スポンサードリンク

東北関東大震災と借金

東北関東大震災では地震による揺れだけでなく津波が襲ってきて自宅を失った方も多いようで、自宅の住宅ローンが残っていてどうなるのか心配する声も多いようです。
災害被災者に復興資金がどうなるのかは気にかかるところでしょう。
阪神淡路大震災後は住宅ローンが残ったまま新たな住宅ローンを抱えることになった被災者も多かったようですから今回の東北関東大震災ではどうなるのか気になるところです。
借金だけが増えていくというのは心理的にも重荷になりますが、政府の対応が待たれます。
posted by mabou at 21:51 | 借金・ローンインフォ

借金と住宅ローン

住宅ローンは低金利が続いていることもあって変動金利を選択した方も少なくないと思いますが、今後の金利が上昇するようなことになるとローン返済に支障が出ないよう注意する必要があります。
東北関東大震災後に保険会社などが保険金の支払いなど海外資産を円に変える動きが強まったこともあり円高が進行しているため、今後の金融市場の動きに注意しておく方がよさそうです。
金利が上昇すれば返済額が高くなるためローン支払いの目途をつけておかねばなりません。
posted by mabou at 16:53 | 借金・ローンインフォ

震災と保険金

関東東北地方の大震災では、地震による被害の場合は保険金がおりないケースも生命保険会社は保険金支払いに応じるなど生活保障上のバックアップにはあるのでしょうが、自宅が被害を受けた場合は再建できるのかどうかは住宅ローンの支払いが残っている場合など厳しいかもしれません。
阪神淡路大震災の後でも住宅ローンだけが残って、新たに住宅ローンを借りて再建するなど借金が増えたケースも多かったようです。借金の怖さということができるかも知れませんが、自宅を失うと借金だけが残って困ったことになりますから要注意です。新たに自宅を建築する費用がまかなえるように保険に入っておくほうがよさそうです。
地震保険は火災保険と一緒に加入する必要があり、補償額も火災保険の50%が限度のようで生活保障としては不十分かも知れませんが借金返済の足しにはなるでしょう。
posted by mabou at 13:16 | 借金・ローンインフォ

過払い金の減額?

いわゆる消費者ローンやサラリーローンといった消費者金融会社が、以前はグレーゾーンといわれていた利息が取れないとされ、過払い金の返還により経営破綻に追い込まれている会社もあり、過払い金の返還が減額になる見込みといいます。
会社が倒産すれば当然残った財産分しか返還はできなくなるわけで消費者ローンやサラリーローンに支払った利息については返還金が減ることは避けられないといいます。
グレーゾーンといわれていた利息を払っていた方々にとっては残念ながら消費者金融会社が経営破たんすると過払い金の返還請求中の方にとっては返還金の減額になってしまうようです。
以前は各社が競って貸し出しをしていた消費者金融会社もグレーゾーンといわれていた利息が取れなくなって収益が悪化し銀行の傘下に入ったりして生き残りに懸命のようです。
posted by mabou at 17:41 | 借金・ローンインフォ

高齢化社会とローン

少子高齢化社会といわれるようになり、高齢者夫婦で暮らしたり、独居で暮らす高齢者が増えてくると、思っていたより長生きするために生活費が困ってしまうケースが増加しているようです。
生活費に困るけれど自宅は持っているという場合、金融機関が査定して自宅を担保にローンが組めるようで、リバースモーゲージと呼ばれるそうです。そのまま自宅で暮らせるため便利なローンといえるでしょう。
注意すべきは、金利の上昇や、予想よりも長生きしてしまう場合のようで、いずれも資金的に持たなくなってくる可能性があるようで、説明をよく聞いて熟慮する必要はあるでしょう。
posted by mabou at 23:22 | 借金・ローンインフォ

借金苦から犯罪?

昔からなくならないのが、保険金殺人などの犯罪で、本人は知らない間に生命保険に加入させておいて、後で保険金を受け取るというものです。
動機は借金返済に困って、借金苦で保険金殺人を犯したといいますが、本当なのでしょうか?
保険金受け取りのために養子縁組までしているといいますから用意周到で、お金が人を変えるのか、それともそういう人だから借金が積もってしまうのかよくわかりませんが、借金するにも注意が必要です。
posted by mabou at 23:44 | 借金・ローンインフォ

住宅ローン

低金利が続き、世界的な不況から日本だけの低金利ではなくなってきましたが、とりあえず住宅ローン金利も低くなっており、マイホーム取得を目指す方には追い風になっているようです。景気が悪い割にはマンション販売や建て売り販売が目立つのは住宅ローン金利が低いことも影響しているのでしょう。
ともあれ、マイホーム取得を目指している方には無理なくローンを組んで自宅を手に入れるにはいい時期なのかも知れません。
posted by mabou at 21:06 | 借金・ローンインフォ

過払い利息

グレーゾーン金利が認められなくなって、いわゆる過払い利息の返還が負担となり、消費者金融が経営破綻する事例がニュースになっており、会社更生手続きによって過払い利息の返還金はカットされるといいます。
過払い利息の返還を受けるには返還請求の書類を会社から送ってもらって会社更生手続きが開始されてから4ヶ月以内に届け出る必要があるそうです。関係のある方は注意して過払い利息の返還請求をしておきましょう。
posted by mabou at 07:37 | 借金・ローンインフォ

過払い利息と消費者金融

過払い利息の返還請求が相次ぐ中、消費者金融大手の会社が会社更生法の適用になるのではないかといわれているそうで、過払い利息の返還を少なくして会社の再建を目指すことが狙いではないかということです。
利息がいくら以上が違法になるのかはっきりしていなかったこともこうした事態を招くことになった一因でしょうから法律の怖さも示しているような気がします。もっと早い段階で利息の上限をはっきりさせた上で会社に経営努力を迫るほうがよかったのかも知れません、
posted by mabou at 22:19 | 借金・ローンインフォ

提携教育ローン

銀行が大学など学校と提携して普通の教育ローンよりも低い金利で入学金や学費などを貸し出す提携教育ローンが、改正割賦販売法の施行によってシステム投資が必要となったため負担がかかるとして中止になったということです。
元金返済を卒業後に始められるローンもあり、貸し出し金利が低く抑えられているため経済的な負担が心配な場合には便利な教育ローンといえますが、悪質商法の規制のあおりを受けた形となっているようです。
posted by mabou at 16:49 | 借金・ローンインフォ

長期金利の低下

アメリカでのリーマンショック以降、ヨーロッパでもギリシャの財政危機など金融不安が続き、日本が比較的変動リスクが少ないとみなされているようで、日本国債に人気が集まり国際価格が上昇しているといいます。
そのため新発10年物国債の流通利回りが低下しているということで、住宅ローンの金利も低下してマイホームの購入に踏み切った方も少なくないようです。ドルやユーロがこけて日本の円にマネーが逃避してきているという状態がいつまで続くかわかりませんが、住宅ローンに関しては金利が低下してかり易くなっているのは確かなようです。
posted by mabou at 07:36 | 借金・ローンインフォ

金融会社の苦戦

サラリーローンとして知られる金融各社は、貸し金業に対する総量規制が始まって業績を落としているようです。借金は年収の3分の1までとする規制のためにローンをする方は減ったようで、借金したくてもできない時代がやって来たのです。
多重債務者を減らしたり自己破産者を減らしたりする効果があるのではないかと期待していますが闇金融などに対する自己防衛法も大事なので注意して欲しいと思います。借金は返済を考えてから行うようにしましょう。
posted by mabou at 21:49 | 借金・ローンインフォ

国の借金

日本では国の借金、すなわち債務残高が900兆円を超えたそうで、政権が変わっても借金が増えるのは同じのようです。このまま借金を増やし続けることは不可能でしょうから、どこかで債務不履行がやって来るのかもしれません。そうすると国債などはどうなるのでしょうか?
財政再建をなんとか進めないと我々の生活が破綻に直面する事態に陥らないとも限りません。安易に借金ができる仕組みをなくさないとどうにもならないのではないでしょうか。
posted by mabou at 21:51 | 借金・ローンインフォ

長期金利の低下

欧米の景気が後退し、経済面での悲観論が多くなる中、日本の国債が比較的安全な投資先として買われる事が多くなって、国債価格が上昇し、長期金利は落ち込んでいるといいます。長期金利は身近なところでは住宅ローンなどの金利のもとにもなる金利で、取引期間が1年以上の取引の金利とされています。
長期金利は一般的に景気がよいときには上昇し、不況の時には低下するとされますから、景気は悪いということなのでしょう。しかし、長期金利が低下すれば住宅ローンなどの金利も下がりますから仕事が安定して収入の心配がなければマイホームなど大きな買い物をするにはよい時期かもしれません。
posted by mabou at 07:31 | 借金・ローンインフォ

日本振興銀行

日本振興銀行は中小企業専門の銀行として、貸し渋りに困る中小企業に無担保でも融資するということで登場したわけですが、金融庁の検査妨害があったということでニュースになっています。
新しいビジネスモデルの構築が簡単ではないのはわかりますが、新しい経営陣も決まったそうなので、もう少し頑張って中小企業の役に立つように銀行融資業務の継続を期待したいと思います。
posted by mabou at 11:47 | 借金・ローンインフォ

国の財政再建

日本の借金は限界を超えているともいわれ、財政再建の必要性が叫ばれてから久しいと思います。しかし、結局税収を増加させるほか妙案は出てこないようです。高齢化社会の進展で社会保障費は伸び続ける一方で国債の発行に頼っていてはいつかはギリシャの財政破綻の二の舞になりかねません。
結局、借金漬けを解消するには税金での税収を増やすしかないということのようです。節約の方法は高齢化社会では社会保障費が増加して難しいようです。
posted by mabou at 17:30 | 借金・ローンインフォ

小資金で毎日金利収入

巷で人気のFXを使って金利収入を得ようという野心的な投資法のようです。FXはレバレッジをきかすため外貨預金の数倍のパワーでマネーがゲットできる場合もあるのです。
借金だらけで身動きできなくなる前にお金儲けに務めるのもマネーの秘訣といえるかもしれません。



posted by mabou at 09:22 | 借金・ローンインフォ

改正貸金業法便乗商法

改正貸金業法の完全施行でお金が借りられなくなり困った人たちをターゲットにした悪質商法も見られるようになっているようです。
借金は年収の3分の1以下に制限することになって、借金に必要な保証人を紹介する保証人紹介で手数料を取ったり、ショッピング枠の現金化というクレジットカードを使って商品を購入させたり、お金儲けの情報を売ったり、携帯電話の名義貸しのために携帯電話の契約をさせたり、あの手この手で悪質商法は迫ってくるようです。
借金する際はよほど注意してかからないといけません。
posted by mabou at 08:41 | 借金・ローンインフォ

改正貸金業法施行

改正貸金業法が施行されることで緊急時の少額融資が受けられなくなって困窮する事態が起きかねないと心配されています。
改正貸金業法では年収の3分の1以上の借金がしにくくなって、多数の金融業者から借金をしているいわゆる多重債務者は数の上では減少しているそうです。
借金漬けの人を減らすという効果は現れているようですが、借金する必要に迫られている人が借金できなくなるのも問題です。
posted by mabou at 23:18 | 借金・ローンインフォ

資産流出

商工ローン大手のSFCGからの資産流出問題で、元SFCG会長の親族が経営する会社に資産が流出したといわれています。
中小企業向けの融資で有名な商工ローンは利息制限法の上限を超える利息を取っていたともいわれ、問題が多いようですが、今度は資産隠しが疑われているということで、借金にまつわる裏話がまだまだ出てきそうな雰囲気ではありそうです。
借金したら利息が法外なものでないかチェックしておきましょう。
posted by mabou at 14:27 | 借金・ローンインフォ

JALの再建案

経営再建にせまられている日航は会社更生法の適用を受けて更生計画の提出をするわけですが、路線削減や早期退職者の増加など一時的とはいえ損失が膨らむといいます。
企業再生支援機構が債権者との協議を進めているようですが、銀行側からは再建の厳しさを指摘する声が上がっているようで、日航の資金繰りは大変ということです。会社更正法から破産法に移行する可能性もあるといいますから、赤字からの脱却は簡単ではないようです。
業績のV字回復目指して赤字脱却を図って欲しいと思います。
posted by mabou at 07:39 | 借金・ローンインフォ

日本振興銀行の金利

日本振興銀行は、中小企業向け融資を専門にして業績を伸ばしたものの、ここ数年は景気が悪化して赤字経営になっていたといいます。さらに出資法で定められた上限金利を上回る高金利で貸し出しを行っていたといわれ、債権回収のビジネスでも違法な行為が問題になっていたようで会長の木村剛氏が経営責任を取って辞任しています。
高利貸しや闇金融の弊害を減少させようとしていたはずが、いつの間にかミイラ取りがミイラになっていたようで金利に対する注意がお金を借りる側には必須なようです。
担保を取らずに融資するというスキルが日本の銀行には不足しているようです。
posted by mabou at 01:01 | 借金・ローンインフォ

法定金利

借金やローンには法外な金利を取ることを禁止しており、法定金利というものがあります。しかし、貸し金業者のなかにはこの法定金利を守らず、高い金利を取っているところもあるようで、高利貸しが見つからないように架空の会社へ利息を現金書留で送らせていたといいます。
結局高利貸しは無くなることはないのかもしれません。よっぽどお金を貸してもらう際には注意して貸し金業者を選ぶ必要がありそうです。
posted by mabou at 12:13 | 借金・ローンインフォ

日本の財政赤字

日本の財政赤字は巨額で、国債発行で不足を補う借金体質が続いています。今回のギリシャ問題でユーロの価値が暴落したように、日本でも国債の価値が暴落して長期金利が上昇するかもしれません。
長期金利の上昇は、住宅ローンの変動金利が上昇してローン返済に困るだけでなく、企業の業績を悪化させるといいますから、経済に与える影響は大きいといえます。ローンを抱えている方は特に注意が必要でしょう。
posted by mabou at 08:10 | 借金・ローンインフォ

不動産活用ローン

55歳を過ぎたら不動産活用ローンで借金するのも一法です。不動産の評価額をもとにしてお金が借りられます。自宅の場合はそのまま住んでいてよいので助かります。
自宅を売却して資金を作る必要がないのですが、事業や投機目的には使えないそうです。
しかも普通預金があれば、ローンの残高から普通預金の残高を差し引いた残りの金額の利息を払えばよいそうです。
東京スター銀行の不動産活用ローン「充実人生」でお金の問題が解決するかもしれません。
posted by mabou at 06:53 | 借金・ローンインフォ

口蹄疫と農家の借金

口蹄疫は家畜の伝染病で牛や豚など偶蹄類に感染し、その感染力の強さで今、宮崎県で大きな問題になっています。
畜産農家の債務返済が困難になっているところもあるようで、金融機関に対して債務返済猶予に協力するよう要請がなされています。借金が返せなくなって困っている農家もあるでしょうから、補償をどうするかも今後問題になってくると思われます。借金に負けないで頑張って欲しいと思います。
posted by mabou at 22:18 | 借金・ローンインフォ

日本の財政状態

ヨーロッパでは、ギリシャの財政悪化がユーロ安を引き起こしているようで、株価が急落したり大変です。
日本やアメリカなど各国が協調して支援するということですが、ギリシャの税収不足や公務員給与の優遇などで赤字は大きな問題といいます。
しかし、日本の財政赤字も問題で借金まみれの実態は同じような問題を引き起こす可能性があり、国債の発行に頼った予算編成を改めなければ借金漬けの国家予算は破綻するかもしれません。借金だらけで破産してもおかしくないような状態から脱出するために緊縮財政や税収増が必要とされています。
posted by mabou at 01:38 | 借金・ローンインフォ

貸金業法改正と主婦

貸金業法改正によって借金は年収の三分の一までとなるため、原則的に収入のない場合は借り入れができなくなります。そこで、クレジットカードでキャッシングしていた主婦は困っているといいます。消費者金融も同様に借り入れができなくなるわけで、主婦の方は借金に追い詰められる可能性もあるようです。
これから新たな借金漬けの主婦は減るのでしょうが、これまでに借り入れを繰り返してきた主婦はどうすればいいのか、この問題の解決策が打ち出されていないようで、何らかの救済策が必要なのかもしれません。
posted by mabou at 11:45 | 借金・ローンインフォ

国際協力銀行

リーマンショックに続く金融危機の影響で国際協力銀行は海外の日系企業への融資を増やして支援しているそうです。銀行も企業がピンチのときは融資を増やしていて、金融危機に際していろんな支援策を行っているようです。
その後も不況は長引いており銀行など金融機関にはさらなる奮闘努力が期待されていると思います。企業の資金繰りを円滑に回らせることへの支援もお願いしたいところで、中小企業など経営環境は未だに厳しいと思われます。
posted by mabou at 12:52 | 借金・ローンインフォ

国の財政再建

日本の国家財政は借金まみれという事実があるようで、今後は財政赤字を減らすために財源を確保することなく新たな事業を起こさないような工夫などを進め、赤字を縮小させ国家財政の均衡化をはかって、最終的には財政の黒字化を目指さなければならないということです。
ひとつの問題は支出を抑えることは借金減らしに当然必要として、収入の増加をはかることが税収の落ち込みもあって不透明ということでしょうか。税金の収入を増やすために消費税率の引き上げがやむなしという方向になっているようです。
世界的な不況の影響もまだ残っていますし、日本の少子高齢化の進展という事情もあって先行きはまだまだ不安なようです。
posted by mabou at 07:39 | 借金・ローンインフォ

復活融資マニュアル

金融業会でブラックリストに載るような方でも融資が受けられるって本当でしょうか?
私には信じがたいことですが融資の裏技がありそうです。あとはあなた自身が借金可能かどうかお確かめ下さい。
借金の方法もさまざまですが、返済法も忘れずに考えてください。借金は返済することを考えてしないと大変ことになりかねません。

復活融資マニュアル 販売終了間近! 自己破産者でもOK!20以上の極秘融資法!即金!保証人不要!金融ブラックOK!超低金利!大口融資可能!借金完済&借換!起死回生の融資術!

posted by mabou at 20:16 | 借金・ローンインフォ

アイルランドのバブル

住宅バブルの崩壊に苦しむ国は日本だけでなく、遠く離れたアイルランドでも同じようです。
アイルランド政府は大手銀行から不良債権を買い取って損失の拡大を防ぐという構想だそうで、株で言う損切りのような考え方といえそうです。
いろんなところで住宅バブルがはじけていますが、次はどこなのでしょうか。また、住宅バブルを防ぐ手立てはないのでしょうか。大きな借金をして住宅を購入するわけですからバブルに踊らされない方が有難いのですが。
posted by mabou at 21:55 | 借金・ローンインフォ

新規国債

今年も国の歳入は半分近くが新規国債頼りの借金漬けの予算となったようです。民主党の見通しは甘かったようで、とても節約で追いつくような次元の話しではないほど日本の財政赤字はひどい状態にあるということなのでしょう。
普通は金がなければ使わない、あるいは使えないのですが、国民に国債を買ってもらう形で金を使うというのですから、蛸が自分の足を食べて生きていくという話しにそっくりです。
このままでは早晩立ち行かなくなるでしょうから、借金減らしの方策を早急に考える必要があるでしょう。
税収はこの不景気で増える見込みはありません。歳出削減に大鉈を振るうしかないのではないでしょうか。
posted by mabou at 22:03 | 借金・ローンインフォ

ニューヨーク州の財政赤字

ニューヨーク州の財政赤字の原因のひとつに肥満とそれに伴う生活習慣病などによる医療費の高騰が槍玉に上がっているようです。そこで、糖分の多い清涼飲料に税金をかけて財政赤字削減の一助にするとともに、医療費の削減にもつなげようという試みのようです。
健康的にみんながなって赤字も減ればよさそうなものですが、清涼飲料のメーカーにとってはたまったものではありません。
タバコの健康被害が喫煙率の低下につながってきたように、清涼飲料水の消費量が減少していくのかは不明ですが、健康を損なう原因のひとつに上げられると売り上げに響くのは避けられないかもしれません。
posted by mabou at 22:14 | 借金・ローンインフォ

借金完済計画

世の中には借金に無頓着でずるずるとお金を借りて首が回らなくなっている方も多いと思います。借金は返さずに済まそうと思っても簡単ではありません。
自己破産という方法で借金フリーとなる場合もあるようですが、ギャンブルなど遊興に浪費した場合には自己破産も認められないといいます。
基本的に借金は完済するまで付きまといます。

【借金完済計画】で、きちんと返せる計画の立て方を学んでおきましょう。返済はお早めに。
posted by mabou at 21:35 | 借金・ローンインフォ

りそなホールディングスの公的資金

りそなホールディングスには2兆円に及ぶ公的資金の注入が行われているそうですが、その返済となると簡単な話しではないようです。
金融恐慌から経済不況と厳しい時代が続くようで銀行といえども影響を受けないわけにはいかないのでしょうか。
バブルははじけて不況が来て、またバブルが来る時もあるのでしょうか。経済というのは素人には分からないものだと思います。個人としてはなるべく借金せずに堅実に生きていくしかないのでしょう。
posted by mabou at 21:41 | 借金・ローンインフォ

キャッシング無料案内

キャッシングに困ったらおまかせ紹介君を検討してみてはいかがでしょう。
困ったときに原則無料でキャッシング無料案内をしてくれるメリットがあります。なかなかどのキャッシングを選べばいいのか分かりませんから、お任せした方が楽かもしれません。

キャッシング無料案内→おまかせ紹介君
posted by mabou at 23:04 | 借金・ローンインフォ

国債

国債は簡単に言うと国の借金で、個人の借金同様、信用がなくなれば借金もできなくなります。
そういう意味で言うと国債の多さは国の信用をなくしてしまわないかと心配になるほど多いといえます。
なんとか歳出を減らして歳入を増やすよう考えるしかないと思いますが、歳出減らしは既得権がからんできて簡単ではないでしょうし、かといって歳入を増やすために税金を増やされるのも有難いことではありません。
国には借金を減らすべく知恵を絞って欲しいものです。
posted by mabou at 09:57 | 借金・ローンインフォ

法テラス

日本司法支援センターは法テラスと言われて、多重債務に苦しむ方や悪質な訪問販売で困っている方などの相談相手になるように国が設立した組織といいます。これだけ不況が深刻化すると、住宅ローンの返済に行き詰ったり、投資話にのせられて大損を出したり、他の人に騙されて大金を失ったり、そんな話しは後を絶ちません。
借金に振り回される生活は悲惨といえ、借金に苦しめられないよう注意して生活していきたいものです。生活の保障をいつも用意しておきましょう。
posted by mabou at 00:44 | 借金・ローンインフォ

超インパクトブランディングアフィリエイト術

借金まみれで困ってもインターネットという新しい媒体を利用して稼ぎまくって借金返済はもちろん大儲けしている方もいるといいます。
ネット上の宣伝広告で報酬を得ることでお金儲けに走っている人もいますから、あなたも借金が返せないと諦めずいろんな可能性にチャレンジしてください。

たったの半年で借金300万を完済し念願のマイホームまで手に入れた稼ぎの仕組みを公開!!元お笑い芸人大田の『超インパクトブランディングアフィリエイト術』自分で頑張るコース
posted by mabou at 22:33 | 借金・ローンインフォ

中小企業金融円滑化法

中小企業金融円滑化法に基づく返済期限の延長や金利の減免などに銀行側も応じているようで、中小企業向けの融資の返済猶予が主になっているようです。
そのほかにも住宅ローンの返済猶予など決して多いとはいえないでしょうが、借金の返済を猶予してくれるのは有難いことでしょう。
深刻な不況も影響で借金返済がままならない中小企業には返済猶予が必須なのでしょう。
posted by mabou at 21:46 | 借金・ローンインフォ

第一生命の株式会社化

生命保険会社は相互会社のところが多かったのですが、グローバリゼーションの影響もあってか、株式会社化するところも増えています。
今回は第一生命保険の株式会社化が行われて、株式や現金で巨額の資金が市場へと流れ込み、不況が深刻化する中、景気浮揚に役立つのではないかと期待されています。
借金や赤字に悩む企業も多い中、景気好転に役立ってくれればいいのですが。
posted by mabou at 14:29 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの財政赤字

ギリシャの財政赤字が拡大し、欧州連合の基準を大きく上回って、国債などの発行も難しくなっているといいます。
ユーロの下落にも結びついていることから、欧州連合はギリシャの支援に乗り出すといいます。国の借金問題では日本も同じようなものですが、日本の場合は支援してくれるところがあるのでしょうか?
いずれにしても欧州連合内ではポルトガルの財政状況も厳しいといい、現在の不況が影響しているのでしょうが、国も個人も借金で大変な時代のようです。
posted by mabou at 06:53 | 借金・ローンインフォ

債務整理

これだけ不況の影響が大きいと事業に失敗したとか会社が倒産したとか、債務整理のネタはつきないでしょう。

債務整理等の無料相談
は、不幸にして借金返済に行き詰った方々の救世主となるべく司法書士が主催する借金解決のひとつの方法です。
借金で首が回らなくなったらどうするか、借金問題のプロである司法書士に聞いて見ましょう。
インターネット無料相談は全国的に受付可能で24時間メール無料相談も実施中だから借金に困ったらどうぞ。
posted by mabou at 22:42 | 借金・ローンインフォ

国の借金

国債や借入金など国の借金が最高水準に達しているといいます。建設国債や普通国債は不況による景気対策もあって、やはり最高水準になっているといいます。
国民一人当たりで借金は600万円を超える金額だそうで、返済できるか不安になっても仕方がないでしょう。
借金はデフレの時代には重荷になっていくばかりで、インフレの時代と違ってはやく返済していくことが基本になります。
厳しい財政の赤字削減策を持って望まなければ経済回復さえもままならないのではないでしょうか。
posted by mabou at 11:05 | 借金・ローンインフォ

リボルビング

クレジットカードは便利で、月ごとの支払い額を一定にできるリボルビング払いという返済方法もありますが、未払いの残高には手数料がかかってくるため、借金の返済法としては注意が必要です。
買い物の支払額が大きくても月々の返済額が一定で負担が少なくてすみますが、借金をしているという感覚が少なくなって多重債務に陥るケースもあるといいますから、借金返済の意識をちゃんと持つ必要があるでしょう。
posted by mabou at 02:11 | 借金・ローンインフォ

ボーナス事情

世界的な不況の影響もありボーナスの平均手取額が前年に比べて減った方が多く、最低水準になっているそうです。
そのためローンを組んで借金してまで買い物をするという方は減っているようで、車や家などが売れなくなってきているようです。
サラリーマンの小遣いも減っているようですが、子供の教育費は最優先となっているようです。
借金してもインフレで物価が上昇していけば返済は楽な面がありますが、今のようにデフレで物価が下がっていくと借金やローンは重荷となってくるわけで、ローンは先に返済していく方がよさそうです。
posted by mabou at 08:43 | 借金・ローンインフォ

プロミスもリストラ

消費者金融大手のプロミスは有人店舗をなくすなどリストラで生き残りを目指すということです。
金融業では貸し金業に対する規制が強まり、消費者ローンも厳しい経営になっているそうです。
多重債務者の新たな発生を防ぐための消費者金融への規制がなくなることはなさそうです。改正貸し金業法の完全施行はこの6月だそうです。利用者は年収の三分の一以内で借金ができるということです。
posted by mabou at 22:53 | 借金・ローンインフォ

シネカノン民事再生法申請

映画制作配給の会社シネカノンが民事再生法を申請したそうです。フラガールなど知られた映画を製作し、邦画が好調な今の時代になぜと思ってしまいますが、映画制作の費用は思ったよりかかるということでしょうか。
負債総額も40億円を超えるそうで、借金して映画作りをしていたのでしょうか。
いずれにしても残念ですが、借金を返せないとなると民事再生法申請も止むを得ないのでしょう。借金の怖さは知る人ぞ知るということでしょうか。
posted by mabou at 21:52 | 借金・ローンインフォ

日野自動車の赤字

日野自動車は、赤字になる見通しということですが、親会社のトヨタもアメリカで大規模なリコールが発生して苦しい状態で、厳しい決算になる模様です。
何年か前は、世界一の自動車会社に躍進するという絶頂とも言える時期があったのに、今は世界的な不況の影響で自動車販売も不振で、我慢の時期に入っているようです。
利益が減って赤字になっている企業は少なくなく、借金で困っているところもあるでしょうが、景気の回復まで踏ん張って欲しいものです。
借金に負けない経営ができればいいのでしょうが。
posted by mabou at 06:17 | 借金・ローンインフォ

日本の債務超過

つい先日、日本航空が会社更生法の適用になったようですが、日航との提携を目指しているデルタ航空自体も赤字に苦しんでいるといいます。
赤字体質は航空会社にとって避けられないことなのかも知れませんが、世界的な景気の低迷から旅行客は減少しているようで、改善したとはいえ、まだ赤字で厳しい経営状態ということでしょう。
赤字をいかに減らして黒字に転換するかが勝負どころで、不況が赤字からの脱却の足を引っ張る形になるのは止むを得ないところでしょう。
日本の債務超過は、ついに300兆円を超えるといい、主に円高で海外資産が減少したり、不況で税収入の減少が響いているそうで、あまりに巨額な負債のためどうしたらいいのか分かりません。
posted by mabou at 22:54 | 借金・ローンインフォ

デルタ航空の赤字

つい先日、日本航空が会社更生法の適用になったようですが、日航との提携を目指しているデルタ航空自体も赤字に苦しんでいるといいます。
赤字体質は航空会社にとって避けられないことなのかも知れませんが、世界的な景気の低迷から旅行客は減少しているようで、改善したとはいえ、まだ赤字で厳しい経営状態ということでしょう。
赤字をいあkに減らして黒字に転換するかが勝負どころで、不況が赤字からの脱却の足を引っ張る形になるのは止むを得ないところでしょう。
posted by mabou at 22:49 | 借金・ローンインフォ

アメリカ金融行政の転換

日本のビッグバンのお手本ともいわれたアメリカで、時代を逆行するような金融行政の転換がなされようとしているといいます。
銀行と証券会社の垣根を高くして金融リスクを低くしようという試みがオバマ政権の下で目指されているそうです。
日本もかつては銀行と証券会社の業務ははっきり区別されていて、お互いのテリトリー内で仕事をしていたものですが、経済のグローバリゼーションの流れの中で、双方の仕事の垣根が低くなったのでした。
金融恐慌を防ぐためには銀行と証券会社の業務を制限するような方向になっていくようで、不況からの景気回復に水を差すようなことになりかねないため注視していく必要がありそうです。
posted by mabou at 22:15 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの財政赤字

ギリシャでは財政赤字を過小計上していたそうで、財政難が深刻といいます。欧州連合はギリシャに対し、財政赤字が国内総生産の3%に抑えるよう求めています。
赤字の垂れ流しは欧州連合内で困るらしくギリシャ政府も借金体質からの脱却が急務です。
しかし、日本も財政赤字で苦しんでいるのは同じで財政赤字が国内総生産の3%に抑えられているのか詳しく知りませんが、借金体質からの脱却が必要なのは、日本の方なのかも知れません。
posted by mabou at 07:35 | 借金・ローンインフォ

バンク・オブ・アメリカの赤字

バンク・オブ・アメリカも金融恐慌からこちら長引く不況の影響で赤字決算となる見通しです。金融機関の赤字は公的資金の返済が負担になっている面もあるそうですが、なんとか経営再建に前進してほしいものです。
posted by mabou at 23:19 | 借金・ローンインフォ

政策金融公庫の融資

最近の不況の影響で政策金融公庫から融資を受ける中小企業が増加しており、売り上げが落ち込んで仕方なく借金の申し込みに走っていると思われます。
運転資金を借り入れでまかなわねばならない中小企業が増えていると思われます。借金経営の危うさは、分かっていても借り入れせざるをえないという経済状況なのでしょう。
借金が不況の脱出で早く返せるような経済情勢になって欲しいとは思いますが、今回の世界同時不況からの回復は簡単ではないでしょう。
posted by mabou at 22:33 | 借金・ローンインフォ

日本航空関連相談窓口

日本航空が会社更生法の適用を申請して、地方路線からの撤退や減便が地域の企業に悪影響を及ぼすことが心配されていて、日本政策金融公庫と商工組合中央金庫は支店に日本航空関連相談窓口を設置して、企業の資金繰り支援などの相談を受け付けるということです。
大きな企業が倒産から守られて、中小企業が倒産するということを避けられるとよいのですが、借金の大きいところは保護されて、借金の金額が小さいところが倒産するという矛盾はなくして欲しいものです。
posted by mabou at 23:39 | 借金・ローンインフォ

ハウステンボスの経営危機

ハウステンボスの管財人はエイチ・アイ・エスと支援についての協議に入る予定といいます。エイチ・アイ・エスが出資してハウステンボスが蘇る事は可能なのでしょうか。
リゾート施設は東京ディズニーランドの一人勝ち状態といいますから、ハウステンボスの経営再建が簡単とは思えません。旅行業の強みを発揮してうまく舵取りしていけるのでしょうか。
この不況の中、エイチ・アイ・エスがどんな勝算を持って借金漬けのリゾート施設を再建するのか興味深々です。
posted by mabou at 23:26 | 借金・ローンインフォ

日航の会社更生法申請

日本航空もとうとう会社更生法適用となってしまいました。負債は2兆円を超えて金融会社を除くと最大規模の経営破綻ということです。
やはり親方日の丸意識がどこかにあったのでしょうか。もとは国営会社だった経営体質を引きずっていたのかも知れません。
今後は企業再生支援機構から支援を受け、会社再建を目指すということで、多額の債務超過を経験として将来の黒字経営へと上昇していって欲しいと思います。
借金経営は長く続かない時代になりつつあるということなのかも知れません。
posted by mabou at 07:33 | 借金・ローンインフォ

金融機関の債権放棄

日航の法的整理が決定的となり、貸し手の責任も問われる形となって、生命保険会社も含む金融機関側は債権放棄など金融支援に協力を求められることになりそうです。
金融機関側は企業再生支援機構に債権を売却して日航との金融取引を解消する動きが広がるものと見られていますが、貸し手も借り手側の借金返済能力を見極める必要があるということでしょう。
posted by mabou at 21:53 | 借金・ローンインフォ

▲このページの先頭へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。