スポンサードリンク

イタリア国債利回りの上昇

イタリアはギリシャの財政危機に巻き込まれたようで、国債の利回りが上昇して危険水域に達しているようです。こうした財政基盤の弱い国が、国債の利回り上昇ということになると、何処からかお金を工面して集めてくる必要があります。
ユーロ圏の助けを借りるのか国際通貨基金の力を借りるのか、いずれにしても緊縮財政によって債務削減を行うことが求められることでしょう。
posted by mabou at 23:41 | 借金・ローンインフォ

計画停電と病院

東京電力が福島第一原発事故に伴う電力不足から計画停電を行ったことで、病院なども大きな損害が出たようで、東京電力への損害賠償が出されるようです。
病院では自家発電装置が必要になったり、外来の診察時間が制限されたり、手術が出来なくなったり、いろんな損害があると思われますが、電力不足では病院の仕事も差しさわりが出てくるわけです。
posted by mabou at 23:15 | 借金・ローンインフォ

スパリゾートハワイアンズへの融資

スパリゾートハワイアンズは東日本大震災の影響で営業が中断され、大きな損害を受けたということですが、ようやく営業が再開されて、銀行団からの融資も引き出せたようで、これからの巻き返しが期待されます。
東日本大震災の影響で、損害を受けたほかの企業も仕事の再開から業績の回復へと向かってくれるとうれしいと思います。
posted by mabou at 01:00 | 借金・ローンインフォ

イタリア国債の入札

ギリシャの債務危機から続いているヨーロッパの信用不安はイタリアにも飛び火して首相の辞任問題にまで発展していますが、まずはイタリア国債の入札が順調にすんだことで一安心というところのようです。
しかし、イタリアに続いてスペインなどにも信用不安が飛び火する可能性があるようで、借金をかかえる国々にとっては気の抜けない毎日なのでないかと思われます。
posted by mabou at 07:17 | 借金・ローンインフォ

被災者向け失業保険給付の延長

東日本大震災で大きな被害を受けた沿岸部や福島第一原発の周辺地域に住んでいた場合には、失業保険給付の延長が認められるということですから、最寄のハローワークに問い合わせてみるのがよいでしょう。
借金を抱えて生活再建に追われている方も少なくないでしょうから失業保険給付の延長は利用できれば利用するに超したことはないでしょう。借金を早く無くして生活再建へと進んでほしいものです。
posted by mabou at 23:44 | 借金・ローンインフォ

生活福祉資金の未収金

低所得者向けに生活資金を無担保で低金利で貸し出す生活福祉資金については、景気の悪化もあってか、未収金が増加して問題になっているようです。
無担保ですから、高齢者などが生活に困って借りていたとすると、おいそれと返済できそうにも思えませんから、そのまま貸し倒れになる可能性も高いと思われます。貸付金の返済法をあらかじめ考えておくことが必要かも知れません。
posted by mabou at 22:27 | 借金・ローンインフォ

東日本大震災復興への支援

東日本大震災では大きな被害を受けた日本ですが、世界中からの暖かい支援も寄せられており感謝に耐えません。
各方面からの支援金が東北地方の復興に役立つことを願うばかりですが、未だに仕事を失い、住宅ローンなど借金返済の目処も立たないところも少なくないと思われます。
なんとか借金返済の目処が立って、復興に向けた動きが加速されるといいがと思います。
posted by mabou at 22:05 | 借金・ローンインフォ

融資の期限の利益とオリンパス

オリンパスの損失飛ばし問題で、オリンパスに融資を行っている銀行側は借入金の使途に虚偽があった場合には返済期限の前でも資金の回収に乗り出す可能性があるといいますから、オリンパス側の資金繰りに支障が出る可能性も出てきたようです。
これだけ巨額の損失を飛ばしていたのは驚きますが、バブルの崩壊の頃は珍しくなかったのかも知れません。
これからオリンパスは借金の返済に苦労することになるかも知れません。
posted by mabou at 18:06 | 借金・ローンインフォ

企業の倒産件数の減少

ギリシャの債務危機から始まったヨーロッパの信用不安は、最近ではイタリアにつながって首相の辞任問題にまで発展しているようで、借金の多い国にとっては試練の場になってきています。
イタリアでは国債の金利が上昇して危険な水準となっていて、危機の連鎖が収まる様相を見せません。
日本も国の借金は巨額で、国債の信用がなくなればイタリアと同じ道を歩む可能性はあると思います。
posted by mabou at 22:23 | 借金・ローンインフォ

東日本大震災復興債について

東日本大震災からの復興資金を捻出するための復興債は償還期間が25年間とされるそうで、なんとか次世代へ借金を先送りしないという方針のようです。
ご存知のように日本は借金大国で次世代への借金の先送りが避けられないという状況で、今回の東日本大震災からの復興を目指すわけですから、いくらお金があっても足りないのかも知れません。
posted by mabou at 07:41 | 借金・ローンインフォ

韓国のウォン安

韓国ではウォン安が進んで、輸入品は値上がりし、インフレが進行して、日本のようにデフレに苦しむ国には参考になるかも知れませんが、韓国での実質賃金は低下していて、日本も円安誘導で輸出を増やすという方法には注意が必要と思われます。
すなわち、自国通貨を安くするように誘導して、輸出を増やして企業の経済活動を刺激して雇用や賃金の増加に結びつけるという狙いは必ずしもうまくいくわけではなさそうです。
posted by mabou at 23:42 | 借金・ローンインフォ

オリンパスの損失隠し問題

最近は、製紙会社の創業家のひとりがギャンブルの損失で会社に損害を与えるなど、経営陣の暴走が日本企業全体の企業統治の問題といわれていますが、今度はオリンパスの経営陣がバブル崩壊後の財テクでの損失を隠して企業のM&Aにのめりこんできたことが明るみに出ています。
こうした企業の隠蔽体質は、このたびの東日本大震災後の放射能漏れ事故に伴う東京電力の対応にも指摘されていて日本企業の情報公開性に疑問が持たれても無理はないでしょう。
posted by mabou at 23:33 | 借金・ローンインフォ

安愚楽牧場の破産

和牛商法で人気だった安愚楽牧場も焼肉チェーン店での食中毒問題や東日本大震災での放射能漏れ事故から和牛の肉から放射性セシウムが検出されるなど業績が悪化して資金繰りはきわめて苦しい状態に陥っているといいます。
したがって民事再生法の申請を取り下げての破産手続きへの移行となって、財産の保全手続きに入るようです。
債権者にはいくら戻ってくるかはわかりませんが、多くは期待できそうもありません。
posted by mabou at 22:17 | 借金・ローンインフォ

イタリアの国債がピンチ?

イタリアも日本と同様、国の借金が多いようで、ギリシャの債務危機に始まったヨーロッパの信用不安の影響で、財政再建策がうまくいかないようで、国債の金利が自力で借金が返せないといわれる近くまで上昇してきたといいます。
イタリアの経済規模はギリシャの比ではなく、イタリアが破綻することになれば世界中に影響が及ぶのではないかと心配され、日本も影響を受けないわけにはいかないでしょう。
posted by mabou at 10:41 | 借金・ローンインフォ

給食費の未納問題

公立の小学校や中学校の給食費が未納になっているケースも少なくないようで、世界的に景気が悪化している影響もあるのでしょうが、保護者には給食費を収める義務があるということです。
そこで、滞納中の給食費の取立てに法的措置も検討されるようになって未納の数は減ってきているといいますから、収めようと思えば収められる家庭もあるのではないかということです。
いずれにしてもヨーロッパでは信用不安の問題が収まらず、アメリカも住宅バブルがはじけて景気が上向く様子はありませんから、給食費の未納問題もローンにして分割で収めてもらうような状況にもなるかもしれません。
posted by mabou at 11:28 | 借金・ローンインフォ

イタリアの破綻?

ギリシャの財政再建問題をめぐる騒動は当然ながら他の債務国にも飛び火しているようで、イタリアの財政問題も信用不安に陥っているようで、国債の金利が上昇し、国債通貨基金の監視を受け入れて財政再建に乗り出すことになったようです。
日本もそうですがイタリアも国の借金は多いようで、今後は年金支給開始年齢の引き上げや国有財産の売却など緊縮財政を進めることになりそうです。
posted by mabou at 11:18 | 借金・ローンインフォ

生活保護受給者の増加

生活保護受給者は戦後、経済成長が進むとともに減少していたようで、それがこのところの景気低迷と雇用情勢悪化で増加に転じているようです。
特にリーマンショックで世界的に景気が悪化してからが増加しているようで、戦後の最高値を更新しそうな情勢だといいますから雇用の改善に本気で取り組まないと貧富の差がどんどん広がっていくことになっていくと思われます。
posted by mabou at 11:11 | 借金・ローンインフォ

プロ野球球団の買収

プロ野球球団の運営というものは簡単ではないようで、戦力強化に選手を補充すれば年棒が跳ね上がり、さりとて弱小球団では観客が呼べないということになるようです。
強い選手を揃えれば、当然年棒で経費が跳ね上がるというジレンマがあるようで、生え抜きの若手を伸ばしていくことで年棒を抑えながら好成績をおさめていくしか仕方がないのかも知れません。
posted by mabou at 00:30 | 借金・ローンインフォ

イタリアの財政再建の監視

ギリシャの債務危機に関連して、債務残高の多い国にも信用不安が広がっているようで、イタリアは国債の金利が上昇していることもあって、国際通貨基金(IMF)の監視を受け入れて信用不安の回復に進んでいこうと決定したようです。
しかし借金の多い国はほかにもありますから、金融不安の広がりを押さえ込むにはどうしたらよいかの正念場でしょう。
posted by mabou at 21:31 | 借金・ローンインフォ

キプロス国債の格付け引き下げ

キプロスという国は馴染みがないと思いますが、ユーロ圏に入っている国で、この国の銀行はギリシャの国債を多く保有しているため、このたびのギリシャの債務危機によってギリシャ国債の格付けが引き下げられていることから、キプロス国債の格付けも引き下げされてようです。
こうやってギリシャに関連する国々の国債が格付け引き下げを受けることが続くと、世界中に金融不安が広がっていくのではないでしょうか。
posted by mabou at 21:22 | 借金・ローンインフォ

ギリシャ債務危機と国民投票

ギリシャの債務危機についてはユーロ圏での支援が行われ融資が入っているはずですが、なかなか財政再建の足取りが安定しないようで、追加の支援策が決定されたにもかかわらず、ギリシャ側は融資を受け入れるかどうかで国民投票を行うというアイデアも出てきて世界中がびっくりしたようです。
今のところ国民投票を行うという予定はなくなったようですが、この先、ギリシャの債務危機はどうなっていくのでしょう。
posted by mabou at 06:56 | 借金・ローンインフォ

ギリシャ国債の利回り

ギリシャの債務隠しから始まったヨーロッパの金融危機については、未だに先行きが不透明です。
ギリシャの国債価格は、財務危機が深刻化すると低下して、利回りが上昇していますが、ユーロ圏でのギリシャ支援策がまとまることで国際価格は上昇に転じていたようです。
それが、ユーロ圏のギリシャ支援策がまとまったのに、ギリシャの首相が支援を受け入れるかどうか国民投票を実施するなど、信じられない行動に出たことで、再び債務危機が再燃し、国債価格は下落して利回りが急上昇しているようです。
posted by mabou at 00:10 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの金融危機

ギリシャに対するユーロ圏の支援がやっと決定して、ヨーロッパの金融危機に歯止めがかかるかと期待していたら、何と支援を受ける側のギリシャの方が支援を受け入れるかどうかの国民投票を行うという信じられない決定に、ユーロ圏の支援策を練った方としてはあきれてしまっているのではないでしょうか。
当然、ユーロは下落して株価も下落するわけで、ギリシャの国家財政が破綻する可能性も出てきたといえるようです。
posted by mabou at 21:43 | 借金・ローンインフォ

アメリカ金融大手の破産

欧州ソブリン債への積極的な投資が裏目に出た形でアメリカ金融大手が破産しました。
ヨーロッパの信用不安の回復はいつになるのか分かりませんが、連鎖的な倒産が起きないように監視していく必要があるでしょう。
アメリカ金融大手は借金があっという間に溜まってしまったことから動きが取れなくなってしまったようです。
posted by mabou at 00:37 | 借金・ローンインフォ

ギリシャへのEUからの支援

EU(欧州連合)では、ギリシャ支援策を取りまとめ、さらに厳しい財政再建を進めていくことを要求していくようです。
財政赤字の削減には国民の痛みを伴うことになるため、ギリシャでは国民投票が行われる予定になっているといいます。
財政赤字の削減を行わなければ支援は受けられないでしょうからデフォルトのリスクが高まることになるでしょう。
posted by mabou at 00:32 | 借金・ローンインフォ

中国鉄道省の経営

中国鉄道省は広い範囲で鉄道網の建設を進めていて雇用の創出面でも大きな役割を担っていますが、高速鉄道の事故によって資金の調達金利が上昇して経営を圧迫しているといわれ、各地で鉄道建設がストップしてしまっているようです。
中国鉄道省は巨額の借金のあるようで、自転車操業の状態にあるともいわれ、今後の鉄道建設がどうなっていくのか注目されるところです。
posted by mabou at 00:16 | 借金・ローンインフォ

長期金利と国債

日本は巨額の債務を抱える借金国でありながら、東日本大震災からの復興や社会保障と税の一体改革など多くのお金がまだまだ必要になる予定で、増税か国債の増発か、いずれにしても資金不足は否めないところでしょう。
国債の増発が行われると長期金利は上昇する可能性があり、国の資金調達費用はさらに増加する恐れがあるようで、借金の怖さが感じられるでしょう。
posted by mabou at 23:32 | 借金・ローンインフォ

ハウステンボスの黒字化

ハウステンボスは何と開業から赤字続きで、倒産が心配されていたようですが、経営者が交代して、それまでの債務を債務者との交渉で大幅に減らして、再スタート時には借金のない状態で再スタートさせたということで、黒字化が実現できたようです。
経営度直にも力を入れたことは確かですが、有利子負債を減らしておけたことが大きな勝因であることは間違いなさそうです。
posted by mabou at 23:11 | 借金・ローンインフォ

国の借金増え続ける?

日本の国の借金は東日本大震災の復興債などもあって増え続けているようで、この増加を止めることはできるのでしょうか。
借金が増え続けると国債の消化は難しくなってくるでしょうし、信用不安につながりかねず、何としても借金の増加をストップする必要があると思います。
税収増も期待できそうもありませんから、ぎりぎりまで無駄を削減して予算を削っていくしかないのでしょう。
posted by mabou at 00:24 | 借金・ローンインフォ

大王製紙前会長の借り入れ

大王製紙の創業者一族である前会長の連結子会社からの借り入れは100億円を超すそうですが、さらに非連結の会社からも借金していることが分かったそうで、巨額の借金を保有する株式をもとにこれから返済していくことになるようですが、それにしても巨額の資金を何に使ったのか気になるところです。
庶民には想像もつかない借金ですが返済は楽ではないでしょう。
posted by mabou at 14:22 | 借金・ローンインフォ

東北電力の損失

東北電力は福島第一原発事故後の原発から火力発電への切り替えなどで燃料費が増加したり、震災復旧費がかさんだり、その後の豪雨での水力発電所の被害など、災害関連でのダメージが大きく、赤字が膨らんだということです。
電力会社は原発の稼動が出来なくなったりして火力発電への切り替えにコストがかかるなど軒並み経営的にも苦しくなっているようです。
posted by mabou at 03:23 | 借金・ローンインフォ

大王製紙の元会長の借金

大王製紙の元会長の巨額の借金は、子会社などから無担保で受けた融資で、使途は不明ですが、ギャンブルや株取引に使ったとも言います。
しかし、融資したお金は多くが返済されていないようですから、会社側は元会長を特別背任で訴えることになるようです。
会社を私物化することは問題で、同じような問題は繰り返して見受けられますが、借金するにもほどがあるといえるでしょう。
posted by mabou at 22:06 | 借金・ローンインフォ

東京電力への支援

福島第一原発の事故で巨額の賠償金支払いの必要な東京電力では、資金難のため国に約1兆円という資金の支援要請が必要になっているようです。
東京電力は借金も結構たくさんあるようで、経営状態は綱渡り状態といいますから、資金支援なしに損害賠償を行っていくのは難しいのかもしれません。原発事故の怖さを物語っているといえ、できれば原発なしでも電力供給が可能だといいと思います。
posted by mabou at 12:43 | 借金・ローンインフォ

ギリシャ債務の削減

ギリシャの債務危機に端を発してスペインやイタリアなど財務状況の弱い国々への金融危機の波及を抑えようということで、ギリシャ国債の元本は半額に削減される見通しのようです。
これまでは資金援助が追加も含めて行われてきましたが、いくら続けてもギリシャの借金が減っていくことが期待できないということなのでしょうか、とうとう借金の元本を減額することになってしまいました。
これでは国債の信用は低下してしまうでしょう。
posted by mabou at 12:36 | 借金・ローンインフォ

借金返済に強盗?

闇金融からの借金返済をせまられている方は少なくないでしょうが、強盗して借金返済をせまられて、本当に強盗してしまったというニュースにはびっくりしました。
アメリカもヨーロッパも景気は悪く、日本も不景気で借金するのはやむをえないかもしれませんが強盗するのはいただけません。やはり闇金融は犯罪に結びつきやすいといえそうです。
posted by mabou at 20:29 | 借金・ローンインフォ

プロ野球球団の買収

プロ野球の球団経営も楽ではないようで、球団の身売り話も聞こえてきます。
買収する企業には球団を長期間保有することができるのか財務上の不安ももたれているようで、それだけ赤字が大きく出る可能性があるのでしょう。
いわばどこまで赤字に耐えられるのかという問題もあるようで、それだけのメリットがないと球団経営は大変なのでしょう。
posted by mabou at 21:17 | 借金・ローンインフォ

日本の貿易収支

東日本大震災によりサプライチェーンが寸断されて自動車をはじめ企業は大きなダメージを受けたわけですが、やはり輸出が振るわず、逆に、福島第一原発事故による放射能漏れ事故で原発の稼働率が低下して、かわりに火力発電に切り替えるためのコストがかかって、原油などの輸入コストがかさんでいます。
こうして日本も貿易収支が赤字になることが珍しくなくなっているようです。
posted by mabou at 20:52 | 借金・ローンインフォ

アメリカコダック社への融資

コダックといえば日本人でも知っているアメリカの会社ですが、最近は業績が振るわないようで、とうとう救済融資を受ける予定となっているようです。
会社が黒字経営を続けていくことは大変な努力が必要で、困難な事といわざるを得ません。
しかも、アメリカでは本来住宅取得の出来ない人にもローンを組んで住宅取得を推進して、結局ローン返済が行き詰まって住宅バブルがはじけて不景気になってしまって企業も大変でしょう。
posted by mabou at 20:22 | 借金・ローンインフォ

東京電力に資本注入?

東京電力は原発事故による損害賠償金の支払いや、火力発電による電力供給でのコスト増などリストラや合理化を進めているようですが、国の支援がなくては資金繰りに困るような状況のようです。
しかし、国からの資本注入については出来るだけ避けて、民間企業として再生を目指していくようです。
借金がかさむばかりでは経営も厳しくなるでしょうから今後の合理化がどこまで進むのかに注目する必要がありそうです。
posted by mabou at 10:43 | 借金・ローンインフォ

消費税増税と買い物

東日本大震災から復興に社会保障制度の改革とお金のかかる事は山積で、今後は財源不足から消費税の増税が考えられているそうです。消費税の値上げが行われれば、値段の張る買い物はかなり影響されることになり、マンションなどははやめに契約しておく方がよいといわれます。
税金だけはどんどん上げられていくのでは景気が悪化しているのに、さらに景気回復を遅らせることになるかも知れませんが借金する際には景気が悪化する可能性も考えておく必要があるでしょう。
posted by mabou at 00:53 | 借金・ローンインフォ

欧州債務危機と銀行

ギリシャの債務危機は深刻のようで、ギリシャ国債を保有する銀行にまで金融不安が押し寄せようとしています。
銀行の信用不安回避に、より厳しい自己資本比率が要求されるようで、資本増強が出来ない銀行には公的資金の注入も辞さない考えということです。
なんとか欧州債務危機が峠を越して、世界経済が再び成長の軌道に乗ってほしいものです。
posted by mabou at 00:17 | 借金・ローンインフォ

ギリシャへの債務削減

ギリシャの財政再建は容易ではないということで、ギリシャ国債を保有する民間銀行への追加負担として元本の削減をさらに求めていく予定のようです。
そうなるとユーロ圏の銀行ではフランスやドイツなどの銀行もギリシャ国債を保有しているところもあるようで、ユーロ圏全体に信用不安が広がらないか心配です。
posted by mabou at 11:30 | 借金・ローンインフォ

カジノで散財?

大手の製紙会社の創業家の方がカジノで大きな損をしたそうですが、問題はそのお金を会社から借金していたということのようです。
なぜ巨額のお金を借りることができたのか理解できませんが、ともかく会社に損害を与えたことは確かなようです。
会社と創業家の確執があるのかもしれませんが、借金が返せるのかどうかも注目されます。
posted by mabou at 07:17 | 借金・ローンインフォ

日本の借金の増加

日本の借金は積もり積もってとうとう1000兆円を超える見込みになったそうです。
東日本大震災の復興債があって第三次補正予算が組まれたことも借金増加の一因といいますが、この調子で借金を増やすことは困難でしょう。
ここらで借金返済をしていく段取りをつけておかないと、取り返しのつかない事態へと雪崩落ちていくのかも知れません。
posted by mabou at 21:32 | 借金・ローンインフォ

ギリシャへの融資

欧州債務危機の発端となったギリシャでは財政赤字の削減が思ったようには進まないようで、政府の緊縮政策に反対するデモも起きていますが、緊縮策のおかげで欧州連合や国際通貨基金からの融資は受けられるようで、なんとかデフォルトを回避するように努力が続けられているようです。
ドミノ式に金融危機が進行していくのにどうやって歯止めをかけるのか、今後も気が抜けないことでしょう。
posted by mabou at 07:36 | 借金・ローンインフォ

円高対策

日本では円高に苦しむ企業が海外へと拠点をシフトする可能性が大きくなっているようで、政府の円高対策も積極的な対策にはなっていないといわれます。
円高を利用して海外に出て行く会社にはよいのでしょうが、国内産業の振興には効果が薄いようです。
それでなくても、日本は借金だらけで、これまで国内でできていた国債の消化も今後はどうなるか分かりません。ヨーロッパの債務危機に見られるように国債が信用不安から金利の上昇圧力にさらされる事態も起きてくるかもしれません。
posted by mabou at 07:03 | 借金・ローンインフォ

円高と家電

円高が急激に進んだため家電業界では輸出での利益が吹き飛んでしまって赤字に転落するところも出ているようです。
円高が原因で赤字になるのでは、企業の工場などが海外へ移転する動きが加速しそうな気配です。
ところが、タイでは大水害で洪水が工業団地を襲って進出した日系企業の工場も被害を受けているようで、リスクがない投資はないということでしょうか、企業経営も難しい時代になっているようです。
posted by mabou at 00:29 | 借金・ローンインフォ

復興債の償還期限

東日本大震災では大きな被害が出たわけですが、これからの復興資金に政府は復興債を発行して、その資金に当てるようになっています。
この復興債については償還期限が15年とされるようで、当然ながら費用の捻出には税金の増税が避けられないといわれています。
大きな災害の復興にこれから取り組むわけですが、なんとしてもやり遂げる覚悟が必要でしょう。
posted by mabou at 22:03 | 借金・ローンインフォ

東京電力へのつなぎ融資

東京電力の経営は厳しいようで、損害賠償金の調達に加えて、原子力から火力への電力供給アップにかかるコスト増が経営を圧迫しているようで、運転資金にもつなぎ融資が必要となっているようです。
原子力損害賠償支援機構からの融資が可能になるまでの間のつなぎ融資ということですが、東京電力は一層リストラなど経営合理化を進めていかないと破綻の可能性話が再び出てくるのではないでしょうか。
posted by mabou at 21:41 | 借金・ローンインフォ

スペイン国債の格付け引き下げ

ヨーロッパの金融不安はなかなか落ち着きを見せず、発端となったギリシャの債務問題だけで収まらず、財務状況に不安のある各国へと信用不安が拡大しているようです。
例えば、スペインの国債は金利上昇の圧力が続いていて、とうとう経済成長の低迷などを理由に国債の格付けが引き下げとなってしまいました。
ほかにもイタリアだって借金が多いようで、債務の解消へ向けて一層の努力が必要といえそうです。
posted by mabou at 21:37 | 借金・ローンインフォ

フランスの格付け見直しへ

フランスはヨーロッパ金融不安の端緒となったギリシャ向け債務が多いらしく、政府の財務体質が弱体化しているとの指摘もあるようで、今後の格付けの見直しが示唆されているようです。
ユーロ圏ではギリシャの破綻回避に全力が向けられているようですが、各国の思惑の違いもあって、成功するかどうかは微妙なところといえそうで、金融不安の収束には時間がかかりそうです。
posted by mabou at 22:39 | 借金・ローンインフォ

景気判断の下方修正

東日本大震災によるサプライチェーンの被害から落ち込んでいた輸出が上向いていた日本の景気ですが、ここへきてギリシャの債務危機からヨーロッパの信用不安が終息せず、輸出も落ち込みが見られるようで、日本の景気判断が久しぶりに下方修正されたといいます。
借金だらけの日本の財政が東日本大震災の復興に伴う支出の増大に耐えられるのか心配になってきますが、なんとしても復興を続けていくシステムが必要です。
posted by mabou at 22:55 | 借金・ローンインフォ

欧州金融危機の続き

ヨーロッパではギリシャの債務危機からギリシャ国債を抱えるフランスやドイツの銀行への信用不安まで起こっているようで、フランス・ベルギー系の銀行が国有化されるなど、ドミノ式に信用不安が広がっていく様相を呈しています。
アメリカも財政赤字に歯止めが利かないようで、高い失業率に国民の不満は募り、雇用拡大を求めるデモも起きて余裕があるとはいえない状況です。
日本も巨額の借金を抱え、東日本大震災からの復興費用の捻出もままならない状況で世界的に金融危機への対応に余裕は見られなくなっているようです。
posted by mabou at 21:42 | 借金・ローンインフォ

東京電力への公的資金注入

東京電力は福島第一原発事故による巨額の賠償金や経営再建へ向けて公的資金の注入が必要なようで、経費削減など財務基盤の強化に取り組む必要があるようです。
人件費の削減や企業年金の削減など多くの経費削減策が行われるのでしょうが、今後の事業継続に効果的な対策を打っていく必要があるでしょう。
無駄を削って借金を減らすよう経営努力が求められます。
posted by mabou at 15:48 | 借金・ローンインフォ

スペインの長期信用格付け引き下げ

ヨーロッパの金融危機はなかなか収まりを見せないようで、イタリアやスペインも長期信用格付け引き下げが行われているようで、スペインについては金融システムの脆弱性や高い失業率などが悪影響を及ぼして長期信用格付け引き下げに至ったようです。
この先、銀行の資本増強も行われるようですが、破綻する銀行を出さないよう公的資金の注入も必要になるのではないかと思われます。
posted by mabou at 15:36 | 借金・ローンインフォ

クレジットカードの偽造

クレジットカードがサインレスで使えることを悪用してデータを入手してクレジットカードを偽造し、換金できる商品を購入していたというニュースが流れていますが、1万円以下ならサインレスで買い物が出来るというシステムの悪用で購入を繰り返していたようです。
ほかにもネットバンクでパスワードを入手して預金を引き出すというニュースもあるようで、データの流出防止がさらに厳しく監視される必要があるようです。
posted by mabou at 06:12 | 借金・ローンインフォ

ユーロ圏債務危機と銀行

ギリシャの債務問題をきっかけにユーロ圏では債務危機が連鎖的に引き起こされているような感がありますが、銀行の自己資本比率をさらに厳しくして信用不安を抑える方針が採られるようで、欧州金融安定化基金も利用して自己資本が不足する場合には公的資金の注入も行われるようです。
ユーロ圏の信用不安の連鎖を抑えることは世界的な金融不安を防ぐためにも必要で、各国の協調が望まれます。
posted by mabou at 06:03 | 借金・ローンインフォ

欧州金融安定化基金とスロバキア

ユーロ圏はギリシャの金融危機から動揺が続いていますが、欧州金融安定化基金の強化に賛成が得られていなかったスロバキアで、野党側が賛成に回って欧州金融安定化基金の強化が実現することになったようで、ユーロ圏の信用不安が少し遠のいたようです。
ギリシャの債務問題を巡ってヨーロッパは揺れ動いているようで、まだしばらくは金融の安定化に時間がかかりそうです。
posted by mabou at 05:57 | 借金・ローンインフォ

ギリシャへの融資

欧州連合と欧州中央銀行、国際通貨基金の3者はギリシャへの追加の融資を行うそうで、どこまでギリシャを支え切れるかは不明ですが、当面はギリシャの歳出削減に期待する方向になっているようです。
そのためには公的部門を縮小して民営化を進めるなど構造改革が進まなければ借金の減少にはつながらないといわれているようです。
posted by mabou at 12:41 | 借金・ローンインフォ

デクシアの破綻

ギリシャの債務問題から始まったヨーロッパの金融危機に伴って、ギリシャへの貸付の多い金融機関では信用不安が広がっているようです。
デクシアという金融機関はギリシャへの債券が多いようで、ベルギー政府が公的資金を注入することで破綻回避へと動き出したようですが、まだまだギリシャが借金している銀行は多いようで、今後もヨーロッパの信用不安が続きそうです。
posted by mabou at 07:14 | 借金・ローンインフォ

▲このページの先頭へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。