増える心配もありますが、金利が上昇する前に繰り上げ返済などで借金を減らすつもりなら、変動金利も過度に怖がる必要はないかもしれません。
posted by mabou at 22:03 | 住宅ローン

住宅ローンの繰上げ返済

住宅ローンの金利は低下してマイホームの購入を考えている方も多いと思いますが、住宅ローンの利息支払いを少なくするには繰り上げ返済をして借金の元金を減らすにかぎるといいます。
繰り上げ返済するなら早めにした方がお得なようで、期間短縮型が返済額軽減型よりも利息の返済金額は少なくなるのでお得なようです。
posted by mabou at 20:44 | 住宅ローン

住宅ローンの金利低下

ヨーロッパの信用不安は落ち着かず、日本などの国債が買われて人気のようで、反面長期金利は低下しており住宅ローンの金利も低下しているということです。
これは住宅取得を目指す方にはうれしいことでしょうが、一方で日本の財政赤字は膨らみ続けて国債の暴落という事態も想定されており、金利が急上昇する恐れもあるといいますから注意が必要でしょう。
posted by mabou at 17:52 | 住宅ローン

住宅ローンのミックス借り入れ

住宅ローンについては、固定金利と変動金利が選べることはよく知られていると思いますが、今のような低金利の時代には変動金利が金利が安くて魅力的なものの、将来的に金利が上昇すると固定金利のほうが有利になるということで迷う場合も多いと思います。
そこで、固定金利と変動金利の間を行くのがミックス借り入れといえ、将来的に金利が上昇した時の上昇率を変動金利より抑えることができると言います。
posted by mabou at 07:48 | 住宅ローン

リコースローンとノンリコースローン

日本の住宅ローンは原則リコースローンで、住宅ローンが返済できなくなって自宅を手放しても、住宅価格が下落していれば借金が残ってしまう可能性があります。
アメリカなど一般的にノンリコースローンで、住宅を手放せばそれ以上の借金を抱えることのないローンがうらやましくなってしまいます。
posted by mabou at 22:57 | 住宅ローン

住宅ローンと持ち家

日本では戦後の高度成長期を経て長く持ち家信仰が続いてきましたが、ここにきて賃貸住宅のよさも見直されているようです。
確かに、住宅購入に伴って住宅ローンを組むことはリスクもあります。
不況が深刻化して収入が減少すれば、ローンの返済も大変になるでしょう。もちろん銀行と交渉して借金の返済を減らしていくことも可能でしょうが、一歩間違うと自宅が競売にかけられる事態も想定しておく必要があります。
posted by mabou at 19:34 | 住宅ローン

信用金庫職員の着服

北海道の信用金庫での職員の顧客の預金の着服がニュースになっていますが、以外に頻繁に起きているようで、信用金庫も信用内ならないところがあるといわざるを得ないようです。
お金の着服はどこでも起こりうるのでしょうが、銀行というお金を扱うことが仕事のところでは、そうしたモラルの欠如は問題でしょう。職員の借金状況なども把握する必要があるのかも知れません。
posted by mabou at 08:47 | 住宅ローン

住宅ローンの負担

日本では30代、40代では住宅ローンの負担が重くのしかかっているようで、50代になってようやく住宅ローンを完済して気軽になる方が多いようです。
住宅は大きな買い物で、一生の買い物といわれますが、あまりにローン負担が大きいと借金から抜け出せなくなる危険も伴うことを忘れてはならないでしょう。
ゆとり返済という将来の収入アップを当てにするような借金返済法は特に注意が必要でしょう。
posted by mabou at 22:04 | 住宅ローン

住宅ローンと震災

東日本大震災の後の津波被害などで自宅をなくした方は少なくないのですが、問題は建物がなくなっても住宅ローンは残ることで、仕事も失って収入がなくなった方にはローン返済の免除が可能になっているそうですが、ほかにも収入があってもこの先ローン返済に窮するケースは多いといわれます。
そこで、借金返済に困って自己破産などに追い込まれることがないようにローン返済の条件を緩和していくようになるようです。
災害のたびに問題になる住宅ローンですが、自宅を失えばローンも返済しなくていいという保険でもあると助かるかもしれません。
posted by mabou at 11:25 | 住宅ローン

住宅ローンの危うさ

日本の住宅は価格が高いといわれ、それでも住宅ローンを組んでマイホームを購入するのが普通ですが、ひとたび災害で被害を受けると、ひどい時には住宅に住めなくなってローンだけが残るという借金地獄になりかねません。
そうしたリスクを回避する意味では借家住まいの方が、何かあれば引越しが出来ますからリスクの軽減に役立つと考えられます。借金嫌いの方には借家で賃貸生活はいかがでしょう。
posted by mabou at 11:00 | 住宅ローン

和牛商法と生活保障

たくさんあった和牛商法の最後の砦といわれた会社が、福島第一原発事故後の牛肉の放射能汚染など風評被害もあって倒産に追い込まれたというニュースが報じられていますが、投資に応じた方のなかには老後の生活保障にと貯金したお金も多くあるようで、返金がどのくらいできるのか気になるところです。
ただ、会社のほうは借金があるのか返金額はあまり期待できないような感じのようで、投資した方にとってはお金を取り戻すのは多難な道のようです。
posted by mabou at 13:27 | 住宅ローン

住宅ローンの金利低下

住宅ローンの金利低下が続いているようで、もともと低金利のところへさらに金利が下がってきているようで、住宅購入を検討している方には朗報かもしれません。
posted by mabou at 20:38 | 住宅ローン

年収と住宅ローン

当然といえば当然ですが、年収が高くなると購入する住宅の値段も上がる傾向があり、住宅ローンの金額もかさむ傾向があるでしょう。しかし、住宅ローンは借りるときもたくさん書類を書いて大変ですが、ローンの返済が遅れると自宅の競売という可能性もあるほど厳しい取立てがある場合もあるようですから、サラリーローンではありませんが、借金をする以上、返済が遅れないよう注意する必要があります。
自宅から追い出されることにならないよう借金をする時は覚悟を決めてローン返済に励むことが必要でしょう。
posted by mabou at 23:27 | 住宅ローン

住宅ローンの借り換え

日銀がゼロ金利政策の発表をしたこともあり、ただでさえ低金利といわれている住宅ローンも借り換えのチャンスとなるかもしれません。借り換えにかかる費用を考えてもお得になるようでしたら住宅ローンを金利の安いローンに借り替えてもいいのではないでしょうか。金融緩和のおかげで住宅ローンの借り換えに乗り出す方も少なくないと思われます。逆にいうと、今は住宅ローンの借り時といえるかもしれません。
posted by mabou at 19:22 | 住宅ローン

住宅ローンの繰上げ返済

まとまった現金が手元にできれば住宅ローンの繰上げ返済も家計の負担減らしに役立つかもしれません。利息の支払いが減らせますが、返済期間を短縮する期間短縮型とローン返済期間はそのままで支払額を減らす返済額軽減型が選べます。
どちらが総返済額を減らせるかというと期間短縮型ですが、毎月のローン支払いが負担になっている場合は返済額軽減型がよさそうです。
posted by mabou at 19:51 | 住宅ローン

住宅ローン減税

首都圏のマンション需要は住宅ローン減税や住宅ローンの低金利もあって堅調に推移しているようです。
中国などの住宅バブルに注意が必要ともいわれて都心の物件が物色されているともいわれ、外資の影響もあるのかも知れません。
住宅地の地価が下がり続ける中で都心の下げ率が減少していることに影響しているといわれ、デフレ時代に住宅ローンの低金利は景気刺激効果もあるかもしれません。これだけの低金利が続く今は借金するには適しているのでしょう。
posted by mabou at 00:08 | 住宅ローン

住宅ローンの残額

せっかくマイホームを手に入れても折からの不景気で仕事がないなどいろんな事情で家を手放すケースも少なくないと思います。
しかし、住宅価格は下落傾向で家を売却しても残った住宅ローンの額にすら届かず、結局家を手放してもローンだけが残るケースもあり、こうした場合は残った住宅ローンや家の売却損などを支障に税金の控除が受けられる場合があるというので要注意です。
税金が確定申告することで戻って来る場合もあるので税務署などに問い合わせをしてから家の売却を決めてもよさそうです。
posted by mabou at 12:17 | 住宅ローン

住宅ローンの繰上げ返済

住宅ローンの金利がこれだけ下がってくると、繰上げ返済も将来的な金利の返済がなくなるため悪いことではないのですが、貯蓄もなしに一生懸命繰上げ返済に励む必要はなさそうです。
住宅ローンの金利は低いのでほかのローンを増やすくらいなら無理に繰り上げ返済をしない方が賢明のようです。
また、住宅ローン減税のこともあって無理に繰り上げ返済を急ぐ必要はなさそうです。
posted by mabou at 15:48 | 住宅ローン

長期金利の低下

欧米の景気の低迷もあって長期金利がこのところ低下していて、住宅ローンも変動金利のローンが1%を切ったとか話題になっていて、住宅販売にとっては追い風になっているようです。
変動金利が固定金利よりも有利という意見もあって金利の低下がいろんな影響を及ぼしているようです。住宅ローンの金利の低下は歓迎しますが、長期金利の低下は景気の低迷をあらわしてもいるわけで、失業率の上昇などよい点ばかりというわけには行きません。
posted by mabou at 02:44 | 住宅ローン

住宅ローンの金利引き下げ

住宅ローンは未だに金利の引き下げが続いているようで、適用条件を満たせば変動金利で1%を割るところも出てきています。
固定金利でも3%を割っているところがあり、金利の低下はびっくりする程といえるでしょう。もちろん保証会社に支払う保証料や団体信用生命保険への加入が必要など制約はありますがローンの金利が低下していることは確かなようです。
マイホーム購入には悪くない時代かも知れません。マイホームローンの金利をじっくり比べて借金しましょう。
posted by mabou at 22:07 | 住宅ローン

住宅ローンの金利

住宅金融支援機構が政府の緊急経済対策で金利の下げ幅が拡大しているそうです。
優良住宅取得支援制度フラット35Sは、募集金額に達すると受付は終了するそうですから急いでマイホームをゲットしましょう。
残念ながら住宅ローンの借り換えには使えないので、これから住宅ローンを組んでマイホームを購入しようという方向けのローンになります。
住宅は大きな買い物になりますから少しの金利差が長年の間には馬鹿にできない金額の差になってくるので、金利差は重要なローン選択の要素になります。
posted by mabou at 09:30 | 住宅ローン

住宅ローンの金利

長期金利が下落しているそうで、大手銀行の住宅ローン金利が下げられています。確かに、金利は下がって低くなっており、バブルははじけて土地の値段も低下してマイホームを持ちたいと思っている方々には朗報といえるかもしれません。
確かに住宅価格が下がって、手の届く範囲に下落してきたため、ローンの金利も考えてマイホームの購入時なのかも知れません。金利の動向を見ておくことも住宅ローンを組む際に参考になります。
posted by mabou at 22:01 | 住宅ローン

郵政改革法案と住宅ローン

ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の金融2社は、株式が売却されて民営化される方向だったのが、経営基盤の強化が必要といわれて日本郵政が親会社となって、ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の金融2社がその下に組み入れられる体制になるということです。
これによって郵便局で住宅ローンが取扱いできるようになるかも知れないということで、利用者の利便性向上に役立つかもしれません。郵便局で銀行と同じようなサービスが利用できれば大変便利になることが予想され、それに刺激されて銀行のサービスも向上してくれるといいのかもしれません。
posted by mabou at 11:34 | 住宅ローン

中国の住宅ローン

中国は高い経済背長を続けていて、住宅バブルが心配されるものの、人口の多さと都市の数の多さでまだまだ住宅価格の高騰が止まる様子がありません。そこで投機目的の住宅購入を制限しようということもあって、住宅ローンが厳しくなって2軒目以降の購入には住宅ローンの金利が高くなるということで、中低所得者の住宅取得を有利になるようにしていくようです。
日本でも高度経済成長期にはマイホームは夢のように言われましたが、今では金利が下がり、住宅ローンの金利も驚くほど低くなっています。中国の住宅ローン金利がこれからどうなるのか興味深いです。
posted by mabou at 17:00 | 住宅ローン

住宅ローンの重み

アメリカでは不況の影響から住宅バブルがはじけたようで、日本のバブルがはじけた時もそうでしたが、住宅価格が低下して売却しても住宅ローンが残ってしまうという不良債権状態のところが増えているようです。
結局自宅を手放すケースが増えて、さらに住宅価格を押し下げるということになっているようです。
オバマ政権は自宅を手放さなくてもすむように借り換えローンなど救済策を打ち出しているようですが、不動産市場が浮上してくるかどうかはまだ不透明のようです。やはり借金、ローンをするときは注意してかからないと将来的に何が起きるか分からないということでしょう。
posted by mabou at 12:24 | 住宅ローン

アメリカ政府系住宅金融の赤字

アメリカ政府系住宅金融会社は、ファニーメイ(米連邦住宅抵当公庫)とフレディマック(米連邦住宅貸付抵当公社)といい、住宅市場の低迷で巨額の赤字をかかえているようです。日本でもバブルの破綻した頃は同じような話しがありました。
公的資金が注入されて経営再建中ですが公的資金の焦げ付き懸念も出ていて予断を許さぬ状況といいます。
この2社は、民間金融機関から住宅ローンの債権を買い取ったり、住宅ローンの保証をしたりして、住宅ローンが借りやすくするようにしています。
posted by mabou at 17:41 | 住宅ローン

住宅ローンの減額

アメリカでは不動産バブルがはじけて住宅価格の評価額がローンの残高を下回ってしまったローン返済者に対して救済策が講じられるといいます。
住宅ローンの貸し手側の金融機関が債権を一部放棄して返済条件を緩和した新規ローンでの借り換えを認めるということで、日本でバブルがはじけた時にもこういう救済策があってもよかったのではないかと思われます。
住宅価格の評価額がローンの残高を下回って、結局自宅を手放した例も少なくなかったと思いますから、アメリカの救済策には賛成です。
posted by mabou at 20:17 | 住宅ローン

住宅新築、リフォーム値引き・価格交渉術

住宅は一生に一度の大きな買い物といわれ、ローンを組むのにも神経を使います。今は低金利の時代でいいのかもしれませんが、金利が上がる局面もあるかもしれません。
そこで不動産不況の今ですから価格交渉をして、値引きをしてもらうことも可能でしょう。これからは、値引き交渉術も節約術のひとつになるかもしれません。
子育てに追われて多忙な建築のど素人の主婦にも出来た!!大幅値引きを引き出した住宅新築、リフォーム値引き・価格交渉術とは?興味を惹かれるテーマです。
posted by mabou at 07:40 | 住宅ローン

住宅ローンで悩むな!返済苦脱出法

経済不況のあおりを受けて、住宅ローンの返済が遅れたりしていませんか?滞納が続くと銀行は猶予してくれるとは限りません。自宅が競売にかけられるなどという事態を避けるために住宅ローンのお悩みを解消してしまう努力が必要です。
借金は返さなければなりませんし、できれば延滞せず、期限に遅れずきちんきちんと返済していくことが銀行との信頼関係を築く上でも大事でしょう。

住宅ローン滞納者、延滞予備軍向け実践マニュアル 「住宅ローンで悩むな!返済苦脱出法」では、多くの住宅ローン返済に苦労している方々に返済苦からの脱却法を教えてくれます。
posted by mabou at 22:20 | 住宅ローン

住宅ローン攻略マニュアル

住宅ローンは不動産デフレの状態だと返済の負担が家計に重くのしかかってくることも珍しくはありません。住宅ローンに押しつぶされないために知識をしっかり詰め込んでおきましょう。返済が滞って自宅が競売にかけられるという最悪の事態は避けねばなりません。
未曾有の不況が続く中、借金をし続けるのは危険です。ローンは最小限にとどめましょう。

グレーゾーンに挑戦住宅ローン攻略マニュアル最新版 一般編など住宅ローン対策はいっぱいあり、あなたの自宅を守るため役立つと思います。
posted by mabou at 12:33 | 住宅ローン

地価の下落

不動産市況は冷え込んでおり、地価の下落が続いているそうです。
住宅ローンは人生で最大の買い物といわれる不動産のローンですが、地価の下落が続くと評価額が下がって売りたい時に困るということになりかねません。
バブル崩壊の時も不動産価格の下落で、不動産を処分しても借金だけが残って困ったという経験をお持ちの方も少なくはないでしょう。
そうなると家計の引き締めから購買意欲が低下して物が売れなくなり、景気はさらに落ち込むという悪循環が続くことになりかねません。
posted by mabou at 12:27 | 住宅ローン

フラット35Sの金利引下げ

住宅金融支援機構ではフラット35Sの金利引下げを行っているようです。この不景気の中では有難いことで、住宅ローン返済に苦しむ方が多い中、少しでも金利負担が減ればいいと思います。
また、長引く経済不況の中、景気刺激に少しでもなればいいのではないでしょうか。借金もしてはいけないというものではありませんが、住宅ローンは金額も大きいので、金利負担などをよく考えてから決断しましょう。一生に一度といわれる住宅ローン、ご購入はよーく考えてからにしましょう。
posted by mabou at 10:49 | 住宅ローン

預金連動型住宅ローン

預金連動型住宅ローンというのは、住宅ローンの残りがある場合に普通に預金をしておけば、その預金した分の金利は住宅ローンの金利から差し引く形になって、繰上げ返済したのと同じ効果が期待できるという銀行もあります。
たしかにすぐには使う予定はないけれどローン返済に回してしまうと困るというお金があれば、とりあえずは住宅ローンを借りている銀行に預金しておけばいいわけで、いい方法かも知れません。
posted by mabou at 23:03 | 住宅ローン

住宅ローン「超」返済マニュアル

史上初!あなたのお金の意識が180度変わります!〜住宅ローン「超」返済マニュアル〜
これを読んでさっそく住宅ローンの返済に猛進してください。
デフレの世の中では借金が後になって効いてきますから早めに繰り上げ返済をするに越したことはありません。
なんとかお金を節約して、繰り上げ返済をするをすることで後になって負担が軽くなるでしょう。
住宅ローンの返済に行き詰ると銀行から競売にかけられる恐れがあり、住む場所もなくなってしまいます。返済が滞らないよう注意しておく必要があります。
posted by mabou at 23:28 | 住宅ローン

フラット35

住宅金融公庫は今では住宅金融支援機構に変わったらしいのですが、緊急経済対策によって優良住宅取得支援制度の金利下げ幅が拡大されたそうです。
フラット35Sと呼ばれる優良住宅取得支援制度の適用される条件は耐震性や耐久性、バリアフリー性、省エネルギー性などで決められており、条件を満たせばお得な金利で住宅ローンが人気なのでしょう。
金利が低いといわれる今、さらに金利の優遇が受けられればお得と思われます。
posted by mabou at 23:29 | 住宅ローン

大手銀行の住宅ローン金利

大手の銀行の住宅ローン金利はほぼ横並び状態で、長期金利に大きな変動がなく、固定金利は大体3〜4%台になっています。
住宅は今が買い時とよくいわれますが、金利が低いという意味ではそうかもしれません。しかし、都市部を除くと住宅価格の下落は続いているようで、将来的にローン返済が負担にならないよう慎重に購入するかどうかは判断する必要があります。
ローン返済ができなくなって住宅を競売にかけるようなことは避ける必要があります。
posted by mabou at 04:22 | 住宅ローン

住宅ローンの金利

住宅購入は価格がデフレもあって下落したとはいえ、高い買い物であることに変わりはありません。しかし、住宅ローンの金利は低くなっているようで、不況下の厳しい経済情勢で有難いといえば有難い一面でもあります。
年金利が低くないと、高額のローンでは負担が馬鹿になりません。たとえ1%の金利でも、1000万円のローンなら年10万円の負担ということになりますから、ネットを使えば手数料もあまりかかりませんから、余裕があれば繰り上げ返済して、負担を減らす方向で借金返済にいそしんでいくのがよいでしょう。
デフレの場合は借金がだんだんと重くのしかかってくる場合があって、返済には要注意です。
posted by mabou at 23:22 | 住宅ローン

住宅ローンカテゴリ

住宅ローンは、通常人生における最も大きな買い物になる住宅購入に際して借金せずに購入するのは難しいと思いますから避けられない借金といえます。
しかし、借金ローンに際してはローン返済計画を熟慮した上で融資を受けるようにしないと借金やローンの返済途中で返済困難な状況が生じることもままあります。借金ローンをする際には注意をして金利その他の借り入れ条件を考えましょう。いろんなローンがありますから比較検討して有利な条件のローンを探すことも必要です。

住宅ローン
|−瑕疵担保条項
|−住宅ローンの繰上げ返済
|−不景気と住宅ローン減税
|−住宅ローンの手続き
|−住宅ローン攻略マニュアル
|−住宅ローン徹底活用マニュアル
|−住宅ローンの優遇税制
|−優遇金利
|−住宅ローン攻略
|−新築マンションお得な購入法
|−新築マンションお得な購入法
|−住宅ローン攻略マニュアル
|−住宅ローン破綻防止
|−住宅ローン借り入れと年収
|−住宅ローン返済
|−住宅ローンの頭金
|−住宅ローンの基礎
|−年収と住宅ローン
|−住宅ローンと諸費用
|−財形住宅貯蓄とローン
|−定期借家権と住宅ローン
|−マンションと修繕積立金
posted by mabou at 22:32 | 住宅ローン

サブプライムローンの余波

アメリカでのリーマンショックから一年が経とうとしていますが、未だにサブプライムローンに関連して住宅ローンの返済が不可能となって家を手放すケースが目につくといわれます。
失業率も高水準となっており、住宅ローンの返済は各家庭に重荷となっているのは間違いないようです。
一方では、こうしたことから下落している住宅価格をチャンスととらえ、将来的な価格上昇を見込んで住宅購入に積極的な富裕層もいて、借金の仕方を良く考える必要があるとつくづく思います。
住宅ローンの返済が各家庭の重荷になっているのは確かのようで、失業でもしようものなら窮地に追い込まれることになります。こうして自宅を手放す人が増え、住宅価格の相場は下落しているようです。まるで日本のバブルの崩壊時のようで、借金がより重くのしかかってくるようになってしまいます。
posted by mabou at 22:23 | 住宅ローン

瑕疵担保条項

これは私の経験ですが、住宅ローンを組んで銀行の審査もクリアーして借金ができてほっとしたのも束の間、倉庫の天井が雨漏りしているとリフォーム業者から連絡が入ってびっくりです。
しかし、引渡しから3週間以内は売主側に修繕の義務があるということで一安心でした。中古物件はよっぽど注意しないと欠陥住宅に住むことになりかねません。住宅ローンを借りるのに必死になっていると、思わぬところで足を掬われかねません。ローンを組む際の付属品ともいえる注意点だと思います。
欠陥住宅の為に借金を返済し続けるのは避けたいですね。
posted by mabou at 22:23 | 住宅ローン

▲このページの先頭へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。