スポンサードリンク

日銀の金融緩和

日本の景気はまだまだよくなってないようで、日本銀行は追加の金融緩和で企業が資金を借りて雇用の創出にも結びつくようにということでしょうが、この不景気に借金して事業をひろげようという企業はそう多くないかも知れません。
しかし、あまりに円高傾向が続くことは輸出産業にとっては死活問題で、金融緩和で円高を防止すると言う効果も期待されるようです。
posted by mabou at 13:04 | 借金・ローンインフォ

日本航空の再生

日本航空は経営再建のために赤字路線から撤退し、リストラも行って順調に赤字からの脱出が進んでいるようで、新型機も導入して新たな路線拡大にも乗り出すようです。
グローバリゼーションの波に載って乗客サービスに努めて行けば借金体質から脱却して収益を生み出し続けていけるかもしれません。家計の赤字も同じでしょうが、常に借り入れと収益のバランスをとっていく事が大事なのでしょう。
posted by mabou at 10:06 | 借金・ローンインフォ

ミャンマーへの円借款再開

日本からミャンマーへの円借款が再開されることになり、日本はミャンマーの民主化の後押しをして応援していくことになったといいます。
また、過去の円借款については段階的に免除していく予定ともいいますが、借金大国でもある日本にとって大丈夫なのかという心配も持たざるを得ません。
posted by mabou at 22:19 | 借金・ローンインフォ

人民元の変動幅拡大と米貿易赤字

アメリカでは対中貿易赤字が拡大して、人民元の引き上げを要求する声も大きいようですが、人民元の引き上げだけでアメリカの対中赤字が縮小するとも一概には言えないようです。
中国政府の補助金を頼りに中国企業が攻勢を強めているという指摘もあるようで、アメリカの赤字が縮小するにはさらなる対中交渉が重要となってくるでしょう。
posted by mabou at 21:30 | 借金・ローンインフォ

ギリシャでは警察も有料?

ギリシャは財政赤字が悪化してヨーロッパ全体の信用不安まで広がって、大変な騒ぎでしたが、今は少し落ち着いているようです。
しかし、財政的に苦しい状況は続いているようで。個人の警備や現金輸送時の警備などには有料で警察官や警察犬などの派遣を行うという話です。こうして稼いで警察の苦しい経済事情を少しでも助けようということのようです。
posted by mabou at 14:42 | 借金・ローンインフォ

ハリウッド女優も借金?

アメリカでは憧れのハリウッド女優でも夜遊びやアルコール依存など、さまざまな問題を抱えて仕事が減ってしまうと借金だらけで困ったことになるということもありうることかも知れません。
庶民に比べると使うお金も桁違いでしょうから、あっという間に借金がかさんでいくことになるのかもしれませんが、もちろん稼ぐ金額も桁違いですから仕事が順調に行けば問題も無くなるのでしょう。
posted by mabou at 07:45 | 借金・ローンインフォ

借金情報の流出

消費者金融の借金情報が流出したということですが、こうした信用情報をお金を払っても入手しようというニーズがあるということなのでしょう。
個人情報の保護がうるさく言われていますが、こうした情報の流出に対してセキュリティー強化が必要でしょう。
借金情報が筒抜けでは困ります。
posted by mabou at 00:09 | 借金・ローンインフォ

アメリカ住宅ローン市場の改革

アメリカではサブプライムローン問題が未だに影響しているようで、ファニーメイやフレディマックに依存していた住宅ローン制度の改革は遅れているといいます。
金融改革のなかでも住宅ローン関連の改革は大きく立ち遅れているといいますから、アメリカの金融改革にはまだまだ時間がかかりそうです。
日本も同じような注意は必要でしょうが、与信能力の向上がローン設定には欠かせないのでしょう。
posted by mabou at 00:13 | 借金・ローンインフォ

スペインの債務上昇

スペインでは債務の国内総生産に対する比率が上昇して、今後の歳出削減に向けて欧州連合の決める範囲に収めるように努力していく必要があるといいます。
ヨーロッパでは金融機関への信用不安が払拭されてはいないようで、未だにユーロ圏では債務の多い国での赤字縮小努力が欠かせないようです。
posted by mabou at 23:07 | 借金・ローンインフォ

二重ローンの解消?

東日本大震災での被災者が二重ローンに苦しまないよう、債務の減免などで新たにローンも組めるような個人版私的整理ガイドラインが期待されていますが、実際の利用は低迷しているそうです。
債務の減免はいいのですが、残せる手元資金が制限されたりすることから利用に二の足を踏む被災者が多いようです。
なんとか上手に制度を利用して二重ローンの回避に役立てばよいのですが、なかなかうまくいかないようです。
posted by mabou at 21:11 | 借金・ローンインフォ

独身女性の貧困

独身女性の貧困率が男性に比べて高いというニュースがありますが、やはり景気も悪く、男性よりも給与の面で恵まれない面もあって、貧困層に属すると考えられる女性は少なくないようです。
なかには税金を滞納して差し押さえを受けたり、周りの人から経済的に援助を受けてなんとか凌いで生活している人もいるようです。
posted by mabou at 17:48 | 借金・ローンインフォ

スペインの歳出抑制

ヨーロッパでは金融不安がひと段落といったところでしょうか、そんな中、スペインは歳出を抑制して信用不安を解消すべく収支改善へと努力が続いているようです。
日本でも財政収支の正常化へと消費税の増税が待ったなしとなっているようですが、歳出の抑制についても最大限の努力が必要でしょう。
posted by mabou at 00:59 | 借金・ローンインフォ

東京電力に追加支援

東京電力は追加の資本注入や賠償資金に追加の支援が必要なようで、借金が増えこそすれ減ることはないようです。
東京電力は経営が苦しいようで電力料金の値上げも行われるようですが、企業としての存続が可能なのか、これだけ経営的に苦しくなると疑問にも思われます。
posted by mabou at 21:49 | 借金・ローンインフォ

ユーロ共同債と欧州債務危機

去年は欧州債務危機の影響で世界的に株安となり、日本にとっては円高が進行して輸出企業の逆風となり経常収支が悪化するなど大変な一年でしたが、ユーロ共同債の導入など欧州債務危機の克服に向けていろんな手が打たれ徐々に信用不安も収束へと向かっているように見えます。
欧州債務危機が遠のいたのはいいのですが、日本の国債価格の下落がささやかれるほど、日本の財政事情が悪化するようでは困り者です。
posted by mabou at 23:29 | 借金・ローンインフォ

日本国債の急落?

日本の財政状況は悪化の一途をたどっているようで、今のところ国内で保有されている国債も、少子高齢化で金融資産を取り崩す高齢者が増えて入るとも言いますから安泰とはいえないようです。
こうした中、消費増税の実施がうまくいかないとなると、日本の信用は低下して国債価格の急落も予想されるようになってきて、大手銀行など金融機関も国債急落の備えて準備に追われているようです。
posted by mabou at 21:13 | 借金・ローンインフォ

家計金融資産の減少

このところヨーロッパでの金融不安から急激な円高になって、世界的に株式市況の不調などもあり、家計金融資産の減少が報じられています。
運用環境が悪化したため家計金融資産の減少は仕方のないところでしょうが、東日本大震災などの災害が続いて、経済活動も今後どうなっていくことでしょう。
posted by mabou at 07:12 | 借金・ローンインフォ

住宅ローンの貸し出し残高

住宅ローンの新規貸し出しは減少が見られるようですが、全体の貸し出し残高は増えているといいます。
新規の住宅ローンでは、変動金利型が増えているようで、低金利が続いていることの反映でしょうが、いつまでこうした低金利が続くのでしょうか。
変動金利は金利が上昇しだすと返済の負担が増加してローン返済に困る可能性もあり要注意です。
posted by mabou at 21:02 | 借金・ローンインフォ

フランス大統領選と財政出動

フランスでは野党側の大統領選候補が財政出動を主張しているようで、現在の緊縮財政路線とは異なり、ヨーロッパの金融不安の先行きにも影響しそうといいます。
こうした積極的な赤字解消策がうまくいけば、みんなハッピーと行くのかもしれませんが、ヨーロッパの信用不安が再発するようなことになれば世界経済にまた不安材料が増えると心配にもなります。
posted by mabou at 11:49 | 借金・ローンインフォ

永久国債とイギリス

イギリスも日本ほどではないにしろ債務の削減に努力している国のひとつのようで、永久国債や100年物国債などの発行も検討されているといいます。
永久国債では元本の返済が必要ないかわりに、低利の金利を支払い続ける必要があるといいますが、低金利の今の時代にあった国債なのかもしれません。
posted by mabou at 23:07 | 借金・ローンインフォ

事業者再生支援機構

東日本大震災の被災事業所の再開を支援する事業者再生支援機構が発足して、二重ローンに苦しむ事業者の再生支援に取り組むことになったといいます。
阪神大震災の後にもローンだけが残されて、新たな借金を抱え込む二重ローンに苦しむ企業や個人が続出しましたが、今回の東日本大震災の被災事業所にとっても二重ローンは事業の再開への大きなハードルになっているようです。
posted by mabou at 21:16 | 借金・ローンインフォ

四国電力の赤字

四国電力も福島第一原発事故の影響を受けて、原発の稼動が難しくなっていて、代わりの火力発電用の燃料費などがかさむことで赤字に転落するといいます。
電力会社が軒並みこうして赤字になることは問題でしょうが、原油高騰の折から赤字脱却の名案はないようにも見えます。電力料金の値上げは避けられそうにないようです。
posted by mabou at 23:22 | 借金・ローンインフォ

会社更生法とデフォルト

会社更生法の申請を出したエルピーダメモリの社債などがデフォルトになるだろうということで、当然ながら債権者にとっては回収不能となれば損害になってかぶさってくることになります。損害が重荷になって連鎖倒産というような事態が起きないように対策がとれればいいと思いますが、会社更生法に関連する騒動は当分続きそうです。
posted by mabou at 22:08 | 借金・ローンインフォ

半導体製造の大手が会社更生法へ

円高など逆風が吹いたこともあって半導体製造の大手が会社更生法の適用を申請することになったといいます。
平家物語ではありませんが、盛者必衰のたとえどおりといえるかもしれません。
どんな商売も勝ち続けることは至難の技で、どこかで躓くことを予想して準備しておくことが必要なのでしょう。借金も上手にして仕事を続けていけるように考えなくてはなりません。
posted by mabou at 22:40 | 借金・ローンインフォ

関西電力の赤字

関西電力は、原発が定期点検に入ったまま稼動ができなくなっていることで、原油の高騰が燃料代の高騰につながって巨額の赤字が発生するようです。
原発の停止は他の電力会社にとっても痛手でしょうが、原油の値段が上昇することで各社とも経営が厳しくなっていて借金も増加するところが多くなりそうです。
posted by mabou at 21:59 | 借金・ローンインフォ

ヨーロッパの民間債務

ヨーロッパの信用不安はまだくすぶり続けているようですが、住宅ローンをはじめとした民間債務の増大も経済問題のひとつとなっているようです。
借金は経済成長に必要ということですが、過ぎたるは及ばざるが如し、というように借金のし過ぎには注意が必要なのでしょう。
posted by mabou at 18:19 | 借金・ローンインフォ

金融資産保有世帯の減少?

日本は貯蓄の多いことで知られていたはずですが、金融資産のない世帯が増加しているといいます。
ということは借金している世帯が増えている可能性もあるでしょうから、アメリカなどと同じように二極化が進んでいるのではないかと思われます。
不況の長期化が、さらなる所得の二極化を進めることも予想され、借金を背負った世帯も増えるかもしれません。
posted by mabou at 07:06 | 借金・ローンインフォ

相続と借金

遺産相続で突然、財産相続してお金持ちになったというのならうれしいでしょうが、借金を残してこの世を去るケースも少なくないと思います。
借金を残されても困ります。
借金が残されたとわかったら3ヶ月以内に相続放棄の手続きをすれば、借金を返済する必要はなくなるということですから、すばやい手続きがすすめられます。遺産相続もいいことばかりではないようです。
posted by mabou at 13:11 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの債務削減

ギリシャ国債を保有する民間銀行には、債務削減に協力が要請されているようで、国債の債務削減や返済の延期など大きな経済的な打撃となってくるようです。
こうした銀行を支えるために資本注入が行われるようで、ヨーロッパにとっての信用不安の回避に役立てばよいと思いますが、借金の比率を引き下げるだけではギリシャ経済の立て直しには不十分かもしれません。
posted by mabou at 22:16 | 借金・ローンインフォ

アイスランドの経済回復

金融危機に見舞われてヨーロッパの金融機関が多数立地していたアイスランドも大きな打撃を受けたわけですが、債務の返済をあきらめ、自国の通貨を切り下げて輸出を増やして経済回復への起動に乗ってきているようです。
やはり思い切って債務を減らして一から出発するという借金漬けからの脱出が功を奏したのでしょう。
posted by mabou at 00:20 | 借金・ローンインフォ

東京電力の赤字

東京電力は福島第一原発事故に絡んだ賠償や、原発に変わる火力発電の燃料代などがかさんだそうで、赤字決算が続いているようです。こうして赤字が続けば、国有化するくらいしか事業の存続が難しくなるのではないかと心配されます。
どんな巨大企業も借金が続いてはやっていけないということでしょう。
posted by mabou at 07:03 | 借金・ローンインフォ

オリンパスの損失隠しと赤字

オリンパスの損失隠しは、広く知れ渡り、損失隠しに絡まない赤字もあるようで、タイの洪水や円高の進行などを受けて赤字決算となっています。
多くの企業が円高や震災、タイの洪水などの悪影響で業績が低迷していますから、オリンパスだけが赤字というわけではありませんが、これからの巻き返しに期待したいところです。
posted by mabou at 22:53 | 借金・ローンインフォ

アメリカの財政赤字

アメリカの財政赤字は巨額ですが、減少に転じたということで、日本も同じく赤字に悩んで借金減らしに四苦八苦しているわけですから、なんとか財政赤字を減らしていく役に立つ情報が得られるといいと希望しています。
国の借金が増えて困るのは、ヨーロッパの金融不安の情勢を見ていればよくわかるわけで、借金減らしにアメリカのやり方で参考になるところは見習っていく必要があるでしょう。
posted by mabou at 22:43 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの債務

ギリシャでは来月も多額の債務の期限が来るということで、債務不履行の回避に向けて支援が議論されているようですが、ヨーロッパの金融不安はなかなか払拭されないようです。
円高によって日本の貿易収支は悪化しているようで、貿易立国としての立場も危うくなるかもしれないといいますから日本にとっても気になるギリシャの債務削減といえるでしょう。
posted by mabou at 12:13 | 借金・ローンインフォ

金利の操作?

ロンドンや東京の銀行間取引の金利を銀行が操作していた疑いがあるとして操作が始まっているようですが、金利の操作ができるとすると銀行はかなりの利益を手にすることが可能かも知れません。
自分の給料を自分で変えていくという感じになるのでしょうか?金利で利益を上げていくことが銀行の仕事のひとつでしょうから、金利の操作は株で言えばインサイダー取引のようなものになるのでしょうか?
posted by mabou at 07:40 | 借金・ローンインフォ

インサイダー取引と役人

インサイダー取引を巡ってはいろんな取引が後を絶たないようですが、役人が再建計画を知って、銀行に大手の会社への融資を働きかけたうえ、株を購入していたというインサイダー取引はびっくりさせられます。
こうした自分の立場を利用して株の売買で利益を上げようという考えには同調しかねます。
これでは株式の売買取引への一般投資家の参加意欲は削がれてしまうでしょうから、株式市場の低迷にも拍車がかかりかねないと思われます。
posted by mabou at 20:56 | 借金・ローンインフォ

アメリカの財政赤字

日本は貿易黒字国から赤字国へと転落する傾向が指摘されているようですが、アメリカの財政赤字もなかなか縮小していかないようで、日本同様、財政赤字の減少に四苦八苦しているようです。
アメリカ国債の格付けをもとのように引き上げるには財政赤字の削減を進めていかないと難しいのだろうと思われますが、日本にとってはドル安円高は貿易赤字に結びつく可能性があり、あまり有難くない話のようです。
posted by mabou at 11:50 | 借金・ローンインフォ

ギリシャ債務問題とユーロ

ギリシャの債務問題はなかなか安定しないようで、懸念が広がると円高でドルも安くなるという為替不安定化にもつながっているようです。
ギリシャの借金削減交渉がどうなっていくのか、みんなが注目していますが、日本の借金ははるかに巨額といいますから自分の借金の心配をどうするのか不安になります。
posted by mabou at 07:39 | 借金・ローンインフォ

韓国の家計の負債

韓国の家庭の借金は想像するより多いようで、当局も家計向けの融資を増やし過ぎないように銀行に抑制を求めているといいます。
家計の借金が増えすぎることは国の経済にとってもリスクとなると考えているようで、借金のし過ぎを抑制していく方向のようです。日本はどうなのかと心配になるところですが、日本の家計は貯蓄好きの国民性があるので安心できるのでしょうか。
posted by mabou at 15:23 | 借金・ローンインフォ

ヨーロッパの金融不安

ヨーロッパではユーロ安が一服して市場も落ち着きを取り戻しつつあるように見えますが、今度はポルトガルの国債利回りが上昇してきて、まだまだ市場の動揺は落ち着きそうもありません。
支援策によって落ち着きを取り戻すのか、あるいは借金の多い国の国債利回りの上昇がユーロ安など金融不安を引き起こしていくのかの正念場を迎えているのでしょう。
posted by mabou at 22:17 | 借金・ローンインフォ

アメリカの低金利

アメリカの景気はまだまだ回復基調に乗り切れていないようで、ヨーロッパの金融危機など不安材料が多すぎるようです。したがって金利は予定よりも長期にわたって低金利のまま据え置かれることになったということで、ドル売りが加速するのではないかといわれています。
そうすると貿易赤字に転落した日本経済にも、輸出の減少という形で影響が出てくる可能性があるでしょうから、借金に苦しむ日本にとってはあまりいいニュースとはいえないようです。
posted by mabou at 06:41 | 借金・ローンインフォ

東日本大震災と貿易赤字

東日本大震災の影響で輸出は減少し、さらにタイの洪水被害など日本企業が輸出を減らしたのと好対照ですが、原発の稼働率が低下して火力発電用の原油輸入が増加して、石油価格の高騰もあって輸入は増加したため、日本の貿易収支は去年は赤字になったといいます。
折からの欧州債務危機で円高になっていることも輸出を減らして輸入を増やすことになることから貿易赤字が続くとの見方もあるようです。貿易立国である日本は借金も膨大ですが、将来はどうなっていくのでしょう。
posted by mabou at 23:50 | 借金・ローンインフォ

中国経済の失速?

高度経済成長を続けてきた中国も、欧米諸国と同様に、リーマンショックや今回の欧州金融不安の影響が大きいようで、経済促進策をとって来て、インフレの懸念が高まっていることもあって、経済成長にブレーキがかかってきているようです。
欧州諸国への輸出が多い中国としては、欧州の景気停滞の影響も大きいようですが、世界経済を引っ張るほどに成長した中国経済の行方が注目されます。
posted by mabou at 11:00 | 借金・ローンインフォ

日本の財政健全化計画

ヨーロッパでは信用不安が進行してユーロ安が進むなど、世界経済に大きな影響を与えているようですが、日本の財政赤字も巨大で、財政健全化の遂行に向けて取り組んでいかなければ、ヨーロッパと同様、格付けの引き下げなどの深刻な状況に落ち入ることになるのかも知れません。
早急に国の借金減らしに努力して、歳出を減らし、歳入を増やす取り組みがもっと必要とされるでしょう。
posted by mabou at 23:09 | 借金・ローンインフォ

大槌町漁協の破綻

東日本大震災では多くの企業が被災していますが、その中のひとつ、大槌町漁協は震災前から借金が多く、被災後も支援を受けられない状態に変わりは無かったようで、とうとう事業継続をあきらめて破綻にいたったといいます。
東日本大震災関連の倒産は今後も続くのでしょうが、救済策も早急に考えられるべきでしょう。
posted by mabou at 22:30 | 借金・ローンインフォ

フランス国債の格付け

アメリカの格付け会社はフランスの長期ソブリン債の格付けを引き下げしたようで、ヨーロッパの信用不安はとどまるところを知らないように見えます。
一方のドイツは借り入れも予想より少なくて済んだようで、ユーロ安が幸いしているようにも見えますから好対照ともいえそうです。
借金が多いとつらいのは個人も政府も同じことなのでしょう。
posted by mabou at 21:43 | 借金・ローンインフォ

ドイツは好調?

ドイツ政府はほかのヨーロッパ諸国とは少し違うようで、借り入れ予定よりも実際の借入額は低く抑えられ、税収が思ったより増加しているといいますから、借金に苦しむ日本としてはお手本になるのかも知れません。
ドイツもほかのヨーロッパ諸国を無視するわけにはいかないでしょうが、日本としては国の債務危機を避けるためにどうすべきかをもっと真剣に考える必要がありそうです。
posted by mabou at 07:43 | 借金・ローンインフォ

欧州中央銀行の金利

ギリシャに端を発する欧州金融不安の中で、資金を供給する欧州中央銀行の金利は低いままの据え置きとなったようで、更なる金利引き下げの可能性はあるものの、いちおう経済状況の安定化の兆しは見られるという状況のようです。
重債務国の国債も入札は一応順調のようで、このまま経済が安定化に向かって金融危機の広がりが抑えられればよいのでしょうが、借金がとてつもなく多い日本としては借金を減らす努力を続ける必要があるでしょう。
posted by mabou at 07:33 | 借金・ローンインフォ

ドイツ国債の利回り

ヨーロッパの信用不安が広がる中で、とうとうドイツの新規国債がマイナス金利になったといいますから、よほど投資家は安全重視で資産運用に転じているようです。
マイナス金利ということは、ドイツ政府は借金をしているのに、お金を借りる側から金利をもらえるという、普通では考えられない状況です。
日本のように国債の金利支払いに追われている国から見ればうらやましい限りといえるでしょう。
posted by mabou at 21:25 | 借金・ローンインフォ

格安航空会社の就航

今間で日本ではなじみがなかった格安航空会社の就航が相次いでいるようで、海外からの観光客の増加も期待され経済活性化への期待が膨らんでいるようです。
格安航空会社は経費削減に努力しながら、かつ安全面での懸念が出ないように経営努力をしていってもらう必要があると思われますが、観光客などが増加してお金が落ちていくようであれば経済的にもプラスになることでしょう。
posted by mabou at 20:48 | 借金・ローンインフォ

ハンガリーの格付け引き下げ

ハンガリーの経済政策が評価されないようで、格付けが引き下げられて投資不適格のレベルになってしまうといいます。
ヨーロッパの信用不安の影響も大きいと思いますが、ハンガリーとしてはさらに資金繰りが悪化することになりかねないでしょうからことは重大でしょう。
ほかにもヨーロッパで財政赤字に苦しむ国はあるでしょうから、早急に借金減らしが求められます。
posted by mabou at 23:57 | 借金・ローンインフォ

アメリカコダック社の破産か?

コダックといえばフジフィルムと並んで、インスタントカメラを作ったりお馴染みの会社ですが、IT化でフィルムも使うことが少なくなったせいかどうかは分かりませんが、業績は火の車のようで、特許技術の売却で破産を避けようとする動きもあるようですが、破産が避けられないという見方もあるようです。
時代の変化は急激で、ついていけない企業は倒産していくしかないのかもしれませんが、借金に負けない強みを持てるように普段の準備が求められているのでしょう。
posted by mabou at 23:31 | 借金・ローンインフォ

日本の半導体産業は?

日本の半導体産業は、円高や製品価格の下落など経営環境は厳しさを増す一方で、融資の返済などに窮して資金援助が必要になっているといいます。
借金なしに企業経営は難しいのでしょうが、リーマンショックをはじめ経営環境は激変することもあり、経営者にとっても不況の到来は借金の重みがよりいっそう負担になることでしょう。
posted by mabou at 20:42 | 借金・ローンインフォ

スペインの赤字

ギリシャから始まったとされるヨーロッパの債務危機は、借金が多い国を中心に他の国にも波及していて各国とも赤字減らしに懸命ですが、スペインも目標としていた赤字の削減が思うように進まないようで、緊縮財政だけでは借金減らしに限界もあるのかも知れません。
緊縮財政では企業や個人の経済活動が停滞して、税収が減少するため借金減らしには逆効果となる面もあるため慎重な経済政策が必要と思われます。
posted by mabou at 11:27 | 借金・ローンインフォ

ギリシャ債務危機とEU大統領

ギリシャ債務危機はヨーロッパ全体の信用不安にまで広がりつつありますが、EU大統領の調整力は評価が高いようで再選されて続投することが決まっているようです。
イタリアやフランスといった国にまで信用不安が広がって、ヨーロッパ連合だけの問題ではなくなり世界的な金融危機へと発展させないためには日本も協力していく必要があるでしょう。
日本の借金はイタリアなどに負けないくらい巨額といいますから、国債の発行も安易にはできないと思われます。
posted by mabou at 10:19 | 借金・ローンインフォ

借金大国日本

日本の財政は火の車で、借金を減らしていく必要があるのに、来年も国債便りの予算編成で借金はさらに膨らんでしまうようです。
これでは日本に注目する外国からも信用を失ってしまいかねない危険性があると心配されます。日本の国債の信用が失われることはヨーロッパの債務危機のような危機的な状況を招きかねませんから、早急に借金減らしの努力をするべきでしょう。
posted by mabou at 01:24 | 借金・ローンインフォ

ロシアの金利引き下げ

これまでは新興国ではインフレ懸念から利上げが続いていたようですが、ここにきてリーマンショックに続いてヨーロッパでの債務危機が信用不安につながって景気は停滞し、新興国でもブラジルに続いてロシアも金利の引き下げに踏み切ったようです。
金利の引き上げはここにきて見られなくなり、世界的な景気の停滞をどうやってやり過ごすのか各国とも模索を始めているようです。
posted by mabou at 23:44 | 借金・ローンインフォ

焼肉チェーン店の債務超過

腸管出血性大腸菌の感染で多くの感染者を出した焼肉チェーン店は、被害者への補償や治療費などのほか、取引先や銀行などへの債務もあって、債務超過となっているようで、特別清算の申し立てをしていたようです。
このたび買収先の企業が決まったようで、全店舗を売却する予定のようですが、それでもかなりの債務が残ってしまうようです。
posted by mabou at 23:21 | 借金・ローンインフォ

イタリアの財政再建策

イタリアは深刻な債務危機の打開に向けて、新しい内閣が増税と歳出削減などによる財政再建策を進めているようで、日本も負けずに債務削減への歩みを確かなものとしてほしいものです。
つまるところ財政再建には、支出を抑えて収入を増加させることしかないようで、増税や緊縮政策が必要になってきそうです。
posted by mabou at 01:39 | 借金・ローンインフォ

東京電力の赤字回避?

東京電力は福島第一原発事故の後、火力発電への切り替えや原料費の高騰などで経費がかさみ、赤字に転落しているそうで、黒字転換のためには電気料金の引き上げが必要ということです。
こうなってくると東京電力の借金が増えていって倒産という事態にならないのか心配ですが、原子力発電のリスクは大きいものだというほかなさそうです。
posted by mabou at 01:34 | 借金・ローンインフォ

スペインの歳出削減

スペインもイタリア同様、国債の価格が低迷して利回りが上昇しているそうで、次期首相は大幅な歳出削減を予定しているようです。
日本も国債の格付け引き下げの予定もあるようで、他国の出来事と傍観しているわけにはいかない巨額の財政赤字が続いていますから早急に借金減らしのための歳出削減に着手すべきでしょう。
posted by mabou at 23:03 | 借金・ローンインフォ

▲このページの先頭へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。