スポンサードリンク

消費税増税

東日本大震災の復興資金も含め、社会保障改革にも資金が必要で、財源はどうするかとなると、借金のツケを次代に残す国債の発行はだんだん困難になっており、やはり増税しかないのかも知れません。
資金を集めるためには消費税の増税が効率的で、巨額の資金が確保できるのでしょうが、消費に冷や水をさすことで、景気はかえって悪化する可能性もあるようです。
景気の浮揚に水をささないように増税して財源を確保するというのは難しいのかもしれません。
消費税が今の倍になるといいますから、家計の負担は増えるでしょうし、対応できるよう準備しておく必要があるかもしれません。
posted by mabou at 22:49 | 借金・ローンインフォ

国債と日銀

東日本大震災で多くの被災者が出て、復興費用は巨額に上ると考えられ、福島第一原発の放射能漏れ事故の補償にも巨額の費用がかかることは間違いないでしょうから、国としては借金がこれ以上増えると困ることから、国債の日銀引き受けという方法を考える向きもあるようです。
しかし、日銀側はこれを否定して、魔法のように資金調達することは困難と述べることで国債の引き受けを牽制したようです。
posted by mabou at 22:24 | 借金・ローンインフォ

アメリカと日本の自動車業界

日本の自動車産業は東日本大震災も被害が大きく、部品工場なども大きな打撃を受けたようで、未だに部品の供給がままならない状態といい、業績面でも大きな影響が出ているようです。
一方、トヨタのリコール問題もあって、アメリカの自動車業界は好調のようで、借金を抱えていた会社も借金を返済してよみがえってきたというところのようです。
日本の自動車業界が借金漬けになることはないと思いますが、震災からの復興を急ぐ必要はあるでしょう。
posted by mabou at 22:06 | 借金・ローンインフォ

国家公務員給与引き下げ?

東日本大震災で大きな被害を受けた東北地方では復興に向けた巨額の費用がかかると思われますが、国債の発行は国の信用力を低下させる恐れもあるようで、借金漬けを避けるためにも困難なようです。アメリカも日本と同様、財政的には危機的状況のようで借金が膨らみ続けているようです。
そこで増税になる予定といいますが、国家公務員の報酬もカットして復興財源に回す事が検討されているようです。復興に向けて国の借金をできるだけ増やさずにやっていくのは容易なことではないと思われます。
個人もそうですが国も借金する時は、無理なく返済計画を立ててから借金することが大事でしょう。
posted by mabou at 07:43 | 借金・ローンインフォ

銀行の債権放棄について

東京電力福島第一原発の放射能漏れ事故については、巨額の賠償金請求が予想され、東京電力の借金は巨額に上ることから格付け会社の格付けも下落して、債権者である金融機関側にも債権放棄を期待する意見もありますが、銀行側では債権放棄に応じるとあらたな貸付が難しくなるということもあるようで、債権放棄には応じない方向のようです。
今後も東京電力の借金は増えることでしょうから銀行側の協力がより必要とされるのかも知れません。さらなる融資が必要でしょうが、東京電力の事業継続が可能かどうか、これから注目されます。
posted by mabou at 14:05 | 借金・ローンインフォ

借金と犯罪

借金返済に絡んだ犯罪は少なくありません。
ギャンブルで借金を作って会社のお金に手をつけたなど少なくない方が犯罪に手を染めてしまっているといわれます。なかには保険金欲しさに保険金殺人という事件も起きることもあります。
やはり借金するなら公的な資金を使うか、銀行など一応信用のあるところから借りるように注意しないと、借金に絡んだ事件に巻き込まれるのではたまったものではありません。
posted by mabou at 07:42 | 借金・ローンインフォ

義援金の配布

東日本大震災では多くの被災者が出て日本だけでなく世界中で義援金の寄付がなされているようですが、罹災証明書など事務手続きが進まないこともあって、被災者への配布はなかなか進んでいないといいます。
被災者は生活資金にも困っている状態といいますから義援金の速やかな配布が望まれているようです。住宅ローンや事業ローンなど借金を抱えて生活再建に臨んで行く被災者もいるでしょうから義援金の配布が生活資金の足しになればいいと思います。
posted by mabou at 06:49 | 借金・ローンインフォ

東京電力への銀行融資

東京電力への低利融資など、原発事故に関連して巨額の損失を出していることから支援は続いているようですが、金融機関によっては金利減免や債権放棄はこれからの検討課題としているところもあるようで、まだまだ東京電力の経営状況はきびしいものと思われます。
有利子負債が増加すれば経営を圧迫して事業の存続も危ぶまれるという危機的状況といえるのかも知れません。
大きな会社でも借金はこわいものといえるでしょう。利子の減額は避けられないのではないでしょうか。
posted by mabou at 07:28 | 借金・ローンインフォ

東京電力の資金がショート?

東京電力は東日本大震災後の福島第一原発事故に関連して計画停電や放射能被害への賠償金など多くの支払いが必要となっていて、銀行などから低金利での融資を受けていますが資金繰りが苦しいことは確かなようで、低利での融資を金融機関に要請しているようです。
資金繰りが苦しくなれば事業の継続もおぼつかなくなる可能性もあるようで、東京電力の経営は苦しくリストラなど経営の合理化を進める必要があるでしょう。放漫経営ということはもちろんないのでしょうが経営努力が一層必要でしょう。
東京電力としては格付けの急落もあって金利の大幅な引き上げをされても仕方のないところですが、資金貸付側の金融機関側では東京電力への融資の金利減免に協力するようです。
posted by mabou at 21:56 | 借金・ローンインフォ

東京電力への低利融資

東京電力は福島第一原発での放射能漏れ事故の影響もあって、計画停電に引き続き、原子炉の廃炉や火力発電所の再開など資金繰りが苦しくなっていることは確かで、今後の損害賠償も巨額に上るでしょうから、銀行など金融機関からの低利での融資の継続を求めているといいます。
それでも東京電力は巨額の有利子負債をかかえて事業継続も危うい状態のようで、かつてのダイエーも巨額の有利子負債をかかえて倒産しているようなので心配ではあります。借金もしすぎることは禁物です。
格付け会社からの格付けでも東京電力の格付けはかなりダウンするようですが、金融機関側としても低利の融資に応じないわけには行かないようです。東京電力にとっては借金をこれから返していくことに力をいれ、リストラを進めることになりそうです。
posted by mabou at 23:52 | 借金・ローンインフォ

消費税の増税

東日本大震災の復興資金には巨額の資金が必要で、借金漬けになっている国としては国債の発行でさらに新たな借金を増やすことは避けたいため増税となることは避けられないようです。
増税の方法は消費税アップが有力な案のようで、今後は消費税アップで税収を伸ばして復興資金を捻出することになりそうです。
震災関連の失業者も増えている現在、家計の圧迫が借金増加へとつながらないよう、財布の紐は締められるような情勢です。購買意欲が低下すれば景気振興にはマイナスとなるでしょうから、増税の方法も細かな議論が必要でしょう。
posted by mabou at 22:42 | 借金・ローンインフォ

低金利政策の継続

景気の先行きが不透明ということで低金利政策が継続になり、金融緩和がこの先も続くようです。
東日本大震災の影響も大きいと思われ、予想よりも経済成長率などに悪影響を及ぼしているようで、復興関連事業の進行もスピード感にかけているようで、さらに景気の低迷を打破する経済振興策が待ち望まれているようです。
低金利で企業活動を支援しようという狙いもあるのでしょうが今回の東日本大震災では多くの企業が被災しており、関連企業にも損害は及んでいるようで、当面金利の上昇はないのかも知れません。
posted by mabou at 20:56 | 借金・ローンインフォ

東京電力の赤字について

東日本大震災に続いて起きた福島第一原発の放射能漏れ事故は未だに収束の見通しも立たないようですが、事故に関連する賠償金支払いや原子炉廃炉費用など巨額の出費が続いて東京電力の赤字は巨額になる見込みです。
それでも債務超過ではないといいますから驚きますが、一応賠償金支払いには応じていけるということです。
それにしても巨額の損失で借金が増えたのではないかと思われます。今後は社長も交代して事故処理に当たると言いますが、将来的にはまだ不安が残るのではないでしょうか。
posted by mabou at 12:24 | 借金・ローンインフォ

被災企業取引先への低利融資

東日本大震災での被災企業については復興支援事業で低利の融資が受けられるようになっていて、企業の再建支援が行われていますが、被災した企業のみならず取引先の企業にも低利の融資が受けられることにして、復興支援を加速させようという狙いがあるようです。
震災関連と思われる失業者の数は10万人ともいわれていて、復興を急がないと生活再建が遠のくことになりかねません。
低利融資もいいのですが、無利子の融資なども検討した方が被災地の経済復興には効果があるかも知れません。
posted by mabou at 22:01 | 借金・ローンインフォ

JAと福島第一原発の放射能漏れ

農協は福島第一原発の放射能漏れ事故で大きな損害を受けているとして、東京電力へ賠償請求を行うことになるようです。
農産物の受けた被害は大きく、これから各地の農協から損害賠償請求が出されるでしょうから、東京電力は補償金の用意をする必要があり、当然経営を圧迫する可能性もあり、借金も増えていくのではないかと思われます。
そうなると当然東京電力の株は売られて値下がりすることとなり、株主には損害が及ぶわけです。
今後も東京電力への損害賠償請求は続くと思われます。
posted by mabou at 00:12 | 借金・ローンインフォ

福島第一原発と漁業補償

福島第一原発で東日本大震災後に起きた放射能漏れ事故は、茨城県のコウナゴから規制値を超える放射能が検出されるなど、漁業に対しても大きな損害が発生していて、茨城県の漁業協同組合では給与の支払い分として賠償を求める動きが始まったようです。
被害の補償を求めるのは茨城県だけではないでしょうから、今後、東京電力の支払う賠償金は増加するでしょうし、借金の金額も増加すると考えざるを得ません。東京電力は国営企業でないのですから、当然債務超過で破綻するという前提で放射能漏れによる損害賠償をどうするのか、検討した方がいいのかも知れません。
posted by mabou at 22:44 | 借金・ローンインフォ

住宅ローンフラット35

住宅ローンのフラット35は取り扱い金融機関に指定されることが大きなメリットになるようで、中には収賄で指定業者のお墨付きをもらうことを画策している金融会社もあるようです。
今回も住宅金融専門の金融会社が収賄に関わったというニュースが報道されていますが、住宅ローンがらみの犯罪もなくなることはないのかもしれません。
アメリカでもサブプライムローンという借金返済能力が低いとされる人を対象にした住宅ローンを舞台に大きなメリットを享受した人もいるといいますから、大きなお金が動くところ利益を求めていろんな策略が張りめぐらされてくるのかもしれません。
posted by mabou at 21:31 | 借金・ローンインフォ

発光ダイオード(LED)で節電

今年は東日本大震災が起き、福島第一原発で放射能漏れ事故があり、原発の運転停止が相次ぐ中で、計画停電も行われましたが、電力需要の増加する夏に向けて一層の節電が求められており、LED電球の売れ行きが好調といいます。
LED電球は消費電力が少なく、値段も下がってきて購入する個人や企業が増えているようです。節電かつ節約で、今後予想される電気料金の値上げなど負担増に備えておくのもよいかも知れません。
東日本大震災の復興事業では財源を巡って増税の可能性も示唆されており、家計の引き締めも必要かもしれません。
posted by mabou at 11:02 | 借金・ローンインフォ

中部電力も原発停止へ

東京電力に続き中部電力も地震が差し迫っている可能性があるということで、浜岡原発の停止を受け入れて電力供給に不安が出ています。
また、電力不足を補うための火力発電にはよりコストがかかり、赤字に転落するという経営上のリスクも抱え込むことになり、東京電力への電力供与もできなくなる見込みです。
こうして全国の電力会社がコスト増ということなれば電気料金の値上げなど家計にもひびいてきそうな状況です。
電力会社にはリストラの徹底で電気料金値上げをできれば回避してもらって、消費の落ち込みに結びつかないように配慮していただくことが望まれます。
ガソリンや小麦粉など値上げが続きますが、借金漬けにならないよう節約に努めましょう。
posted by mabou at 07:38 | 借金・ローンインフォ

電気料金の値上げか?

東京電力では福島第一原発が放射能漏れ事故を起こして未だに事故の収束の道筋が見えない状況で、今後は火力発電など代替電力の確保に乗り出すためコストがかかり、電気料金の値上げに踏み出す可能性が高いといいます。
震災関連での企業の倒産も少なくなく、失業した方もいるなかで、電気料金など値上げが増えれば家庭の負担は増加して生活を圧迫することになりかねません。
電気料金値上げの前に電力会社のリストラを徹底して経営効率をアップさせることも必要でしょう。
posted by mabou at 23:51 | 借金・ローンインフォ

福島原発の補償問題

福島原発事故による放射能漏れ事故では広範囲に損害が出ていて、その被害額は検討もつかないくらい巨額になりそうで、原子力損害賠償法だけではカバーしきれないだろうといわれています。
そこで特別立法など必要な措置をとって、被害の補償に政府が乗り出すことになりそうです。
なかには借金を抱えて仕事ができなくなって困っているケースもあるでしょうが、多くの家庭が避難を余儀なくされたりして生活の再建に困っているといいますから、早急に支援に乗り出す必要がありそうです。
posted by mabou at 20:30 | 借金・ローンインフォ

銀行株の急落

東日本大震災では多くの企業が被災して特損を計上していますが、福島第一原発の放射能漏れ事故では損害賠償は巨額になると思われ、銀行などには震災前の融資に対して債権放棄の要請も出ているようで、銀行株は売られて下落となったようです。もちろん東京電力の株価も急落していて株主である銀行株の下落に関連しています。
ほかにも震災に関連して業績不振の企業に関する不良債権も銀行の業績不安の材料となっているようです。
今後は震災復興関連事業で景気がよくなることを期待したいのですが、どうなるでしょう。
posted by mabou at 12:05 | 借金・ローンインフォ

震災復興への財源について

東日本大震災の被害は阪神大震災の被害を大きく上回るようで、復興への財源としては、次世代へのツケを残さないためには増税の可能性が高いと思われます。
国債の発行で借金を残すことは次世代へのツケ送りになるため、できれば避けたいところでしょう。
税金については消費税の税率アップが金額的には大きな金額になるようですが、消費を抑制することから反対意見もあってさらに議論が必要なようです。
posted by mabou at 23:22 | 借金・ローンインフォ

国家公務員給与の削減

東日本大震災に関連する復興資金は巨額となることは間違いなく、東京電力福島第一原発の放射能漏れ事故による損害賠償も東京電力だけでの支払いは不可能のようで、公的な支援策が検討されています。
政府は震災復興費用の捻出のため、国家公務員給与の削減も予定しているようで、組合との交渉が開始されるようです。
国の借金といえる国債の発行や消費税の増税など復興財源についてはいろいろと検討されているようですが、まずは歳出の削減も行っていかねばとても巨額の復興資金を捻出することはできないかも知れません。
posted by mabou at 20:54 | 借金・ローンインフォ

東京電力への債権放棄について

東京電力は福島第一原発の放射能漏れ事故による損害賠償が巨額に上ることは確実で、公的支援を受けずに事業継続していくことは困難な状況といわれます。
そこで、原発事故の前にすでに受けている金融機関からの融資については金融機関側に一部債権放棄を求めることが望ましいという考えもあるようです。
東京電力の救済という捉え方がなされないように政府としても注意しているようですが、借金減らしという観点からも債権放棄が金融機関側に受け入れられるのは悪いことではないように思われます。東京電力が破綻しても経済的な影響は大きく、震災からの復興にもマイナスになると思います。
あるいは、過去の大型破綻に際しても問題になったようですが、東京電力をいったんは倒産させて、借金などの整理をしてから別会社に移行させるような方法がないものでしょうか。
posted by mabou at 16:46 | 借金・ローンインフォ

電力会社の格付け低下

福島第一原発の放射能漏れ事故の影響は世界中に広がっていて、原子力政策の見直しが行われているようですが、東京電力だけでなく、浜岡原発の停止を予定している中部電力など他の電力会社にも格付けの低下などの影響が出ていて、火力発電などでの電力供給がコスト高になることから経営上も赤字へと転落する見込みが強まっています。
こうした電力会社の経営悪化が電力料金の値上げにつながる可能性もあり、各家庭の負担増となるかもしれません。
posted by mabou at 13:18 | 借金・ローンインフォ

被災者生活再建支援法について

地震や津波など災害にあった建物については被災者生活再建支援法によって、生活再建支援金の支給が行われるといいます。これは、阪神大震災の時には存在しなかった制度で、当時は自宅が被害を受けても支援金もなく、住宅ローンだけが残るという負担が大きく被災者にのしかかり、新たに自宅を再建するにはローンを再度組んで、二重ローンとなるケースが多かったようで、そうした事態を避けようとできた制度ということです。
多額の借金が被災者の負担になっていることから、こうした支援も欠かせないと思われます。
posted by mabou at 07:42 | 借金・ローンインフォ

東京電力による賠償

東京電力では東日本大震災による福島第一原発の放射能漏れ事故が広い方面に損害を与えていることから巨額の賠償金支払いが経営を圧迫することになると思われ、リストラや役員報酬の削減など企業努力を続けていって、銀行団などからの融資や国の支援も受けながら長期にわたって借金返済を続けていく予定になったようです。
原子力発電を続けてきた国の責任も重大といえそうで、東京電力の破綻を防ぐため低利の融資など支援を続けて電力供給の継続を確保することになるようです。
posted by mabou at 05:55 | 借金・ローンインフォ

東北電力も赤字転落?

東日本大震災に続いて起きた福島第一原発の放射能漏れ事故では大きな被害が各方面に及んでおり、巨額の損害賠償が予想されるほか、電力供給コストの上昇から東京電力の赤字は巨額となり、多額の借金を作ることになるようです。
しかし、東京電力だけでなく、政府から運転停止を要請された浜岡原発がある中部電力に続いて、女川原発のある東北電力では沿岸部にある火力発電所も被害を受けて電力供給量が大幅に低下して赤字に転落する可能性が大きいといいます。
posted by mabou at 22:42 | 借金・ローンインフォ

二重債務の解消問題

東日本大震災では地震の後の津波に多くの家屋が流され、自宅を失った方々が少なくありません。こうした中には住宅ローンが残っているケースも多く、家はなくなりローンだけが残るということになっています。
したがって、自宅の再建に新たに住宅ローンを組むことになると、今までのローンに加えて二度目の住宅ローンの負担を背負い込むことになります。
これは、いままでの震災でも同様で、自宅の再建の障壁となってきており、いい解決法があるのか、検討が続けられているようです。
posted by mabou at 22:33 | 借金・ローンインフォ

アメリカの財政赤字

アメリカの財政赤字が続いてますが、少し改善傾向も見られるようです。今後の推移に注目ですが、福祉を重視するオバマ政権がどこまで赤字の削減に成功するか見ものです。
歳出を抑えて税収の増加を図るのは日本も同じことでしょうが、借金漬けの体質からの脱却が課題でしょう。
国債という打ち出の小槌を振り続けることは財政破綻への道といえるでしょう。
アメリカは国債という借金の返済に新たに国債を振り出すという借金漬けの姿勢をこのところ続けてきており、それも上限に達してしまい、連邦職員の年金資金を流用して綱渡りのような借金返済を続けているようで、まるでサラリーローンに追いかけられるサラリーマンのようです。
posted by mabou at 14:18 | 借金・ローンインフォ

旅行業の苦境

東日本大震災ならびに福島第一原発の放射能漏れ事故による外国人観光客の激減など旅行業には逆風となる最近の情勢で、原発事故による電力不足から計画停電もあり、消費自粛ムードもあって、旅館の倒産などが相次いでいます。
さらに航空会社や鉄道会社、空港など旅行客の運送に関わる業種も業績の悪化が相次いでおり、さらなる倒産の増加が懸念されるところです。
こうした震災関連の倒産が増えないようにするためにも過度な消費の自粛も経済活性化にはマイナスとなるのでしょう。経済活動が停滞値しないよう消費の自粛もほどほどにしたほうがよさそうです。負債の増加に耐えかねて倒産する会社が増えないように効果的な対策が必要でしょう。
posted by mabou at 22:57 | 借金・ローンインフォ

東京電力への政府支援

東京電力は役員報酬の減額やリストラなどを進めても、福島第一原発の放射能漏れに伴う賠償や電力確保に必要な燃料費など経費がアかさみ、とうてい巨額の賠償金には資金が足りないということですから、政府支援を求めるのも仕方がないのでしょう。
借金漬けになって電力供給に支障が出ても困るのですが、東京電力の責任も軽いわけではないでしょうから、政府に頼るだけでなく企業努力でできるだけの補償に応じていく必要があるでしょう。そのためには政府が支援する代わりに経営にも関与して無駄な出費を極力抑えて借金の返済を続けていくことになるのでしょう。
posted by mabou at 07:23 | 借金・ローンインフォ

中部電力への緊急融資

浜岡原発の停止となると、中部電力は代替の火力発電の発電量のアップなどに燃料費など予定外の費用がかかり、赤字に転落するともいわれていますが、大手銀行への緊急融資の申し込みをして、経費の上昇に備えようとしているようです。
東京電力に引き続き中部電力も銀行からの融資を受けることで借金は増えることになりますが、ほかの電力会社にも影響が波及しなければよいがと心配になります。
実際に定期検査に入った後、運転再開ができなくなっている原発が増えているようで、ほかの地域にも電力不足の恐れが出てきているようで、電力会社の経営上問題となる可能性があると思われます。借金の増える電力会社が出てくるかも知れません。
posted by mabou at 22:09 | 借金・ローンインフォ

浜岡原発停止と中部電力の赤字

浜岡原発は防潮堤の完成まで停止する見込みのようで、原発の電力分を火力発電所などによる発電に変える事でコスト高となり電力料金の値上げが心配されますが、中部電力では赤字に転落する見込みが高いといわれ、中部電力株は急激に売られているようです。
こうなると株主は大損害を蒙ることになり、株主代表訴訟が起こされる可能性もあるといい、原発停止の影響の大きさに注意が必要でしょう。
福島第一原発の放射能漏れ事故で大きな借金を背負うことになる東京電力に続いて中部電力も大きな借金を抱え込むことになる可能性があり、ほかの電力会社も経営赤字などが心配になってきます。
これまで安定した業績を続けてきた電力会社も原発が経営上の重荷になる可能性も出てきたようで、代替の電力供給にはよりコストがかかるようで、電気料金の値上げなしには借金が増えることでしょう。
posted by mabou at 20:49 | 借金・ローンインフォ

ギリシャのユーロ圏離脱?

ヨーロッパ連合内では財政状態がヨーロッパ連合加盟の基準を満たさない国が増えているようで、そのなかでもギリシャは金融不安の再発が起きかねないといわれています。
ヨーロッパ連合からの離脱の可能性もあるといいますが、ユーロがドルに対して下落する原因にもなっているようで、ギリシャにとっては財政再建を急ぐ必要があります。
これまで拡大を続けてきたユーロ圏は、広域の連合として人類の壮大な実験場として発展してきましたが、なかなか理想どおりに事は進まないという面もあるのでしょう。各国の経済状況が差がありすぎると、借金の多い国が借金の少ない国の重荷となる可能性は出てくるでしょう。
posted by mabou at 22:52 | 借金・ローンインフォ

浜岡原発の運転停止

中部電力の浜岡原発についても安全性に配慮して運転停止の要請が菅首相からなされたといいます。
これによって中部電力の電力コストは上昇し、赤字に転落する見込みとなっています。さらに電力不足から中部地方の企業にとっては生産体制の見直しが必要といわれています。
東日本大震災に伴う供給不足などで、すでに大きな損害が発生している自動車会社をはじめ、景気の回復に水をさすことになるのではないかと心配されています。
posted by mabou at 22:21 | 借金・ローンインフォ

大学の教育ローン

アメリカでは従来から学生ローンで教育を受け、卒業後に仕事をしながら返済するという方法で、多くの学生が学んできましたが、ここのところ大学の学費が高騰して、ローンが重くのしかかるようになり、一方で失業率は低いわけではなく、学費ローンで借金してやっと卒業しても仕事がないという状況が珍しくなくなっているようです。
そうなると借金してローンを組んで勉強してやっと卒業しても仕事をして返済していくということが困難となって学業を続けるモチベーションが弱まってくるかもしれません。
日本でも親のすねかじりが期待できなくなって教育ローンで大学を卒業するというケースが増えるかも知れませんが、卒業してもいい仕事が見つからないとすると借金だけが残るという可能性もあるでしょう。
posted by mabou at 22:00 | 借金・ローンインフォ

ポルトガルの財政再建

ヨーロッパ連合と国際通貨基金から融資を受け、財政赤字再建への時間的な猶予がポルトガルに与えられたということですが、金融危機についてはまだまだ予断を許さない状況のようです。
ヨーロッパ連合内ではギリシャの金融不安が思い起こされますが、ギリシャも財政状態は不安定でいつ金融危機が再燃するかわからない状態のようで、ヨーロッパ連合内で財政状態が良好な国の方が少ないという、はなはだ安定性にかける状態のようです。
日本の財政赤字もひどい状態といえますが、まだよいところは海外資産がかなり豊富で、債権国でもあるという点のようです。しかし、いつまでも財政赤字を続けることはどんな国だってできないわけですから、早急に財政健全化に取り組まないと手遅れになると思われます。
posted by mabou at 07:38 | 借金・ローンインフォ

農地の塩害

東日本大震災では地震に続く巨大な津波が押し寄せて、農地が海水につかったため、塩分を排除しないと農地としての使用は難しいといいます。従来から国が9割を負担して農地の土壌改良が行われているのですが、今回の震災では塩害の範囲も広く、残りの1割も農家の負担がなくて済むように検討が進められるといいます。
こうした農地改良事業は高潮の被害の際にも行われているといいますが、東日本大震災の被災地は広範囲に及ぶため資金的にも巨額の資金が必要となるでしょう。
農家の借金を増やすことのないように配慮が求められていますが、国の借金が結局は増えることになれば税金が増えるということにつながるのかも知れません。
posted by mabou at 23:22 | 借金・ローンインフォ

ジーンズメーカーの倒産

ジーンズも低価格が売り物のお店もでき、従来のブランドは売り上げが落ちているようで、倒産するところも出ています。消費者のニーズをつかめないと売り上げのダウンにつながることは、ほかのお店でも同様で、消費の低迷も倒産の増加の一因となっているようです。
東日本大震災でも震災関連の倒産が徐々に増えており、景気の低迷が心配されます。ローンを抱えたまま事業所が津波に流されたところも多いようですが、復興に向けて二重ローンの救済策も検討されているようで、再建が進むことが期待されます。
posted by mabou at 07:21 | 借金・ローンインフォ

社会保障と復興財源

かねてから社会保障改革の必要性は叫ばれていましたが、今回の東日本大震災の被災からの復興も急務で、二次補正予算には両者の財源をどうするかという問題が避けられません。
財源として増税は避けられない情勢ですが、景気の腰折れをもたらすようでは復興自体にマイナスになり、難しい舵取りが必要とされています。
巨額の復興資金の手当てをしながら社会保障改革を進めていくということが民主党政権にできるのか心配する方も少なくないと思います。
posted by mabou at 23:46 | 借金・ローンインフォ

二重ローンの救済策

東日本大震災の被害は深刻で、住宅ローンの残った自宅が津波に流されたり、事業所が福島第一原発事故で避難地域に指定されたり、さまざまな理由でローンが残ったまま新たにローンを抱えることになるケースが少なくありません。
二重にローンを抱える事態の打開に政府も支援策を打ち出す予定といいますから期待したいと思います。
阪神大震災でも多くの方が住宅ローンなど残したままで自宅を失い、二重に住宅ローンを抱えることになったケースが少なくありませんでした。
posted by mabou at 22:51 | 借金・ローンインフォ

復興資金の行方

日本は対外債権を多量に持っているため、復興資金として国債の発行など借金を増やしても、引き受ける金融機関が対外債権で円を買い戻して国債の買い付けにあてるため円高基調が続くのではないかという意見もあり、円の暴落にはつながらないから復興資金としてつかえるだろうということです。
一方、国が借金を増やすのを嫌って増税ということになると消費意欲を冷やすことになり景気が後退して復興にはマイナスになるのではないかというわけです。
したがって、赤字国債で借金をして復興資金を調達することも一概に悪いといえないようです。国債になるのか増税になるのか、増税なら消費税なのか所得税なのか注目されるところです。
posted by mabou at 07:32 | 借金・ローンインフォ

風評被害の補償

福島第一原発事故から放射能漏れが起きて、農業や漁業、商業、工業、観光業と広い範囲に風評被害が起きて損害賠償についても早期の解決が求められています。政府も風評被害を含めて補償に乗り出すようで、東京電力のみならず政府も補償について責任を持って取り組んでいくということでしょう。
損害賠償は多方面に及び、東京電力および国の負担する賠償金額はとてつもない金額に上るでしょう。国としては借金を増やしたくないでしょうが、財政再建の足を引っ張ることになりかねないと思います。
posted by mabou at 21:54 | 借金・ローンインフォ

日本国債暴落の危機?

日本ではかねて財政赤字の解消が懸念されてきたところへ、東日本大震災が起きて復興費用や、福島第一原発事故の賠償問題など、多くの費用を賄うために、増税か借金か、あまり選択の余地がない状態で、さらなる財政悪化を食い止める妙案が出てきません。
このままでは多額の復興費用の調達は国の借金となる国債に頼らざるを得ないかもしれず、そうなると日本の国債は今でも格付けが低下していますが信用不安を引き起こす局面を迎えるかも知れません。いつまでも借金でき続けるとは考えない方がよいでしょう。
財政再建は早急に目途をつけるべきで、借金減らしを抜きにして国の復興はおぼつかないのではないでしょうか。
posted by mabou at 22:18 | 借金・ローンインフォ

家計の負担増

中東や北アフリカの民主化への動きが政情不安につながっているようで、ガソリンも値上げしたし、ほかにも商品価格の値上がりは続いているようです。
それに続いて東日本大震災の被害で工場の稼動ができないなど部品の供給難など品薄から値上がりも起きているようで、家計への負担は重くなりそうです。
福島第一原発事故で多額の賠償金支払いや火力発電所などへの設備投資で借金が増える東京電力などでは電気料金も値上げされるかもしれません。
こうした値上げのラッシュだけでなく、さらに震災復興税など増税も予定されておリ、震災関連で仕事が無くなった方も多いことを考えると、今年は家計の引き締めが必要になるのかもしれません。
仕事は見つかりにくく、インフレが進行し、税金は増えるということになると住宅ローンなど借金をお持ちの方は経済的な負担が厳しくなるかも知れません。
posted by mabou at 14:15 | 借金・ローンインフォ

金融緩和と震災

東日本大震災での被災や福島第一原発事故での放射能汚染など多くの損害を出している被災地の復興は、多くの資金が必要で日銀の金融緩和については国債の直接買い入れなどの意見も出ているようです。
金融緩和は必要なのでしょうが、インフレになっても困るというところもあるのでしょうか、日銀内部でも意見の食い違いが出てきているようです。
それだけ、今回の東日本大震災に関連するダメージは大きかったといえるでしょう。
posted by mabou at 07:12 | 借金・ローンインフォ

被災地の二重債務問題

阪神大震災の後でも問題になったように、大きな自然災害の後には自宅や会社を失った後に自宅や会社を再建する際に、壊れた自宅や会社のローンが残っている場合には、さらに新たなローンを抱え込むことになってしまいます。
こうした住宅ローンなどを二重に抱え込むことからくる負担を軽減するために公的な金融による救済を検討していくことになったようです。
建物がなくなって債務だけが残るという問題の解決に、地震保険の加入も建物の再建に役立つかも知れません。
posted by mabou at 23:09 | 借金・ローンインフォ

住宅ローンの金利引き上げ

一部の銀行では住宅ローン金利の引き上げが始まり、一方では定期預金の金利は引き下げられるといいます。
東京電力福島第一原発の放射能漏れ事故に伴う損害賠償から東京電力の株価が大きく下落し、株主である銀行にも損害が出ており、一方では東京電力に資金の融資を行うなど、銀行にとっても大きな損害が発生していることが影響しているのでしょうか。
住宅ローンは長期にわたる借金の金利になりますから家計に及ぼす影響は大きいといえるでしょう。景気の悪化につながらなければよいとは思いますが、住宅ローンの金利引き上げはこれからマイホーム取得を目指す方には、今後予想される消費税の引き上げとともに有難くないニュースといえるでしょう。
posted by mabou at 02:47 | 借金・ローンインフォ

低利貸し出し制度

日銀から東日本大震災の被災地の金融機関に向けて低利貸し出し制度が施行されて、震災からの復興に向けての歩みを支援できるように、融資を拡大していくようです。
多くの企業が地震や津波の被害、さらには東京電力福島第一原発からの放射能漏れ事故の影響で倒産しているといいますから、復興支援のためにも潤沢な資金供給は必要でしょう。
従来のゼロ金利政策も引き続き行われて景気の腰折れを起こさないように注意していくということです。
posted by mabou at 00:12 | 借金・ローンインフォ

アメリカのゼロ金利

アメリカ連邦準備制度理事会は、事実上のゼロ金利政策を延長して景気の行方を見守ることになったようです。
日本の東日本大震災による部品供給の不安などにも注意しながら景気の上昇を続けていけるように量的金融緩和を続け事実上のゼロ金利政策を維持するようです。
アメリカの低金利政策の続行はドル売りに向かいやすくドル安傾向になっているようです。
日本もバブルが崩壊し、ゼロ金利政策が続いているわけですが、どこまで景気の刺激に有効なのか疑問も持たれますが、アメリカはどうなんでしょう。
posted by mabou at 22:20 | 借金・ローンインフォ

日本の貿易輸出の減少

東日本大震災による工場の被災や福島第一原発事故のため計画停電が実施されたことで、部品供給不足の自動車をはじめ日本の輸出額は大幅に落ち込んでおり、貿易収支が赤字に転落するといいますから、財政状態が厳しい日本としてはさらに使用不安が起きないか心配になってしまいます。
日本の財政再建への道のりを不安視して国債の格付けも低下しているというのに政府の危機感が感じられないのはどうしてなのでしょう。
posted by mabou at 00:16 | 借金・ローンインフォ

欧州連合の財政赤字

財政赤字が問題になっているのは、なにも日本やアメリカだけでなく、欧州連合でも加盟国の多くは財政赤字と国内総生産との比率でいうと、財政赤字が基準を上回っていて、ユーロの信認に問題となる水準になっているようです。
こうなってくると経済成長が未だ好調な中国などの通貨が固定されている為替相場はいつまで続くのかと注目されるところです。
日本はさらに東日本大震災の後の復興費用や福島第一原発からの放射能漏れ事故の賠償などで巨額の費用が必要で、さらに財政赤字が膨らむと考えられ、信用不安が起きないかと心配する声もあるほどです。
posted by mabou at 23:34 | 借金・ローンインフォ

日本国債格付け引き下げ

もともと債務が増えて国債の格付けが引き下げられていた日本ですが、東日本大震災の復旧復興にかかる費用が巨額で財政状況の悪化が心配されるということなのでしょう。
日本国債の格付けは引き下げられて、震災復興の道筋をはやく立てることが国債の信用を取り戻す道といえそうです。
信用不安を招くような借金漬けは何としても避けないと大震災からの復興どころではなくなってしまうでしょうから、震災復興財源の目途をできるだけ早く立てることが重要といえそうです。
posted by mabou at 23:07 | 借金・ローンインフォ

香港の住宅ローン

不動産の高騰の続く香港では、住宅ローンの金利が引き上げられることで住宅価格の高騰に歯止めがかかるかも知れないということです。
不動産バブルが心配されてのことでしょうか、金利の上昇は過熱する不動産市場を冷却するにはよいのでしょうが、日本のバブルが弾けたようなハードランディングはまずいでしょうから、ソフトランディングができるように注目しておく必要があるでしょう。
不動産バブルの弾け方は景気の先行きを左右するものでどうなるか見物です。
posted by mabou at 22:29 | 借金・ローンインフォ

震災関連の倒産

東日本大震災の後に起きた福島第一原発の放射能漏れ事故によって多くの観光地では外国人観光客離れも顕著で、ホテルや旅館の予約も軒並みキャンセルが続いているといいます。
そんな中で老舗のホテルも倒産するということで、負債を抱えて観光客の減少に苦しむ状態が続くことから、ほかにも倒産するところが出るだろうといわれています。
こうした震災関連の倒産も東京電力の損害賠償に含まれるとすると、東京電力の補償する損害賠償金の金額は想像できないほどの巨額になるでしょうから、国の補償が入るとは思いますが、東京電力の借金も想像できないほど増えていくのではないでしょうか。
posted by mabou at 02:58 | 借金・ローンインフォ

東日本大震災と経済活動

東日本大震災では、巨大な津波が沿岸部を襲って、多くの工場も被災したため、自動車産業の生産台数は大きく落ち込み、生産業だけでなく自粛ムードもあって消費の落ち込みは激しくサービス業にいたるまですべての業種で売り上げは記録的な落ち込みを示したといいます。
経済活動の停滞は被災地の復興にはマイナスと考えられ、景気の浮揚策が望まれるところかも知れません。地震や津波で被害を受けた会社などは借金して復興への一歩を踏み出そうとしているでしょうから、消費が落ち込まないような経済政策が必要と思われます。
posted by mabou at 00:25 | 借金・ローンインフォ

フラット35S

優良住宅取得支援制度はフラット35Sといわれ、今年中の申し込みには金利の引き下げ幅の拡大が適用されており、住宅取得の推進に役立っているようです。
例えば当初10年間の金利が1%引き下げられるということもありますが、募集金額に達すると受付終了となるそうですから注意が必要です。
超低金利と言われている現在ですから、さらに金利が引き下げられるのは住宅ローンを検討している方には魅力的と思われます。マイホーム獲得に意欲的な方にはチェックしておいてほしい住宅ローンの金利です。
posted by mabou at 21:45 | 借金・ローンインフォ

四川大地震からの復興

中国の四川省を襲った四川大地震では、中国政府が強力な指導力を発揮して復興事業を進め、巨額な資金を投入して復興振りをアピールしているといいます。経済成長の著しい中国だからこそ短期間での復興事業が可能であったのかも知れませんが、日本の東日本大震災の復興事業にも参考になる点が少なくはないのではないでしょうか。
中央政府の強力な指導力発揮が必要なのかも知れませんが、現政権に資金集めをはじめとして強力な指導力発揮が望めるのか、少し心配です。
posted by mabou at 21:22 | 借金・ローンインフォ

▲このページの先頭へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。