スポンサードリンク

ギリシャの債務削減

ヨーロッパでは債務危機の収束に向けた努力が続けられていますが、ギリシャについては民間銀行が持つギリシャ国債については債務削減が行われていますが、さらに欧州中央銀行などが保有するギリシャ国債についても債務の削減が行われる可能性もあるようです。
ヨーロッパの債務危機は世界中に影響しているわけですが、この先どうなるのか予断を許しません。
posted by mabou at 22:50 | 借金・ローンインフォ

国債利回りの低下

ヨーロッパの金融不安は世界中を巻き込んで注目を集めていますが、スペインなどの国債利回りが上昇したことで危機感が募ったのでしょうか、欧州中央銀行の総裁があらゆる手段を使ってユーロ圏の債務危機を打開する用意があると発言したことが好感されて、スペインやイタリアの国債利回りが低下したといいます。
ユーロ圏の激震が世界中を不安に陥れている現状がいつまで続くのか心配になります。
posted by mabou at 23:33 | 借金・ローンインフォ

スペイン国債利回りの上昇

ヨーロッパの債務危機は収束する気配が見えず、スペインが金融支援を要請するとの観測から国債価格が低下して利回りがさらに上昇しています。
スペイン同様、債務危機に直面しているイタリアでも国債の利回りが上昇するなど、債務危機の同様が世界中を駆け巡っているといえそうです。
posted by mabou at 20:52 | 借金・ローンインフォ

ドイツ国債の格下げ?

ユーロ圏の債務危機が再燃しており、ギリシャなど債務危機に瀕している国々だけでなく、ドイツなどの格付けが最上級にあった国々も影響を受けることが懸念されて格付けが引き下げられる可能性もあるようです。
これによってユーロ安が進めば、円高となる日本は貿易収支の悪化などで景気がさらに悪化する恐れもあると思われますから、ヨーロッパの債務危機が落ち着いてもらわないと困るでしょう。
posted by mabou at 12:56 | 借金・ローンインフォ

債権買取進まず

東日本大震災で被災した中小企業の2重ローン問題の解決に向けて債権買取が進められていますが、実際に債権買取が決まった件数は少数にとどまっていて、2重ローン問題の解消には程遠いようです。
中小企業に対する金融機関の債権を買い取って中小企業の返済を一時的に猶予させようという試みは進捗しないままのようで、被災地の中小企業にとっては期待はずれといえるかもしれません。
posted by mabou at 20:20 | 借金・ローンインフォ

450年前の借金

ドイツでは450年も前の借用書が見つかったそうで、金利をつけていくと借金は膨れ上がって巨額になっているといいます。
借金が今返せるかどうかは分かりませんが、利子が積もり積もるとすごい金額になるものだと変に感心してしまいました。複利なのか単利なのか気にかかるところですが、昔はどうだったのでしょう。
posted by mabou at 20:41 | 借金・ローンインフォ

ライボー不正操作

ロンドン銀行間取引金利が不正に操作されていたという事件で、イギリスだけでなくドイツやフランスの銀行も不正金利操作に絡んでいた可能性があるらしく操作中といいます。
こうした金利の不正操作には以前から懸念が表明されていたようですから、この際、徹底的に操作をして不正に関わった人については厳正な処分がなされるべきでしょう。
posted by mabou at 20:24 | 借金・ローンインフォ

買い替えローン

日本の住宅は値下がりが止まらないようで、大きな借金をして住宅ローンを組んでマイホームを購入したのに、買い替え使用と思うと残ったローンの値段にもならないというケースも多いようです。
そうした場合に売却額と新たに組むローンの差額も含めて融資してくれる買い替えローンもあるので、無理なく返済できるようなら一考に価するかも知りません。
posted by mabou at 16:24 | 借金・ローンインフォ

スワップ金利の逆転

これまでは低金利の円を売って高金利のドルなどを買うことでスワップ金利が手に入ることになっていたのが、ユーロ危機の影響でユーロの金利低下が進んでついに円との金利が逆転してスワップ金利の逆転が起こったというわけです。
はなからスワップ金利狙いの人は少ないとは思いますが、スワップ金利が逆転したことは覚えておく必要があるでしょう。
posted by mabou at 22:48 | 借金・ローンインフォ

期間短縮型と返済額軽減型

住宅ローンの金利は低金利が続き、マイホーム取得に踏み切る家庭も少なくないと思いますが、いくら低金利とはいっても巨額の借金を抱え込むことになります。
余裕資金があれば住宅ローンの繰上げ返済が返済額の軽減に効果的といいます。
繰り上げ返済の開始を早めにすると金利の支払いが少なくなります。
繰り上げ返済の方法は大きく分けて期間短縮型と返済額軽減型があり、余裕があれば期間短縮型で返済金利を減らす効果を大きくしていく方がよいのでないかと思います。
posted by mabou at 22:37 | 借金・ローンインフォ

イギリスの金利低下

イギリスの景気減速は深刻なようで、金融当局は景気対策の一環として融資促進策を打ち出しているようです。
中央銀行が低金利の融資を行い、銀行などが低金利の資金を借り入れできるように資金を供給していくようです。
しかし、融資が増えないのは需要がないからとも考えられ、資金供給すれば融資が増えるとも限らないようで、金融当局にとっても難しい局面といえそうです。
posted by mabou at 22:08 | 借金・ローンインフォ

住宅ローン金利の低下

ヨーロッパでは金融不安から金利が上昇して、資金繰りが大変と言うのに、日本では円高が進み、金利は低下しています。
住宅ローンは金利が低下し、銀行間の競争もあって借り手にとっては借りやすい状況になっています。長期金利の低下はまだ当分は続きそうですが、住宅ローンは長期にわたる借り入れになりますから金利の上昇には注意が必要です。
posted by mabou at 22:35 | 借金・ローンインフォ

ロンドン銀行間取引金利の不正問題

ロンドン銀行間取引金利の不正については、以前から懸念が持たれていたようで、金利設定プロセスの透明性の向上などが求められていたようです。
やはり不正申告の可能性が持たれていたのでしょうか、申告銀行の調査なども検討が必要とされていたようで、まさにチェックが入らないところ、やりたい放題が心配されるのはどこの国でも同じことのようです。
posted by mabou at 23:26 | 借金・ローンインフォ

長期金利の低下

日本は異常な低金利が続いていると言われているのに、それでも長期金利は低下傾向にあるといいますからどうなっているのかよくわかりません。
国債が買い込まれているそうで、金利の方は新発10年物国債の利回りが下がっているといいます。
住宅ローンを抱える身としては金利の動向が気になりますが、これだけ低金利が続くならば変動金利の方が有利なのかもしれません。
posted by mabou at 15:32 | 借金・ローンインフォ

ロンドン銀行間取引金利の不正

ロンドン銀行間取引金利の不正操作が大きなニュースとなっています。
このLIBORと呼ばれる金利は世界中の金融取引に影響を持ち、大きな影響力を持つことからその金利を不正に操作することは巨額の利益に結びつくのではないかと思われます。
実際に金利を高く報告して市場において利益を上げたのではないかなど、いろいろと疑惑は指摘されているようです。
posted by mabou at 23:01 | 借金・ローンインフォ

ゆうちょ銀行による住宅ローン?

ゆうちょ銀行は運用先が国債に偏っていて住宅ローンへの参入を検討中といいます。
民間金融機関との競合になるのか、競合を避けるのか、よく分かりませんが、民間の住宅ローンを補完するように年収の低い人への住宅ローンを考えているとなると貸し倒れのリスクも高くなると予想され、日本版サブプライムローンとなってくる可能性もあるようです。
posted by mabou at 14:47 | 借金・ローンインフォ

ロンドン銀行間金利の不正操作

ロンドン銀行間金利の不正操作が大きな問題になっているようです。
これは世界中の貸し出し金利に影響を与えている金利ですから、不正に操作することで利益を誘導していたとすれば大問題でしょう。
金利の決定にもいろいろな要因が入り込む余地があるようで、人間のやることに完全ということはないのでしょう。
posted by mabou at 17:22 | 借金・ローンインフォ

消費者金融の倒産続く

グレーゾーン金利が違法とされてから過払い金返還が大きな負担となっている消費者金融の業界ですが、また過払い金返還が重荷となって破産する消費者金融のニュースが流れています。
負債の多くは過払い金の債権といいますから、消費者金融にとっては貸し出し金利が違法とされたことが大きなダメージとなっているのは間違いないでしょう。
倒産すれば過払い金の支払いも大きく減額される可能性があるようです。
posted by mabou at 07:45 | 借金・ローンインフォ

中国の金利引下げ

中国では輸出先のヨーロッパで金融不安が続いていることもあって景気の先行きが心配され連続して金利の引き下げが行われているようです。
経済成長の下支えをするために利下げは仕方のないところでしょうが、世界中で利下げが続いているのも景気の悪い話と言えるかもしれません。
posted by mabou at 23:13 | 借金・ローンインフォ

改正貸金業法の見直し

消費者金融など貸金業にとってきびしい改正貸金業法によってグレーゾーン金利が違法とされ、過払い金返還請求があいついで消費者金融は冬の時代を迎えたようですが、ここにきて経済状況の悪化もあり、中小事業者の資金繰りが厳しさを増しているようで、改正貸金業法の見直しが検討されているといいます。
グレーゾーン金利の引き上げや貸し出し総量規制の緩和なども検討されているといいますから、ふたたび消費者金融の利用が増えるかも知れません。
posted by mabou at 13:36 | 借金・ローンインフォ

サッカーチームと借金

サッカーチームの経営は楽ではないようで、名門といわれるチームでもその負債額は半端ではありません。
したがって、資金調達に株式上場を検討しているチームもあるようで、スポーツにもお金がかかるということなのでしょう。
借金がかさめば返済利子だけでも大変な重荷になるでしょう。
posted by mabou at 18:04 | 借金・ローンインフォ

ゆうちょ銀行の住宅ローン

ゆうちょ銀行は改正郵政民営化法が成立して、住宅ローンの扱いが検討されているといいます。
いままで自前の住宅ローンを持たず、ほかの銀行の住宅ローンを扱ってきたゆうちょ銀行にとっては厳しい状況でしょうが、民間金融機関で借りれなかったケースが多くなるとするとゆうちょ銀行の住宅ローンも貸し倒れのリスクが上昇するかも知れません。
ともあれ住宅ローンは銀行にとっては貸出金利と預金金利の金利差で収益を上げやすい分野なのでしょう。
posted by mabou at 00:05 | 借金・ローンインフォ

金利と銀行

日本は異常とも言える低金利が続いていますが、それでも銀行間で金利の違いは存在します。
例えば定期預金の金利でも大手の銀行に比べればネット銀行などで金利の高いところを探した方がいいようです。
まとまったお金を預金する場合には馬鹿にならない金利差といえますから、一応銀行間の金利差をチェックしておく必要がありそうです。
posted by mabou at 21:17 | 借金・ローンインフォ

金利の低下

国内銀行の長期の新規貸出金利は記録的な低金利にまで落ち込んだといいます。
景気を刺激するために日銀の金融緩和が行われたり、企業側での借り入れ需要の低迷が金利の低下を引き起こしているということです。
こうした誰も借り手のいない時はお金を借りて借金をするチャンスなのかもしれません。
posted by mabou at 23:30 | 借金・ローンインフォ

スペイン国債の利回り

ヨーロッパではギリシャ以外にも信用不安が広がっていて、今の注目はスペイン国債の利回りが危険水域とされる7%に達していることといいます。
国債の利回りが上昇すると資金調達は困難になりますからスペインにとっては困ったことです。借金するのに金利が高すぎて払えなくなる恐れが出てくると思われます。
posted by mabou at 06:33 | 借金・ローンインフォ

マツダの苦戦

国内の自動車メーカーではただひとつ赤字決算が続いているマツダは、低燃費技術を切り売りしながら凌いでいるといい、円高による輸出への打撃が大きな打撃ということです。
赤字がこのまま続くようなことになれば、借金が積もり積もって経営は立ち行かなくなるのかも知れませんから、なんとしても売れる車を作って借金返済を図るべきでしょう。
posted by mabou at 22:44 | 借金・ローンインフォ

中小企業金融円滑化法

中小企業金融円滑化法によって中小企業への貸付は正常債権に分類されていると言いますが、中小企業金融円滑化法が期限切れになれば、中小企業の借金は返済が苦しいものから不良債権として一気に噴出してくる恐れがあるといいます。
やはり借金は借金でいつまでも返済が猶予されるわけではないということでしょう。
posted by mabou at 16:44 | 借金・ローンインフォ

大王製紙創業家の借金

大王製紙ではギャンブルでの負けが込んで、創業家側が会社側に巨額の借金を背負うという構図になっているようで、なみの借金ではないため創業家側も保有株を売却したりして資金を作っていて、ようやく借金返済の目処がついたようです。
ギャンブルがらみの借金を作るというのは避けたいものです。
posted by mabou at 07:42 | 借金・ローンインフォ

キプロスの銀行

ヨーロッパの債務危機は続いているようですが、スペインまで飛び火した債務問題は今度はキプロスの大手銀行にも飛び火したようです。
ギリシャ国債を保有していた銀行への資本注入が必要となっているといい、ユーロ連合からの支援を受ける可能性もあるようです。連鎖的に債務問題が広がっていくのは不気味です。
posted by mabou at 07:46 | 借金・ローンインフォ

日本国債の人気

日本はご存知のとおり、先進国の中でも群を抜く借金大国なのですが、なぜか国債が人気で海外からも買われているそうです。
ヨーロッパの債務危機やアメリカの財政赤字など、ほかのところが調子が悪いためといわれますが、これだけ借金が増えてしまった日本の国債がいつまで人気を保てるのかはとても疑問になるところです。
posted by mabou at 23:33 | 借金・ローンインフォ

国際通貨基金と欧州債務危機

ヨーロッパではギリシャに続いてポルトガルやイタリア、スペインなど債務危機の国々が借金に苦しむ構図が明らかになって来ているようで、国際通貨基金は拠出金の増額を受けて融資能力を倍増させたそうです。
借金だらけの日本ですが、ヨーロッパが崩れれば次は日本の債務問題がクローズアップされる可能性もあって巨額の拠出金を出して債務危機の広がりを抑制しようと考えているように思われます。
posted by mabou at 21:10 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの選挙

債務問題に揺れるギリシャでは選挙でなんとか緊縮政策推進派が勝利したと言うことで、ユーロの下落も一旦落ち着いたようです。
しかし、まだまだ油断はできないようで、債務問題の行方が注目されます。
また、ギリシャのほかにもスペインをはじめ債務問題に揺れる国が続いていてユーロ圏の債務不安は簡単には片付きそうにありません。
posted by mabou at 10:45 | 借金・ローンインフォ

小さな政府がいい?

アメリカやイギリスではサッチャーやレーガンといった指導者が小さな政府を掲げて国家の債務削減に奮闘したようですが、やはり公共部門というものは民間の競争原理は働かないため自己増殖を繰り返して巨大化し、無駄なお金もたくさん使われることが避けられないようです。
したがって日本も公的債務削減のためには小さな政府を目指して公務員を減らせるだけ減らして経費を削減することが国民へのサービスなのだと考えてもらう必要がありそうです。
posted by mabou at 15:08 | 借金・ローンインフォ

スペイン債務危機

ギリシャから広がったというヨーロッパの債務危機は、このところスペインでの債務危機が報じられており、スペインの国債の金利が上昇して危機的状況といいます。
しかし、借金減らしに急速な緊縮政策をとることは、かえって経済の停滞を招いて借金減らしにつながらないという意見があり、赤字の削減は着実に少しずつ勧めていく必要がありそうです。
posted by mabou at 12:02 | 借金・ローンインフォ

ブラジルの利下げ

ヨーロッパの債務危機も深刻化して世界中に広がっているようで、新興国として経済が好調だったブラジルも利下げに踏み切って景気の下支えに躍起になっているように見えます。
これは中国でも経済成長が鈍化して景気の下支えが必要になっているのと似ているように見えますが、世界経済の牽引役である新興国もここにきて立ち止まってしまうのかも知れません。
posted by mabou at 21:02 | 借金・ローンインフォ

ノーベル賞も赤字?

ノーベル賞といえば超有名な賞で、日本人も受賞者がたくさん出ていますが、この賞金が減額されることになるといいます。
なぜかと言えば財団運営の経費が基金の運用利益を上回るようになってしまったようで、おそらくはリーマンショックからヨーロッパの信用不安へと続く世界的な運用難が影響しているのではないでしょうか。
赤字になってしまっては困るわけで借金するようにならないように早めに手を打ったということなのでしょう。
posted by mabou at 20:39 | 借金・ローンインフォ

スペインの銀行救済

ギリシャ、アイルランド、ポルトガルに続いてユーロ圏の支援を受けることになったスペインでは、日本でもありましたが不動産バブルがはじけて不良債権の山ができているようです。
そして日本でも行われたようにスペインでも金融システムの安定化維持のため、銀行救済に公的資金が注入されるらしいのですが、結局税金で救済されるとなるとやはり問題でしょう。
できれば経営の行き詰った銀行は一旦倒産させて経営陣を入れ替えるなどの改革が可能になる方が望ましいのかもしれません。
posted by mabou at 07:21 | 借金・ローンインフォ

ユーロ圏の支援

スペインの銀行救済にユーロ圏が支援を行うと言います。
ギリシャ、アイルランド、ポルトガルにつづく支援となるようで、ヨーロッパの債務危機はどこまで広がるのか油断ができないようです。
もちろん日本やアメリカなどのほか、新興国にも景気減速の影響は出ているわけで、借金だらけの日本としては要注意と言えます。
posted by mabou at 19:15 | 借金・ローンインフォ

スペインの金融機関

ヨーロッパの債務危機の中でもギリシャに続いてスペインの金融機関の経営安定化が必要と言われており、銀行などへの資金注入が必要になるだろうといいます。
これまでの借金経営がここに来てはじけたということでしょうか、ここから立ち直るのは大変でしょう。
しかし、グローバリゼーションの影響で世界的な経済停滞になっていることから、ヨーロッパの立ち直りが急がれています。
posted by mabou at 14:46 | 借金・ローンインフォ

借金経済の破綻

ヨーロッパの信用不安が世界株安を引き起こし、皮肉なことに借金漬けの日本の国債が買われ、円高が進行するという日本経済にとってはあまり有難くない結末になっているようです。
このもとはといえば借金経済を続けてきた国々の財政破綻が原因と言われますから借金の怖さは肝に銘じておく必要があるでしょう。
posted by mabou at 23:04 | 借金・ローンインフォ

スペインの債務危機

ヨーロッパの信用不安はギリシャだけでなく、ほかの国にも飛び火してスペインではかつての日本のような不動産バブルがはじけて建設中でストップしたようなプロジェクトもあるようです。
日本の県にあたる州の財政は火の車のようで債務危機に陥っている州も多いといいますから借金が増えて事態は深刻のようで、失業率も上昇して政府への不満も高まっているようです。
posted by mabou at 07:37 | 借金・ローンインフォ

中国の利下げ

ヨーロッパの信用不安がなかなか収束しない中、世界中で株安などが進んで景気の減速感が広がっている中、中国も利下げによる景気の下支えに方向転換が必要になるようです。
posted by mabou at 22:50 | 借金・ローンインフォ

信用保証協会の緊急制度

中小企業向けに100%の貸付を行っていた信用保証協会の緊急制度はリーマン・ショック後に導入されたと言いますが焦げ付きが多く埋め合わせは税金の投入になり国民負担となってくるわけで、とうとう廃止されることになったと言います。
こうした無駄な融資も、結局は税金を使うから審査が甘くなるのかも知れません。
posted by mabou at 20:59 | 借金・ローンインフォ

長期金利の低下

ヨーロッパの債務危機が世界中に影響して、日本の長期金利はさらに低下しているようです。
これまでも金利の低さは異常といえるのに、さらに金利が下がるのはどういうのでしょう。
日本やドイツの国債が人気を呼んでいると言いますが、日本は日本で借金が増え続けているというのに、国債が人気を呼ぶとはどうなっているのでしょう。
posted by mabou at 15:06 | 借金・ローンインフォ

住宅供給公社の破綻

神戸市では住宅供給公社の民事再生法を決めたようで、バブル崩壊による保有不動産が値下がりして含み損を抱えたり、阪神大震災の復興住宅への費用がかかったりと、悪条件が重なったことはあるのでしょうが、やはり経営上の弱点があると思われます。
posted by mabou at 22:12 | 借金・ローンインフォ

日本国債の格付け引き下げ

ずっと言われていることですが、日本の財政状況は悪化に一途をたどり、債務は増え続けているようです。
これに対して、消費税の値上げはその進み具合がはかどらないようで、財政健全化に対する政府の取り組みは十分とは評価されていないようです。
なんとかはやく借金減らしに道筋をつけないと日本国債の暴落といった事態も想定されることでしょう。
posted by mabou at 21:46 | 借金・ローンインフォ

日本郵政と住宅ローン

日本郵政はゆうちょ銀行とかんぽ生命の収益力アップを目指して、当面がん保険の分野への参入を見送り、一方で収益力を上げるために新規事業として住宅ローンへの参入を決めたといいます。
やはり低金利が続く日本ですが、自宅を購入する住宅ローンは金融機関にとっては魅力的な市場のようで、日本郵政もそこへの参入を決めたようです。
posted by mabou at 23:46 | 借金・ローンインフォ

法定利息の200倍以上の金利?

サラリーローンは灰色の金利が違法とされて大きな打撃を負った様で、銀行の傘下に下る消費者金融会社が続出しましたが、その反面、多重債務者を狙って法定金利を大きく超える金利で貸付を行っているいわゆる闇金融は静かに広がっている恐れがあるようです。
法定金利を大きく超えた金利は生活していくことも困難になるのではないかと思われ、多重債務者の救済が急務と思われます。
posted by mabou at 23:13 | 借金・ローンインフォ

サブプライムローンで株価が下落

サブプライムローンはアメリカの住宅バブルを当て込んで、住宅価格が上昇を続けるとの前提の下に住宅にローンをつけるのですが、ローンを証券化して金融工学を駆使したデリバティブなどでレバレッジをかけて世界中に売られたため、一旦住宅バブルがはじけると、大きな損失が生じるために世界中で資金調達の必要性が増して株が売られて株式市場の急激な下落が起きたとういうことです。
posted by mabou at 22:08 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの格付け

ヨーロッパの信用不安が一旦は落ち着いたと思ったら、緊縮策に対する反対もあり、再び落ち着かなくなってきました。
ギリシャでもユーロ圏や国際的な支援が続かないとなると、格付けの再度の低下も可能性があるそうで、まだまだ国の借金にからむ問題は落ち着きそうもありません。
posted by mabou at 12:35 | 借金・ローンインフォ

国の借金増大

日本の借金が先進国の中では断然多く、まもなく1000円に達するといいます。
国民一人あたりに換算すると、ひとり700万円を超える借金を背負っている勘定になるといい、家庭で言えば破産状態ではないかと思われます。
政権が変わっても借金は増え続けているようで、財政破綻を避けるためには消費税増税しかないのかも知れません。
posted by mabou at 07:28 | 借金・ローンインフォ

長期金利の低下

日本では、ヨーロッパでの緊縮政策の不人気を受けて、ギリシャに始まるヨーロッパの金融不安が再燃しかねないと、株式から債券へと資金を移す動きが加速して、株安で債券価格は上昇して、長期金利の低下につながっているといいます。
一方で、日本の国債も信用を失えば、ヨーロッパと同様に金利が上昇して価格は下落する可能性はあるわけですから注意する必要があるでしょう。
posted by mabou at 22:47 | 借金・ローンインフォ

スペイン国債の利回り上昇

ヨーロッパの金融不安は一時の落ち着きを見せたものの、再び各国での緊縮財政が評判もよくないようで、財政不安がスペインでは銀行の引当金の積み増しから銀行株が下落して、再び国債の価格が低下したといいます。
スペインでは、すでに雇用情勢の悪化から若者の失業率が上昇して問題になっているようですが、さらに信用不安が広がれば社会問題になりかねないでしょう。
posted by mabou at 22:37 | 借金・ローンインフォ

老後と資産運用

超高齢化社会を迎える日本では高齢者が老後の生活不安から資産運用に興味を持っていることは間違いないのでしょうが、サブプライムローンの問題から多くの不良債権が発生したアメリカだけでなく、ヨーロッパの信用不安も長く続いていて、結局安全資産として円へと資金が流れ込み、円高となって輸出企業には逆風となっています。
そこで円高を利用して海外へと資金シフトも起きているようで、日本人の資金が海外へと流れ出しているのも確かなようです。
posted by mabou at 00:01 | 借金・ローンインフォ

電力会社の赤字

日本はひさしぶりの原発稼動が0状態を迎えていますが、電力会社にとっては代替エネルギーでの発電が負担となっていて赤字幅が大幅に増大しているといいます。
東京電力は電力料金の値上げを行うようですが、ほかの電力会社も赤字の増大で後に続くことになるのではないでしょうか。
一般家庭にとっては、消費税をはじめとする税金の増加に加えて電力料金など公共料金の値上げになると、生活保障も年金をはじめ心もとないのにどうすればいいのか困った事態となりそうです。
posted by mabou at 23:14 | 借金・ローンインフォ

欧州中央銀行の金利

ヨーロッパは金融不安の懸念が払拭されていないようで、欧州中央銀行の金利は現状維持の低金利となっているようです。
景気減速を防ぐような景気の下支えが必要なのは言うまでもないのでしょうが、インフレも困るというところでしょうか。金利の上げ下げだけでコントロールできることではないのでしょうが、信用不安の防止には注意する必要があります。
posted by mabou at 10:56 | 借金・ローンインフォ

オーストラリアの利下げ

オーストラリアの経済は好調といわれますが、やはり世界的な不景気の影響は大きいようで、今回は大幅な利下げに踏み切って経済の活性化をはかるようです。
まるで先進国は通貨安の競争をしているかのようで、なんとか輸出を増やして雇用を増やしていきたいとの思いが強いのでしょうが、利下げをして借金して事業を拡大しようという企業が増えてくれれば万々歳でしょう。
posted by mabou at 01:05 | 借金・ローンインフォ

国債金利の上昇?

日本の財政状況は先進国のなかでもかなり悪い方のようで、信用不安が起きれば金利は上昇し、国債を購入している銀行には大きな損失が予想されるといいます。
財務体質の強くない銀行では経営に大きな影響が出るかも知れないということですから、不景気でお金の貸出先がないということで国債の購入を増やしている銀行にとっては検討課題になってくるでしょう。
posted by mabou at 08:44 | 借金・ローンインフォ

二重ローン解消問題

東日本大震災では会社や自宅が津波に流されるなどして、土地の担保価値が低下したなか、ローンだけが残って、阪神大震災の時にもありましたが、再建にお金を借りる必要もあって二重のローンがのしかかってくるという負担の問題が未だに大きな問題のようです。
ローンの減免や免除に関しての対策もとられているようですが利用は進んでいないようで、復興に向けてさらに借金対策が進む必要がありそうです。
posted by mabou at 11:12 | 借金・ローンインフォ

ジーンズメーカーの倒産

アメリカのジーンズメーカーに負けないように日本のジーンズメーカーは頑張ってきたわけですが、ここへきて低価格ジーンズの台頭もあって経営難に陥って、会社の再生もうまく行かずに倒産するところもあるようです。
借金だらけの会社が、不景気の影響もあって増えているのかも知れませんが、日本銀行の金融緩和策が少しでも効果を発揮してくれることを祈るしかありません。
posted by mabou at 20:33 | 借金・ローンインフォ

▲このページの先頭へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。