スポンサードリンク

地方銀行の預金増

東日本大震災の影響を受けた銀行では、被災地の住民が受け取った保険金の預金が増加したと見られ、預金残高が増加しているといいます。
銀行は預金で預かったお金を貸付に回して金利を取って収入にしているわけですが、貸し出す先がないとなると預金者に金利を支払う分は赤字になってしまいますから、一概に預金量が増えたと喜んでばかりもいられないといいます。
posted by mabou at 23:04 | 借金・ローンインフォ

東京電力の債権放棄

東京電力は福島第一原発の放射能漏れ事故を受けて、巨額の損害賠償金の支払いが必要との見通しで、経営状態はかなり苦しくなってきているのではないか、と思われます。
原子力発電に代わる火力発電はコスト高となって東京電力の負担となっているようです。
しかし、東京電力の債権放棄が行われた場合には、これをデフォルトとみなして東京電力の格付けは引き下げられる可能性が強いようで、新たな借金をすることは困難な状況になるのではないか、といわれています。
posted by mabou at 22:47 | 借金・ローンインフォ

アメリカの財政赤字

アメリカの財政赤字は相変わらず巨額で赤字の縮小は容易なことではなさそうです。
円高の進行も、そうしたアメリカの財政赤字の拡大が一因なのでしょうが、日本だって赤字では負けていないようです。
借金は返済する必要があることを忘れてはならないでしょう。無制限にお金を借りることは出来ませんし、貸し手もいなくなるでしょう。
posted by mabou at 22:33 | 借金・ローンインフォ

日銀のゼロ金利

日銀は実質ゼロ金利については当面現状維持でこのまま続けることとなったようです。
ヨーロッパも金融不安が続くなか、見極めるまでは動かないというところでしょうか。
低金利はこのまま続くとすれば個人としては住宅ローンなどが組みやすいうちにマイホーム購入も検討していいのかもしれません。
一方ではいつかはインフレになって金利が上昇するかもしれませんから、備えも怠ってはいけないのでしょう。
posted by mabou at 00:48 | 借金・ローンインフォ

ユーロ圏の資本増強

ギリシャの債務問題に始まった欧州金融危機に対する対策で、ドイツは銀行が必要な資本増強に踏み切る用意があるとのことで、ユーロ圏全体での銀行が必要な資本増強の容易をすることが望まれるという意見のようです。
ギリシャのみならず借金の多い国では、イタリアの国債が下落したり、ギリシャへの貸付のある銀行は信用不安の可能性が出てきているなど金融システムの安定化に必要な対策はとっていくとの考えなのでしょう。
posted by mabou at 06:47 | 借金・ローンインフォ

イタリア国債の格付け引き下げ

ギリシャの財政危機に始まったヨーロッパの信用不安はイタリア国債の格付け引き下げにも影響を及ぼしていて、公的債務の多い国では格付けの引き下げが今後も続きそうな気配です。
借金減らしが急務となってくるのでしょうが、各国とも緊縮財政でこの不況を乗り切るしか妙案はないように見えます。景気の浮揚に向けて各国の努力が欠かせなくなっていると思われますが、具体策がなかなか見つからないようです。
posted by mabou at 13:33 | 借金・ローンインフォ

貸し金業法と銀行業法

改正貸し金業法によって消費者金融業界は融資がしにくくなって大きな打撃を受けていますが、消費者金融会社のなかには銀行業法の枠組みに入って融資を行うところも出てきており、総量規制など規制にしばられる改正貸し金業法から逃れるために消費者金融としてはあの手この手で生き残りをかけてくるかもしれないと思われます。
ようするに借金を必要とする人々がいるかぎり、そこに貸し付けて利息で稼ごうとする人々もなくならないといえるでしょう。
posted by mabou at 15:01 | 借金・ローンインフォ

住宅ローンの金利

住宅ローンの金利については、大きく分けて固定金利と変動金利が選べますが、デフレで低金利が続いているものの今後はインフレになって金利が上昇すると予想する意見もあり、ローンの選択は悩ましいところです。
そこで、低金利の時代の金利を固定金利型のローンで安心感を確保しながら、さらに変動金利型住宅ローンの低金利も利用可能な住宅ローンの商品も開発されているといいますから、マイホーム購入を検討中の方にとってはよいニュースといえそうです。
posted by mabou at 07:20 | 借金・ローンインフォ

欧州金融安定基金と円売り

円高対策が求められる日本ですが、ドル買いよりも欧州金融安定基金の債券を購入することでユーロ買いへの介入が可能性として高くなってきているようです。
借金が膨らんだギリシャの債務危機に端を発した欧州債務危機は世界的な株安につながっており、アメリカでも信用不安へと進行しかねない情勢で、緊急の金融安定化が求められている状態で、円高阻止と欧州金融安定化という効果を狙っているのかもしれません。
posted by mabou at 22:32 | 借金・ローンインフォ

借金の返済せまる

東日本大震災の後には自宅や会社を失った方も多く、借金も返済猶予の措置がとられていましたが、半年が過ぎていっせいに借金返済をせまる動きが出てきているといいます。
ただ、半年経過したといっても生活基盤はもとのようにはならず、借金返済の目処も立っていない場合が少なくないようで債務の問題は二重ローン問題も含めてどうするのか考える必要にせまられているようです。
posted by mabou at 06:37 | 借金・ローンインフォ

元スポーツ選手経営会社の倒産

有名な野球選手だった方が経営する会社もこの不景気の影響もあったのか倒産して自宅も競売によって売却されたというニュースが報道されていますが、借金のかたにとられた自宅を失うのは困った事態だと思います。
やはりビジネスの世界は厳しさもプロ野球とは別の厳しさなのかも知れません。芸能界の方のビジネスについても同じことがいえるかもしれませんが、借金をどんどん増やすことは危険といえそうです。
posted by mabou at 07:34 | 借金・ローンインフォ

シルバー精工の倒産

シルバー精工といえば東証一部にも上場していた有名な会社ですが、今回は業績低迷で民事再生法の適用を受けることになったということです。
不景気風が続く中、ミシンの需要は低迷し、新たに取り組んだ家電なども競争が厳しく売り上げが伸び悩んだ結果の倒産となったようですが、グローバルな競争の中を勝ち抜いていくのは並大抵のことではないと思われます。
posted by mabou at 22:55 | 借金・ローンインフォ

東京電力への賠償請求

東京電力への損害賠償請求に関する文書が量が多すぎて煩雑すぎるということで批判が起きているようですが、多額の借金を抱える東京電力としては賠償金もなるべく抑えたいという傾向があったのかもしれません。
いずれにしても原発事故に関連する被害は広範囲で、損害賠償金も巨額になることは間違いないでしょうから、さらに東電の借金は増えることでしょう。
借金が増えればリストラで合理化ということになるのでしょうが、どこまで徹底的なリストラができるのか注目されます。
posted by mabou at 07:44 | 借金・ローンインフォ

東北地方の不動産大手が倒産

仙台市に本社を置く不動産大手が倒産したといい、米国サブプライムローンの破綻が影響して苦境に陥ったようです。
任意整理により会社の再建を目指すといいますが、不景気の時にどこまで業績を伸ばせるかが鍵を握っているといえるでしょう。
posted by mabou at 23:40 | 借金・ローンインフォ

スイス金融大手の不正取引

スイスの金融大手の会社で不正取引による巨額の損害が出たといい、こうした損害により経営責任者が交代する騒ぎとなっているようです。
ヨーロッパの金融危機との関連ははっきりしませんが、不正な取引は信用を無くす道になってしまい、債務危機の対応に追われるヨーロッパにとって、さらに信用不安を掻き立てるようなニュースです。
借金が借金を呼ぶような事態は避けてもらう必要があるでしょう。
posted by mabou at 00:21 | 借金・ローンインフォ

欧州金融安定化基金

ギリシャの債務危機からヨーロッパに広がった金融危機については、欧州金融安定化基金の強化が必要とされ、世界中に株安が広がった今、なんとか世界同時の金融恐慌を防止する努力が必要なのでしょう。
先進国は債務問題の解決に向けて借金減らしの方策を立てていく必要があり、新興国の景気を悪化させるような方策は慎むべきなのかもしれません。
借金だらけの財政を解消すべく当分の間は先進国は無駄使いを圧縮し、借金返済に地道に取り組むべきでしょう。
posted by mabou at 23:23 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの債務不履行

ギリシャは債務危機を受けて公務員削減や緊縮財政など債務削減に向けて努力を続けているようですが、なかなか財政赤字が減らないようで、とうとう債務不履行の悪夢が現実味を帯びたものとなっているようで、債務不履行のシナリオのひとつには債券の元本削減という案も出てきているようです。
債券の元本削減というデフォルトが実際に行われるとしたら大変な事態でしょうが、今後の動向に注目する必要があります。
posted by mabou at 22:40 | 借金・ローンインフォ

韓国での家庭債務問題

韓国の家計債務は思っていたよう高水準で、家計債務を圧縮していく必要に迫られているようで、物価の安定と雇用の維持がその中心とされているようです。
これが本当とすると、借金がかなり多いということになりますが、韓国の家庭の借金返済が順調に進むように金融政策も舵取りが求められているようです。
posted by mabou at 20:41 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの銀行が格付け引き下げ

ギリシャの債務危機はヨーロッパの信用不安へと拡大し、ユーロ安から世界同時株安へと不安が不安を呼んでいる形になっています。
ギリシャはヨーロッパの支援を受ける代わりに緊縮財政を余儀なくされ、失業率は高くなり、経済は悪化していて、銀行の預金量も減少しているようで、とうとう銀行の格付けも引き下げられるところが出てきました。
日本も対岸の火事ですむとは思われず、金融危機の回避に向けて何らかの支援に動き出す必要があるのではないでしょうか。
posted by mabou at 20:25 | 借金・ローンインフォ

欧州債務危機と新興国

ヨーロッパではギリシャの債務危機に端を発する金融危機がなかなか収束する気配が見られず、ブラジルをはじめとする新興国にも金融危機への懸念が増しているようで、IMFへの支援など、なんらかの資金拠出も検討されているようです。
しかし、新興国と呼ばれるBRICS各国で思惑に違いがあるのは否めないようで、効果的な支援になるかは疑問もあり、欧州債務危機への対応は難しい対応となっているようです。
posted by mabou at 20:15 | 借金・ローンインフォ

高校奨学金の資金不足

高校奨学金は返済金や国からの交付金を上回る交付金が必要な状態になっているようで、今後は奨学金未返済者からの回収を推し進めるなど、何らかの対策が必要になってくるのではないかと思われます。
posted by mabou at 17:32 | 借金・ローンインフォ

ギリシャ国債のデフォルト?

ギリシャでは債務危機が明らかになってから、EUやIMFの緊急融資を受けながら財政の建て直しをはかってきたようですが、なかなか効果が現れず、いまでは年内のギリシャ国債のデフォルトは避けられないと見る向きもあるようです。
ギリシャのデフォルトとなると、ユーロ圏内のスペインやポルトガルなどほかにも影響が及んで、リーマンショック以上の金融危機になりかねないとの懸念が出ています。
posted by mabou at 22:38 | 借金・ローンインフォ

ブラジルの利下げ

ブラジルは低所得層への教育費用の支給など景気の刺激策が効果的で経済成長を続けてきましたが、一方ではインフレの抑制に大変で利上げを続けて来ていましたが、さすがに景気の減速傾向が見えたようで、ついに利下げに踏み切ったようです。
欧州やアメリカはリーマンショックに続いて欧州債務危機やアメリカ国債の格付け引き下げなど金融危機が続いて金融緩和に動いていて、ブラジルには投資資金が流入しているようでインフレの過熱が問題になっているようです。
posted by mabou at 06:20 | 借金・ローンインフォ

自民党の借金?

政権が交代して民主党が躍進した一方で、かつての与党自民党は資金集めにも苦戦しているようで、借金がかさんでいるといううわさもあるようですが、ともかくかつてに比べて質素で地味になった感は否めないようです。
やはり集金力は政権の座にあったときの方が優位にあったようで、政権の座を転落してからは金銭面での羽振りは悪くなったと言われているようです。
posted by mabou at 22:30 | 借金・ローンインフォ

貿易赤字

東日本大震災では福島第一原発の事故で原発稼働率が全国的に低下して火力発電に頼らざるを得なくなって原油の輸入が増えたりして、輸出の回復は見られたものの貿易収支は赤字となったそうです。
折からの円高もあって、この先の貿易収支も心配ですが、日本の景気が円高で悪化するのではという心配もあります。
さらに復興税など増税も景気悪化の元にならないかと心配です。
posted by mabou at 11:15 | 借金・ローンインフォ

国債整理基金

東日本大震災の復興には多額の資金が必要で、復興資金の捻出に増税が予定されているようですが、増税だけでは景気の悪化が避けられないでしょう。
そこで、税外収入を何とか増やそうと復興資金への国債整理基金の流用も考えられているようですが、これは国債の償還基金ということで、流用すれば国債の信用をなくして格付け引き下げにもつながりかねないと思われます。
たしかにこれでは借金の流用になるだけでしょう。
posted by mabou at 07:41 | 借金・ローンインフォ

東京電力の債権放棄?

福島第一原発の放射能漏れ事故で巨額の損害賠償金を支払うことになる東京電力の経営悪化にともない、政府は、東京電力への融資貸付がある金融機関に債権の放棄を求める考えもあるといいます。
しかし、債権放棄をすれば、東京電力への新たな融資が出来なくなるなど、東京電力を破綻させる可能性もあるとして金融機関側では債権放棄には反対意見が多いようです。
posted by mabou at 21:32 | 借金・ローンインフォ

震災による地価の下落

東日本大震災や福島第一原発事故などは東日本の地価下落に大きな影響があるようで、被災地や液状化現象の起きた沿岸部など、軒並み地価が下落しているといいます。
住宅ローンを抱えている場合には地価の下落はありがたくない話で、ローン返済が肩にずっしりと重みを感じることでしょう。できれば地価が上昇してくれた方がローン返済の励みになるでしょうが、今の日本では地価上昇地点は少ないようです。
posted by mabou at 21:05 | 借金・ローンインフォ

アメリカの財政健全化法案

アメリカは債務上限の引き上げに時間がかかるなどして、国債の格付けも引き下げられ、財政赤字の建て直しが急務となっていますが、オバマ大統領は、富裕層への増税などを盛り込んだ財政健全化法案を提出して、財政赤字の削減に取り組んでいく姿勢を打ち出しています。
ただ共和党の反対も予想され、国の借金減らしも大変なようです。
posted by mabou at 07:43 | 借金・ローンインフォ

中国と米欧債務危機

ヨーロッパでギリシャの財政赤字問題から債務危機へと発展し、つられてアメリカでも国債の格付け引き下げや債務危機の表面化が明らかになってきて、金融緩和による景気刺激策がとられ、マネーサプライが増加したことは、中国にも影響を及ぼしているようで、インフレ懸念もあって中国では金利の引き上げや人民元の切り上げが行われて金融引き締めの方向にあるようです。
その一方で、投機的なお金は高リスクを避けて低リスクの投資先へとシフトしているようで、中国への流入は減少に転じているともいわれ、中国経済がどうなるものか注目です。
posted by mabou at 07:38 | 借金・ローンインフォ

中国の金融引き締め策

中国では経済成長が続いているものの、インフレ懸念が心配されており、金融引き締め策が始まっているようです。
これにともなって銀行からの融資が滞った中小企業などでは資金繰りに高利の融資を受けるようなところも出ているようで、こうした融資は将来的に不良資産化する恐れが大きいといいます。
日本だけでなくアメリカでも住宅バブルがはじけて、巨額の不良資産が発生したわけですが、中国は今後どうなるのでしょう。
posted by mabou at 19:16 | 借金・ローンインフォ

中国人の外貨稼ぎとアメリカ人の借金

中国は改革開放政策で経済成長が加速され、輸出産業が多額の外貨を稼いでいますが、その外貨でアメリカの国債を購入するという図式になっているといい、単純にいうとアメリカ人の借金になっているということができそうです。
つまり、アメリカ人の借金には、中国人が働いて稼いだお金が回されているという見方もできるわけで、そうしたアメリカ人の借金は返済されるのだろうかという疑問をもつ意見も出ているようです。
posted by mabou at 19:02 | 借金・ローンインフォ

債権発行額の低下

ヨーロッパで、ギリシャ債務危機から信用不安が広がっているためもあるということですが、債権の発行額が低迷しているようです。
posted by mabou at 12:05 | 借金・ローンインフォ

増税と埋蔵金

東日本大震災で大きな被害を蒙った被災地の復興に使う復興財源のほか、以前から論議されている社会保障制度の改革やB型肝炎訴訟に伴う賠償金などお金のかかる懸案が目白押しで、財源として増税が避けられないと思われますが、一方で景気の落ち込みも激しいことから景気対策も必要とされています。
そこで、増税をなるべく抑えるようにいわゆる埋蔵金を発掘したり、緊縮財政や合理化などを進めて支出を抑える努力が欠かせなくなってきているようです。
posted by mabou at 11:47 | 借金・ローンインフォ

国と地方の借金

日本の財政赤字もアメリカなどに負けず巨額ですが、国と地方自治体の借金をあわせると、個人の金融純資産総額を超えてくる可能性が現実のものとなっているようです。
これまでは財政赤字が問題になっても、借金よりも個人の金融資産が多いため、なんとかなるだろうと考える向きもあったようですが、これが借金の方が資産より多くなるとどうなるのでしょう。
posted by mabou at 09:03 | 借金・ローンインフォ

自殺と借金

借金苦から自殺に追い込まれるという話はよく聞きますが、芸能人の自殺未遂などでも同じように親族の借金が負担になって自殺をはかるということがあるようです。
借金で自殺するのは避けるべきで、任意整理や自己破産など専門家の意見も聞いて、最適の方法で借金を片付けるように努力してみるべきなのでしょう。
お金のために自殺する必要はないはずで、法律上の解決法があるはずです。
posted by mabou at 22:50 | 借金・ローンインフォ

液状化マンションの今後

阪神大震災の後にも液状化の被害にあったマンションは値段が下がって、回復するまでに時間がかかったといいますが、住宅ローンを抱えて評価額が下がるのはつらいものでしょう。
今回の東日本大震災でも同じ現象が起きていますが、液状化の範囲はそれほど広くなく、液状化を免れたマンションでは値段の回復は比較的早いのではないかという意見もあります。住宅ローンの残っている方のためにもあまりに値段の下落が起きないよう祈りたいです。
posted by mabou at 21:46 | 借金・ローンインフォ

アメリカの住宅バブル

アメリカでは住宅取得を優遇する政策が住宅バブルをあおったようで、なんと住宅売却益には税金がかからないということもあったといいます。
さらに本来なら住宅ローンが組めないような所得層にまでローンを組めるようにして住宅を売りまくった結果、ついにはローン返済が滞る家庭が続出してあえなく住宅バブルは破裂にいたったようです。
住宅価格が右肩上がりに上昇していけば、バブルははじけないのでしょうが、日本でもバブルははじけたわけで、そんなにうまくはいかないようです。
posted by mabou at 19:04 | 借金・ローンインフォ

復興財源の捻出

東日本大震災で大きな被害が出た被災地の復興の財源捻出は簡単ではないようで、税収以外の政府資産売却なども総動員で資金捻出に当たるようです。
日本では財政赤字の削減がアメリカ同様、緊急の課題でもあり、復興財源の捻出は容易ではないようで、増税路線は避けられそうもありません。
しかし、増税で景気が低迷するようなことになれば、ぞれこそ復興の足かせになる可能性もあり、慎重な対処が求められます。
posted by mabou at 15:46 | 借金・ローンインフォ

アメリカ財政赤字削減と増税

アメリカでは富裕層の税率が低く抑えられているため、財政赤字に悩む国の税収増加に役立てるために富裕層の税率引き上げが検討されているようです。
財政赤字の解消にどれだけ貢献するかはわかりませんが、アメリカも日本同様、増税が必要なのかもしれません。
財政出動で景気をよくするという方法は昔ほど効果的ではないようで、国の借金を増やすだけの場合もあるようです。
posted by mabou at 15:25 | 借金・ローンインフォ

円高対策

ギリシャの債務問題からユーロが下落し、アメリカは財政赤字の拡大もあり、国債の格付け引き下げがあり、ドルも売られ、相対的に円が買われて円高になり、輸出産業など日本の中小企業は苦境に陥っているといいます。
円高対策としては、中小企業支援や海外企業の買収など円高メリットを生かす方法も検討されているようですが、国内では経営が成り立たないということで海外へと拠点を移す企業も増えているようで、日本の産業空洞化が心配されます。
posted by mabou at 14:50 | 借金・ローンインフォ

欧州金融安定化基金

ギリシャの債務危機からユーロ圏へと広がった信用不安に、アメリカやイギリスは早急な対応を求めており、欧州金融安定化基金の規模拡大を求めたようですが、ユーロ圏内の各国の思惑には違いもあって意見の調整には時間がかかりそうです。
ユーロ圏全体に比べると、アメリカにしろ日本にしろ財政状態は誇れるような状態でなく、財政赤字も巨額で借金だらけの状態は同様です。緊縮財政だけで財政赤字を乗り切れるのか疑問視する意見もあるようです。
posted by mabou at 14:24 | 借金・ローンインフォ

被災地での借金

東日本大震災の被災地では返済が困難になっている借金の個人と企業をあわせた総額が増加しているといいます。
二重ローンの解消などが議論されていましたが、実際はあまり借金の整理が進んでいないのかもしれません。
今後の借金返済に道をつけないと被災地の復興は進まないのかもしれません。
円高で日本の景気も停滞している今、どうやって被災地復興を進めるのか知恵が必要でしょう。
posted by mabou at 20:22 | 借金・ローンインフォ

資産家殺害と借金

アパートを所有する資産家が殺害された事件では、アパート売却話に関係していた不動産業者が逮捕されたといいます。この不動産業者は資産家に借金があったそうで、借金がらみの殺人事件になってきたようです。
こうした事件は時々見られるのですが、借金の怖さを物語っているようです。
日本は先進国のなかでもずば抜けて国の借金が多いようですが大丈夫でしょうか。
posted by mabou at 18:15 | 借金・ローンインフォ

東京電力のリストラ

東京電力は福島第一原発事故に関連して巨額の賠償金支払いの必要が出てくると思われ、一方では原子力発電に代わって火力発電による電力供給にコストがかかるため、電気料金の値上げを予定しているようです。
しかし、電力料金値上げには人員削減や給与引き下げなどのリストラが必要との意見もあって、東京電力の思い通りにはいかないところもあるようです。
経営が逼迫しているような感もある東京電力には一層の経営努力が必要なのでしょう。
posted by mabou at 18:06 | 借金・ローンインフォ

復興増税と行政改革

新しい内閣が東日本大震災の復興に増税の方針で進むことになったようで、そのために行政改革など無駄使いの削減に取り組む方針が示されています。
借金だらけの財政を抱える日本ですから、国債の格付けが引き下げられていることもあり、なんとか借金減らしをしながら復興財源をひねり出していくというウルトラC級の綱渡りをしていくしかないのでしょう。
posted by mabou at 07:15 | 借金・ローンインフォ

復興増税と景気

東日本大震災の復興のための増税が、所得税や地方税の値上げになるといいますから、個人の消費を抑えて景気が悪くなる可能性は否定できないでしょう。
しかも、税と社会保障の一体改革では、財源を消費税率引き上げに求めたため、同じ時期に消費税も値上げされることになると、ますます消費が落ち込んで景気に悪影響が出るのではないかと心配されています。
posted by mabou at 00:18 | 借金・ローンインフォ

ギリシャ支援

ギリシャの債務削減がうまくいかないといわれていますが、欧州連合はギリシャ支援をしないわけにもいかず、追加の融資を繰り返しているようです。これで、ギリシャの赤字が削減する方向に転換すればいいのですが、そうならないとしたら、ギリシャのデフォルトが起きる可能性が高いでしょうから、関係する各国へも影響が波及して次々とデフォルトに追い込まれる可能性も否定できないでしょう。
まるで借金で倒産する町工場に貸付のある関連会社が連鎖倒産に追い込まれるような悪夢が起こりうるかもしれません。
posted by mabou at 00:06 | 借金・ローンインフォ

大王製紙会長の借り入れ

大王製紙会長がグループ企業から借り入れをした使途不明金の問題で辞任するといいます。
創業者一族のスキャンダルのようですが、借金の金額が大きくて何に使ったかも想像できません。
それにしても、これだけの借金もちゃんと会社の株が借金のかたに預けられているといいますから、またまた驚きです。
また、借入金を何に使ったかは説明がないようで、巨額の資金の使い道にも注目でしょう。
posted by mabou at 22:41 | 借金・ローンインフォ

九州電力への融資

東京電力をはじめ、ほかの電力会社同様、九州電力も原子力発電所の稼動が困難になり、電力供給量の確保のためには火力発電の比率を高める必要があり、火力発電によるコスト増が経営を圧迫しているといいます。
電力会社も借り入れをしないと電力の供給が困難になるという非常事態に、銀行なども融資に応じざるを得ないのでしょうが、これで電力料金の値上げとなると庶民の財布がきびしくなるでしょう。
posted by mabou at 21:27 | 借金・ローンインフォ

震災復興融資制度の悪用

東日本大震災後に経営が悪化した中小企業向けの融資制度を悪用して、震災に関係なく業績が悪化した企業に融資を受けさせた経営コンサルタントもいるようです。
借金返済が切羽詰ると何をするかわからないといいますが、復興に向けた融資制度を悪用するのは問題です。
いろんな融資制度があって、このケースではほかの融資制度も悪用して融資を受けていたようですが、中小企業への支援も悪用されないよう注意する必要があるようです。
posted by mabou at 07:35 | 借金・ローンインフォ

ギリシャのデフォルト?

ギリシャの債務危機から始まったといわれるヨーロッパの金融不安は、とうとうほかの債務問題に苦しむ国の信用不安にもなりかねない情勢で、公的資金の注入が実施されないと、金融危機の回避が難しいと考えられているようです。
ギリシャのデフォルトに備えて準備しておくことが必要になってきたようで、日本は東日本大震災後の復興に、資金が円に流れてきて円高になって水を差されることを警戒しておく必要があるでしょう。
posted by mabou at 22:05 | 借金・ローンインフォ

リーマンショックからの脱却

リーマンショックから脱却するために各国は財政出動で景気の刺激をはかったものの、景気回復は芳しくなく、各国とも財政赤字の拡大で信用不安が増加するというジレンマを抱えているようです。
日本も財政状態は悪化していて、早急に債務削減策を軌道に乗せないと信用不安が広がる危険性も指摘されていますから、なんとしても借金減らしの方策が必要です。
借金を減らすには出るお金を減らすか入るお金を増やすかしかないわけで、単純に借金減らしを進めていかないと日本も信用を失うことになるでしょう。
posted by mabou at 15:10 | 借金・ローンインフォ

フランス銀行の格付け引き下げ

フランスでは債務危機に陥っているギリシャ関連の債権保有が多いとされる銀行の格付け引き下げが発表されたようで、ヨーロッパに広がる金融危機の予感が高まっているようです。ヨーロッパの信用不安はアメリカにも波及し、そこからさらに日本やアジアにも波及するという風に、世界中に金融不安が広がっていけば、世界的な不況が長引くことになりかねないと心配されます。
日本は欧州債権保有が多くはないといいますが、欧州からの影響が広まって実体経済の停滞を招くリスクには備えておく必要があるでしょう。
posted by mabou at 07:30 | 借金・ローンインフォ

欧州債務危機とBRICS

主要新興5カ国(BRICS)は、欧州債務危機に関連して、ユーロ債権購入の検討を開始しているといいます。
ヨーロッパ支援にBRICSとして可能な支援策を協議しているようですが、欧州債務危機がどう収束していくのか、注目されています。
はやく債務危機の各国が借金を減らす目処がついて金融安定化の方向に向かってくれるといいと思いますが、どうでしょう。
posted by mabou at 12:27 | 借金・ローンインフォ

アメリカ貧困層の拡大

アメリカではサブプライムローンの問題が尾を引いていることもあり、政府の債務削減も順調とは行かず、国債の格付け引き下げという事態に至って、景気の回復が遅れ、雇用対策もうまくいかないということでオバマ政権の経済政策に陰りが見えてきているようです。
そうしたアメリカの影の部分では貧困層の拡大が問題視されていて、格差社会の広がりが問題とされているようです。
posted by mabou at 07:32 | 借金・ローンインフォ

イタリアと中国

欧州債務危機の影響で債務が大きいイタリアも信用不安の渦中に巻き込まれ、国債の利回りが上昇しているといいます。
イタリアは金融システムの安定化を目指して緊縮財政へ取り組み、国債の購入を中国に打診しているといわれ、なんとか金融危機の回避を狙っているようです。
ヨーロッパの金融不安は世界中を駆け巡って、経済成長の妨げとなる可能性があるため放置することは危険でしょう。
posted by mabou at 23:29 | 借金・ローンインフォ

第三セクターと特別背任

第三セクターに自分の会社への受注をさせ、損害を与えたとして第三セクターの職員が逮捕されたと報道されていますが、こうした事件は監視体制がしっかりしていないと起こるものなのでしょう。
やはり税金の無駄使いも同じようなところから、使ってしまわれている可能性もあるのではないでしょうか。
納税者側が税金の使い道を監視できる制度が必要ではないかと思われます。
それでなくても地方自治体の財政状況は赤字で借金だらけのはずですから無駄使いする余裕はないはずです。
posted by mabou at 23:43 | 借金・ローンインフォ

ギリシャ債務危機とユーロ安

ヨーロッパではギリシャの債務危機が、いろんな支援が行われても収まる気配を見せず、危機の深刻化が浮かび上がっているようです。
ユーロは下落して、信用不安がほかにも財政赤字で債務問題を抱える国にも飛び火しかねない状況となって今後の動きが注目されています。
posted by mabou at 07:13 | 借金・ローンインフォ

福島連呼のサッカークラブに罰金

サッカーの試合で福島の名を連呼して挑発行為を続けたクラブ側に罰金支払いの決定が下されたそうですが、度を越したヤジは慎むべきでしょう。フェアープレイの精神を今一度考えてスポーツを楽しむよう反省が必要でしょう。
勝つことだけがスポーツの醍醐味ではないはずで、スポーツの持つ長所を打ち消しかねない行為は避けてほしいものです。
posted by mabou at 07:08 | 借金・ローンインフォ

▲このページの先頭へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。