スポンサードリンク

アメリカでの小売売り上げ低下

日本の東日本大震災に伴うサプライチェーンの被害により、アメリカへの自動車や部品供給が停滞して、小売売り上げ減少へと大きな影響があったといいます。
日本からアメリカへの輸出も落ち込んで、アメリカの貿易赤字が減少するという影響もあったようで、逆に日本は大幅な貿易赤字に転落したようです。
大きな借金を抱える日本にとって、貿易赤字の拡大は注意する必要がありそうです。
posted by mabou at 06:00 | 借金・ローンインフォ

振り込め詐欺の国際化?

経済成長著しい中国と台湾の経済交流が活発化しているのはいいのですが、国際的な詐欺集団が日本の振り込め詐欺のような犯罪を引き起こしているといい、日本の詐欺集団の関与も疑われているようです。
インターネット電話を使って発信元をわかりにくくして詐欺を働く集団は、国際的に摘発も進められているようですが、老後の資金を振り込め詐欺に盗られたりしないよう注意が必要でしょう。
posted by mabou at 05:43 | 借金・ローンインフォ

生活保護世帯の増加

東日本大震災の被害による影響もあると思いますが、生活保護世帯および人数が急増しているようで、被災地では住宅ローンや自動車のローンを抱えたまま、家や車が流されてローンだけが残るなど生活再建の目途がたっていないケースが多いといいます。
また、震災関連の倒産や減産など、多くの企業が影響を受けていることから収入が減ったという家庭も少なくないと思われます。
厳しい雇用環境に立ち向かって生活再建を成し遂げて、ローンの返済に結びつくような経済支援策が必要なのでしょう。
posted by mabou at 22:00 | 借金・ローンインフォ

ギリシャと債務不履行

ギリシャの財政危機はかなり深刻な状況のようで、リファイナンスよりも状況は悪い債務不履行(デフォルト)に近いと判断されているようで、格付け会社による格付けもさらに下落する見込みです。
ギリシャの財政危機がユーロ安につながっているようで、欧州連合や国際通貨基金などからの支援なしにはにっちもさっちもいかない状況に陥っているようです。
日本も国債の信用がなくなる状況は大きく変わらないと思いますから財政健全化を急ぐべきでしょう。
posted by mabou at 07:42 | 借金・ローンインフォ

焼肉店再開の断念

日本での出血性大腸菌による集団食中毒は死者も出ており、損害賠償金の支払いが大変だと思われますが、とうの焼肉店は営業中止による資金繰りも苦しくなり、営業再開を諦めることになったようです。
折りしもヨーロッパでは病原性大腸菌O104による感染がヨーロッパ中に広がって、死者も出ているようですが、暑くて湿気も高い夏に向けて食中毒予防の徹底化を図るべきでしょう。感染症の予防体制の強化は日本も同様急務でしょう。
posted by mabou at 23:00 | 借金・ローンインフォ

東京電力の巨額賠償問題

東京電力福島第一原発では東日本大震災の津波を受け、放射能漏れ事故が発生し、未だに事故収束の目途は立っていません。
放射能漏れ範囲の拡大で被害は増加し続け、それに伴う賠償問題は東京電力の経営の屋台骨を揺るがすほどの巨額にのぼるといわれています。
原子力損害賠償審査会での補償の判定は難しい判断を求められることと思いますが、東京電力は補償に備えて銀行団などから融資を受ける必要があるようで、今後の賠償補償がすんなり進んでいくとは考え難いと思います。
posted by mabou at 22:37 | 借金・ローンインフォ

公債特例法

東日本大震災の復興費用に赤字国債の発行が可能になるよう公債特例法の成立を政府は目指しているようです。借金まみれの国の財政が持つのか心配ですが、ほかに道がないのなら、削れるところは削った上で足りない分は借金するということになるのでしょうが、財政危機に火をつけることになるのは避けられないでしょう。
一体どうやって借金を返していくのか、基本的には借金する時は返済計画をしっかり立ててからにしましょう。
posted by mabou at 21:36 | 借金・ローンインフォ

著名投資家との昼食

アメリカでは有名な投資家とランチを食べるために何億ものお金を払う方がいるようで、びっくりしますが、住宅ローンの支払いに苦労している一般人とは比べ物にならない話でしょう。
株をはじめ投資は借金してするものではないといわれますが、余裕の資金があればいいのでしょうが、なかなか余裕資金といわれても簡単ではないでしょう。
この有名な投資家は、若い時に親戚などから預かったお金を元手に投資家への道を歩み始めたそうで、企業分析に長けていたといいます。
posted by mabou at 13:25 | 借金・ローンインフォ

中国の露天商事情

中国では露天商が許可されていないため取り締まり側に場所代を支払って黙認してもらっているということで、その場所代を支払っていない女性が当局に排除されたことから暴動に発展したといいますから、賄賂の問題も深刻な社会問題となっているように思われます。
お金にまつわる不正は世界中どこでも悩みの種でしょうが、中国での賄賂問題はかなり深刻な問題のように見えます。
posted by mabou at 07:13 | 借金・ローンインフォ

アメリカでの低金利

アメリカ経済の回復基調はまだ確信的とはいえないようで、低金利が続くと見られているようで、新興国など高金利の国へと投資資金が流れて行っているようだといいます。慢性的な失業問題もあり、アメリカドルは日本円に対して下落しているようです。
金融緩和がしばらくアメリカでは続くことになりそうですが、円高は東日本大震災後の輸出の落ち込みで輸入超過となっている日本にとっては景気回復に向けて悩ましい問題となっているようです。
posted by mabou at 22:40 | 借金・ローンインフォ

日本国内の空洞化?

海外企業による日本企業の買収は、東日本大震災を境に急減しているといい、対照的に円高や低金利の追い風も受けて、日本企業の海外企業の買収は増加しているといいます。
原発事故による電力供給量の低下から計画停電も行われ、企業が海外での生産を増やして対応していくことも考えられ、国内産業の空洞化が懸念されているといいます。
輸出が頼みの日本経済ともいわれますが、震災後は貿易収支も輸入超過で悪化しているようで、国の財政再建も目途が立たないのに復興資金は巨額に上るというピンチといえそうです。
posted by mabou at 21:59 | 借金・ローンインフォ

原子力賠償支援機構と中部電力

東日本大震災後の東京電力福島第一原発の放射能漏れ事故に伴う賠償金が巨額に上ることから、原子力賠償支援機構に各電力会社から負担金を集めて原発事故の補償に当てるという案ですが、浜岡原発の運転停止によって業績悪化もあり、中部電力では負担金の免除を希望しているといいます。
各電力会社も株主の理解を得るのは容易ではないようで、原発に関わることで業績悪化が心配されるため原発からの撤退を求める声も少なくないようです。
posted by mabou at 21:28 | 借金・ローンインフォ

高速道路料金無料化の頓挫

高速道路の無料化を掲げていた民主党政府ですが、結局財源不足とのことで頓挫することになったようです。
一体、高速道路無料化が経済活性化にどのくらい効果があるのかどうかもはっきりしないまま終わりになるようで、観光地の関係者にとっては残念な結果といえそうです。
東日本大震災の復興に向けて、東北地方の高速道路は無料化されるようですが、景気の浮揚につながるかどうか、簡単とは思われません。
復興資金の財源も見つからない中で、借金まみれといえる財政状況を考えるとやむを得ないのでしょう。
posted by mabou at 20:56 | 借金・ローンインフォ

電力会社と原発

東京電力福島第一発電所の放射能漏れ事故を受けて、電力会社では株主が原発からの撤退を求める声が相次いでいるようです。
東京電力は社債の発行もままならないようで、余裕資金も福島第一発電所の放射能漏れ事故対応や代替電力の供給などに使われて借金する必要はあるようですが、銀行などからの融資も簡単ではないかも知れません。
原発の復活をどうするか国民投票を行う国もあるようで、原発への逆風は当分収まりそうもなく、東京電力など電力会社の経営も舵取りは難しくなると思われます。
posted by mabou at 19:38 | 借金・ローンインフォ

消費税の引き上げ?

国際通貨基金の低減によると消費税の引き上げは来年からでも行ったほうがよいようです。
しかし、増税は景気の振興にはマイナスという意見もあるようで、いつから消費税が引き上げられるかはもう少し議論が必要なようです。
いずれにしても復興のための財源が不足するのは明らかで、増税以外に道があるかといえばなさそうで、家計の負担は増えると覚悟することでしょう。
posted by mabou at 23:04 | 借金・ローンインフォ

高速道路の料金が上がります

無料化や休日値下げで各地の観光地には恩恵となっていた高速道路の料金も、東日本大震災の復興支援のために東北地方の高速道路が無料化されて、ほかの高速道路は通行料が上がることになり、各地の観光地では売り上げ減少を心配しているようです。
高速道路の建設コストが高いのでしょうから借金返済のためにも通行料金も高くなるのは仕方ないのかも知れませんが、経済効果を高めるためとすれば通行料金は今のままでは高すぎるのではないでしょうか。
復興財源も景気が悪くなっては集めることもできないでしょうから、景気の振興策で不景気を克服することが大事でしょう。
posted by mabou at 21:49 | 借金・ローンインフォ

アメリカの財政赤字

アメリカも日本同様、財政改革が思うように進まず、財政赤字は前年より減少しているとはいうものの、国債の格付け引き下げも検討されているようです。連邦債務の上限に財政赤字が近づいていて債務不履行に陥る可能性もあるといいますから大ピンチなのは確かでしょう。
日本も国債の格付けが引きさげらる可能性はあると思いますから、借金もほどほどにしないとローン地獄に陥ることを心配しなければならないでしょう。
posted by mabou at 16:40 | 借金・ローンインフォ

貿易赤字の増加

東日本大震災では東北地方の自動車部品供給メーカーや半導体工場が被災して自動車の生産が停滞するなど、日本の輸出金額が大幅に減少して、一方で、中東情勢の不安定化などで原油の値段が上昇するなど輸入金額は増加した結果、日本の貿易赤字がかなり増加したといいます。
これまでの日本の経済成長を支えてきた輸出産業が打撃を受けることは、日本の借金金額の減少、つまり財政再建にも暗い影を落とすことになりかねません。
posted by mabou at 21:21 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの財政危機

ギリシャは国債のデフォルトを避けるためにも欧州連合や国際通貨基金からの支援を引き出す必要があり、そのためには財政再建策を提出する必要があります。
しかし、ギリシャの経済成長率は予想よりも悪く、財政再建には黄信号がともっているようにも見えます。
金融危機を避けるためにギリシャへの支援や融資は必要ですが、どこまで続くのか今後も目が離せないようです。
posted by mabou at 17:10 | 借金・ローンインフォ

株価の低迷

日本経済は東日本大震災からの復興もままならず、景気は低迷し、株価の下落で成長率も停滞しているといいます。復興景気を期待することは今のところ難しそうです。
しかし、震災関連の失業も少なくなく、失業率も上昇していることから景気の回復は早急に求められるところで、政局の混迷はマイナスといえるでしょう。
復興資金の捻出に国債を発行して新たな借金をするのも困難な国としては増税も避けられないという事態によい対策はあるのでしょうか。
posted by mabou at 07:36 | 借金・ローンインフォ

住宅ローンと賃貸物件

東日本大震災では湾岸地区など人気の高かった住宅地域で液状化により一戸建て住宅は家が傾くなど大きな被害を受けており、一方でマンションでは被害が少なく、マンション人気が高くなっているようです。
また、津波で自宅が流されるなどして住宅ローンだけが残るという被害からか、一戸建て購入から賃貸マンションへと人気が移ってきているともいいます。住宅ローンを抱え込むリスクが恐ろしく感じられるのかもしれません。
posted by mabou at 22:40 | 借金・ローンインフォ

ヤミ金融の取立て

ヤミ金融は違法な金貸しで、相当儲かるようですが、逆に言うと被害者にとっては取立てが厳しいということになって、なかには自殺した方も出ているようです。
借金返済が迫ると、切羽詰って金利が高くても借りてしまうのは仕方のないところかもしれませんが、後で金利が高すぎて雪だるま式に借金が膨らむことになりかねません。
よほど借金するときは返せるかどうか慎重に考える必要があるでしょう。
posted by mabou at 16:22 | 借金・ローンインフォ

ドル安ユーロ安円高

ヨーロッパではギリシャなど金融不安が増していて、支援が検討されていますが、ユーロ安の一因になっているようです。
アメリカでは景気の回復が思わしくないとの見方もあって、ドル売りにつながっているようで、ドル安となっているようです。
そうすると円高になってしまうわけで、それでなくても東日本大震災で多くの工場も壊滅的な被害を受けて部品供給が滞って自動車産業をはじめ輸出が急減して貿易赤字が増加している日本にとっては有難くない状況のようです。
posted by mabou at 16:16 | 借金・ローンインフォ

ベラルーシの経済危機

ベラルーシでは外貨準備が急速に不足して経済危機に陥っているようで、ソビエトを中心に緊急融資が行われているといいます。
ヨーロッパ連合でのギリシャの金融危機についてはよくニュースになっていますが、ベラルーシの金融危機についてはあまり報道されていないようです。
日本も国債を頻発し借金が多額に上るところは似たところもあり、さらに東日本大震災の影響もあって、頼みの貿易でも輸出は急減し貿易赤字が急増していることもありますから要注意でしょう。
posted by mabou at 06:10 | 借金・ローンインフォ

震災関連倒産件数の増加について

東日本大震災関連の倒産は、阪神大震災後の倒産を上回るペースで増加しているといい、消費の自粛もあって景気の失速が心配されています。
アメリカ経済も影響を受けて経済の停滞が見られるといいますから、日本経済の復興が世界的にも重要と思われます。
震災からの復興需要が今後経済成長に向かってくれることが期待されます。
posted by mabou at 22:02 | 借金・ローンインフォ

東京電力株の下落

東京電力株は、東京電力を法的整理対象にすべきという意見もあって、急速に下落したようで、電力株の下落に、株主である銀行株まで下落したようです。
折から福島第一原発の放射能漏れ事故は当初の予想よりも深刻な事態であるということも分かり、事故の収束にも長期間が必要ということが確実視されているようです。
こうなると会社も格付けが下がって投資不適格ということになりかねず、借金しようにも簡単には借金ができなくなってくるかもしれません。
posted by mabou at 21:37 | 借金・ローンインフォ

東証の上場?

東京証券取引所は株式上場すると予想されているようです。
景気は悪く、株式市況は低迷し、中小証券会社の業績は赤字が続出しているそうですが、東京証券取引所が株式会社になった際に証券会社には株式の割り当てがあったそうで、東京証券取引所は株式上場すると株式の売却益が証券会社にとっては待ち遠しいようです。
証券会社間の競争も激しいのでしょうが、赤字だらけでは困ってしまいます。
posted by mabou at 07:51 | 借金・ローンインフォ

ギリシャでの年金問題

ギリシャは金融危機回避のために欧州連合や国際通貨基金などが緊急融資の実行へと動き出しているようですが、ドイツなど支援する側の国からは借金まみれになった国を自国民の税金で救済することに対する抵抗も根強くあるようです。
そんな状況の中で、日本でも問題になりましたが、死亡したのに届出をせずに年金支給を受け続けているケースが多いらしく、新たな批判の的になりそうに思われます。死者の年金を受給するということがかなり行われているようで日本と同様、100歳以上の年金受給者の調査が行われるようです。
日本も借金まみれという点では同じといえ、ギリシャの金融不安から教訓を学ぶべきなのでしょう。
posted by mabou at 22:27 | 借金・ローンインフォ

中小企業再生ファンド

東日本大震災の被害を受けた中小企業を対象に、いわゆる2重ローン問題の解決に向けて、中小企業再生ファンドを設立して、政府が債務保証をして中小企業向けの資金調達に乗り出すということです。
津波に工場を流されるなどして借金だけが残った中小企業も、事業内容が評価されれば資金を調達できる可能性が出たわけですから2重ローンの解消にひとつの前進といえるでしょう。
借金問題を解消して前進していくことで経済活性化につなげることが震災復興にも役立つことでしょう。
posted by mabou at 21:19 | 借金・ローンインフォ

自動車産業と円高

ヨーロッパやアメリカなど各国で自国通貨安への競争のような状態もあって円高が進んでいるようですが、輸出産業にとっては円高は収益の圧迫へとつながっています。
したがって、自動車産業などでは車の値段が引き上げられるのではないかとも言われているようです。
東日本大震災の後では、中東の政情不安もあるのでしょうがガソリンが値上げされたり、福島第一原発事故による放射能汚染の問題で野菜も出荷制限がかかったり、電力会社も火力発電に切り替えるとコスト増となるようで電気代の値上げも避けられないようで、家計には負担増となるような気配です。
景気は低迷しているのに物価が値上がりするとすれば生活は苦しくなっていくのかも知れません。
posted by mabou at 06:33 | 借金・ローンインフォ

円高不況になるのか?

アメリカでは金融緩和策で低金利が続いているといい、一方ヨーロッパではギリシャを始め財政再建が必要な国が出ていて金融不安からユーロ安となっているといいます。そこで、国の借金は多額でも海外資産が豊富な日本がまだ安心できるということのようですが比較的円が買いやすい状況となって円高が進行しているといわれています。
円高は外貨を稼ぐ輸出企業にとっては有難くない話といえ、ドルで買ってもらっていると円での価値は円高で下がってしまいます。したがって円高で利益が減少することになります。
posted by mabou at 22:31 | 借金・ローンインフォ

電力会社の株主総会

東日本大震災による東京電力福島第一原発事故は、ほかの電力会社の原子力発電所も停止に追い込まれるなど安全面での懸念が強くなっています。電力会社にとっては、原発停止によって火力発電所での電力供給を考えるなど費用がかさむことになり、経営面での負担になっているといえそうです。
したがって、電力会社の株主総会では経営的に負担となる原発からは撤退すべきという声も出ているようで、電力会社の経営が悪化すれば役員報酬など経費削減の対象になってくる可能性もあるようです。
posted by mabou at 22:10 | 借金・ローンインフォ

東京電力の赤字

東京電力は東日本大震災に関連する福島第一原発の放射能漏れ事故の賠償金を抜きにしても火力発電所の稼動や燃料費の増加など費用がかさみ赤字が増加して預貯金が急速に底を尽きつつあるようです。
今後の賠償金の支払いについては、銀行団など金融機関の融資や政府の支援なしには到底できそうもないようで、東京電力の借金はさらに増加することは避けられないでしょう。
東京電力の経営が行き詰るようなことになれば一時国営化などの話も出てくるのではないでしょうか。
posted by mabou at 21:26 | 借金・ローンインフォ

ギリシャへの追加支援策

金融危機が心配されているギリシャでは、欧州連合からの追加支援を引き出すために財政再建策がさらに検討されているようで、結局国民の負担増になるのではないかということから、デモも相次いでいて国民の反発も強いようです。
一方ではほかのユーロ加盟国からはギリシャの財政再建策が十分ではないという批判も出ているようで、いわばギリシャの借金のツケを自国の税金で支援することへの不満もあるようです。
それでも追加支援なしには債務不履行が避けられないとの懸念もあってギリシャとしては追加の財政再建策を打ち出して欧州連合など支援する側の理解を求めるしか手はないように見えます。
posted by mabou at 06:19 | 借金・ローンインフォ

アメリカ自動車産業の復興

アメリカでは自動車産業の元気のなさが従来のニュースでしたが、クライスラーが借り入れしていた公的資金を完済したといい、自動車産業は息を吹き返してきたようです。
トヨタ自動車に対する訴訟が相次いだことなどに加えて、東日本大震災による車の部品供給の滞りから日本の自動車産業が生産能力を大幅に低下させたことも追い風になっていると思われますが、アメリカ自動車産業の底力を見るような気もします。
posted by mabou at 22:25 | 借金・ローンインフォ

社会保障と消費税

社会保障改革が進められているようですが、高齢化や基礎年金の国庫負担増などお金のかかることはたくさんあり、財源に困っているようで、結局税金のアップということに落ち着きそうです。
税金のなかでも消費税率がアップするようで、家計にはかなりの負担増になるかも知れません。
そうすると景気が悪くなるのではないかと心配になります。
消費税のアップ前には駆け込み需要が増えるのでしょうが、その後の景気振興策が必要でしょう。
posted by mabou at 17:03 | 借金・ローンインフォ

借金ローン問題と震災

阪神大震災でも多くの方が住宅を失い、住宅ローンの支払いだけが残って住む場所もないという状態から、新たに住宅ローンを組んでマイホームを建築して二重ローンの負担を背負い、結局ローンの返済が重荷になって自己破産するというケースもあったといいます。
今回の東日本大震災でも多くの方が自宅を津波に流されるなどして失い、住宅ローンだけが残った上に、さらに自動車も流されたりして失い、車のローンまで残った方も少なくないようです。
そうなると新たに自宅を建てるために住宅ローンを組んだり、自動車のローンを背負うことになり、負担は4重にローンを背負うことになるといいますから大変です。
posted by mabou at 11:47 | 借金・ローンインフォ

ギリシャへの追加支援

ギリシャでは財政建て直しがはかられ、赤字の削減や税収のアップなど、再建策が計画されていますが、さらなる金融支援が必要ということで、欧州連合や欧州中央銀行、国際通貨基金などがさらなる追加融資に踏み切る見込みといいます。
ギリシャの国債金利は上昇して資金調達も容易ではないようです。
ユーロ安にもつながる可能性のあるギリシャの金融危機は欧州連合などが融資に踏み切ることで、当面は回避されるのでしょうが、ギリシャの財政再建策が有効に稼動しないとさらなる金融不安を引き起こす可能性もあるように思われます。
posted by mabou at 07:03 | 借金・ローンインフォ

東日本大震災とファンド

東日本大震災と、それに続く福島第一原発事故により日本株は大きく下落したようで、そこで資金の運用をしていたファンドのなかには大きな損失を出してしまった所もあるようです。当然、顧客からは解約申し出が続出することになり、長期的な資金運用を目指すことが不可能になってしまうこともあると思います。
予測困難な出来事が運用成績の悪化につながることもやむを得ないほど今回の東日本大震災の被害は巨大ということができるでしょう。
posted by mabou at 23:33 | 借金・ローンインフォ

国家公務員給与の削減について

東日本大震災による影響もあるのでしょうか、国家公務員給与の削減が行われる可能性もあるようですが、景気の停滞につながると税収も減ってしまうことになり、ただでさえ国債を発行しすぎて借金で首が回らない状態の日本としては経費の削減に走るしかないのかも知れません。
財政の健全化を早急にはからなければ日本は国債の格付けも引き下げられるかもしれず、借金するにもできなくなる可能性もあると思われます。
posted by mabou at 22:12 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの債務とユーロ安

ユーロ圏ではギリシャなど財政赤字が問題となっている国もあり、ギリシャでは債務不履行の危機的状況もあるようで、格付けも引き下げられており、EUやIMFが支援策を打ち出しているようです。
しかし、IMF国際通貨基金の支援が滞るのではないかとの予想もあるようで、赤字削減の進まないギリシャ問題などの影響でユーロ安となっているようです。
国の借金問題は日本も人事ではありませんから、早急に財政健全化をはかる必要があるでしょう。
posted by mabou at 07:11 | 借金・ローンインフォ

去年の税収は好調?

財政問題で国債の発行も安易にできない日本は、福島第一原発事故の補償問題や東日本大震災からの復興資金などお金のかかることが目白押しで、日本国際の格付けも下落するのではないかと心配されますが、去年の税収は景気回復の効果もあって好調ということです。
今年は震災の影響で景気は順調とはいえませんから税収も大幅にダウンするのではないかと思われますが、国の借金がこれ以上増えないように祈るのみです。
posted by mabou at 23:11 | 借金・ローンインフォ

東京電力株の下落

東京電力は福島第一原発事故の収束が未だに見えず、一方では放射能漏れによる農業や漁業、林業、商業、工業と幅広く損害賠償請求が起こされると思われ、賠償金の準備も容易ではないと思われるほど巨額の被害が予想されます。
当然、先行きの不透明感は会社の格付け低下につながり、株は下落して大株主である金融機関は大きな損害を蒙ることになるでしょう。
東京電力は会社の格付けで投資不適格の段階まで引き下げられているといいますから、借金も普通なら低金利ではできないところまで苦境に立っているといえそうです。
posted by mabou at 22:16 | 借金・ローンインフォ

林原グループの買収

岡山県では有数の企業である林原グループは食品から医薬品まで研究開発にも強みのあった企業ですが、事業拡大が急すぎたのか経営破綻してしまいました。
地元の中国銀行も融資していたようで打撃を受けているようです。
借金して事業を拡大するのが普通なのでしょうが、借金のし過ぎは問題ということなのかも知れません。
バイオ関連の企業ということで食品会社などを中心に買収先が検討されているようですが、岡山県の有力企業がひとつ減るとしたら寂しさを感じます。
posted by mabou at 17:14 | 借金・ローンインフォ

電力会社の社債発行再開

福島第一原発事故の賠償金問題を抱える東京電力は、事故前は最大の電力債を起債していたそうで、それ以外の電力会社は相次いで社債の起債を再開する予定のようです。
しかし、原発事故前のような低金利での社債発行は困難ではないかとの見方もあり、借金するにも信用第一ということがいえそうです。
東京電力は原発事故の賠償金が巨額に上り、事故の収束の目途も立たないことから、核付けの引き下げも検討されており、社債の発行も簡単ではないようです。
posted by mabou at 23:17 | 借金・ローンインフォ

日本国債格付け引き下げか?

東日本大震災の巨額の復興費用の捻出や政府の対応策や動きの緩慢さが日本国債も格付け引き下げの対象になっているようで、借金まみれの日本の財政事情がさらに悪化するのではないかとの観測がなされているようです。
福島第一原発事故については東京電力と国が責任の擦り付け合いをしているような印象も持ってしまい、原発事故の収束に目途がついてきたとはいえないところも外国から見ると不安定要因と映るのではないでしょうか。
やはり政府が福島第一原発事故の収束に向けて道筋を示して経済的な復興に向けて前進する対応策を示すことが必要ではないでしょうか。
巨額の債務を抱えて震災からの復興を進める具体策が必要とされているのでしょう。
posted by mabou at 22:46 | 借金・ローンインフォ

原発事故賠償金の仮払い

福島第一原発の放射能漏れ事故による風評被害をはじめ広範囲に損害が発生しており、原発事故の収束が先の見えない状態で、今後も被害は拡大していくと思われます。
そんな中、農業者や漁業者から出されていた損害賠償請求に対して賠償金の仮払いが始まったといいます。
放射性物質の広がりは思ったより広範囲で、それによる被害は予測できないほど巨額と考えられ、東京電力といえども独力で支払える金額では収まりそうもありません。
posted by mabou at 22:11 | 借金・ローンインフォ

ロシアの金利

日本ではデフレが問題にされており、金利も超低金利といわれていますが、ロシアではインフレ懸念が高まっていて金利の引き上げが行われたといいますから、いろんな国があるもので、世界中がデフレではないわけです。
金利の引き上げが経済の失速につながらないようコントロールがなされていくのでしょうが、ロシアの動向にも注目です。
中東の政情不安などで石油価格が値上がりするなど家計の負担は増える様子ですが、日本のデフレもどうなっていくのか注意が必要でしょう。
posted by mabou at 07:38 | 借金・ローンインフォ

東京電力の長期格付け

東京電力の長期格付けは投資不適格とされる段階まで引き下げられたそうで、やはり政府の支援がはっきりしないと福島第一原発の事故に対する損害賠償も金額的にどこまで膨らむか不透明で、経営の先行きも不透明感が払拭できないという不安が格付け低下にも影響しているのでしょう。
借金だけが増えていって、事業が行き詰るということにはならないように、東京電力に融資している金融機関の協力も必要でしょうが、支援の枠組み作りに早急に取り組んでいく必要がありそうです。
posted by mabou at 23:01 | 借金・ローンインフォ

アイルランドの財政問題

ギリシャだけでなく、例えばアイルランドも財政問題を抱えているといわれ、資金の調達に苦労しており、EUとIMFからの融資なしには財政的に立ち行かなくなる可能性もあるようです。
それでもギリシャほどは切迫した状況ではないようで、借金を返す時間的な余裕はあるようですが、欧州連合も経済的に苦しい国が少なくなく、その救済問題で頭を悩ませているように思われます。
金融危機の再来はごめんですから欧州連合などの融資など支援がうまくいくと期待したいところです。
posted by mabou at 22:30 | 借金・ローンインフォ

漁業復興と借金

東日本大震災の津波による被害は甚大で、漁港なども壊滅的な打撃を受けたといいます。過去にも、例えば北海道の奥尻島の漁港も津波で大きな被害が出て、復興に巨額の費用が必要となり借金になりますが地方債を発行して津波対策なども行われたようですが、借金が重荷にもなるようで、思うように漁業の振興にはつながっていないとも言います。
借金の重みに負けないように地方自治体の収入を増やす工夫が求められているようです。
posted by mabou at 10:33 | 借金・ローンインフォ

日本郵政グループについて

日本郵政グループの中でも郵便事業は苦戦を強いられているようですが、一方ではゆうちょ銀行やかんぽ生命といった金融2社は業績好調で採用人数も増加しているようです。
ゆうちょ銀行は民間銀行に比べると全国どこでもあることが便利といえるでしょう。かんぽ生命も同じで、便利といえば便利といえるでしょう。
住宅ローンなど大口の融資には便利とはいえないのでしょうが生活資金のためには便利なのでしょう。そのうちゆうちょ銀行でも住宅ローンが借りられるようになるのでしょうか?
posted by mabou at 20:52 | 借金・ローンインフォ

消費税の引き上げについて

東日本大震災の復興には巨額の費用が必要で、税金引き上げによる財源確保が避けられないのではないかと思われます。一番の候補は消費税率の引き上げということですが、ただでさえ震災後の消費低迷で景気の悪化が心配されていて、消費税引き上げにも注意は必要でしょう。
さらに高齢化の進む社会での社会保障費の伸びが急速で、社会保障費の増大に対しても財源として税金引き上げによる財源確保が避けられないのではないかと言われています。個人の財布は税金引き上げに対して引き締められるのではないかと考えられ、景気の低迷が心配されます。
posted by mabou at 19:18 | 借金・ローンインフォ

欧州債務危機について

ヨーロッパ連合(EU)内では、ギリシャの債務問題など財政上の懸念が持たれる国も少なくなくユーロ安など問題を引き起こしているとして、ギリシャの債務問題への一層の努力や国際通貨基金(IMF)との協力など債務危機問題解決への努力が続けられているようです。
もちろん日本やアメリカも財政健全化は共通の課題で、個人の借金で言えば破産する水準の借金を国としてかかているようですから、早急な財政健全化が求められているようです。
日本では東日本大震災の復興費用や福島第一原発事故の補償費用など巨額の資金が必要で増税も必要という状況になっているわけで、財政問題の先送りはこれ以上はもうできない状況になっているといえるでしょう。
posted by mabou at 09:30 | 借金・ローンインフォ

東京電力へ農産物賠償

東京電力福島第一原発では東日本大震災から放射能漏れが続いており、周辺の農産物は風評被害も含めて大きな損害を蒙っているようで、農産物は全品目が補償の対象とされるようです。
農産物だけでなく漁業も商工業もすべてが風評被害を含めて損害を受けているわけで、どこまで東京電力の補償が必要になってくるかも東京電力の経営に関わってくることと思われます。
有利子負債も少なくないわけですから東京電力の経営も今後賠償金が積み上がっていくとなると厳しい経営状況に陥るかもしれません。
posted by mabou at 12:20 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの格付け引き下げ

ギリシャの国債償還が困難との見方もあるようで、格付けが引き下げられ、投機的な段階になってきたようです。これでは債務不履行になってしまう可能性もあるのではないかと心配になるほどです。
ヨーロッパ共同体の支援が得られないとするとギリシャの財政再建は厳しいようで、ユーロ圏の経済上の懸念材料となっているようです。
借金が膨らむと利子の支払いだけでも大変になるでしょうからユーロ圏の支援がギリシャの財政再建には欠かせないと思われます。
posted by mabou at 20:51 | 借金・ローンインフォ

銀行の赤字

東日本大震災では多くの企業も被災して、中には再建を断念して倒産したところも少なくないようです。当然、融資していた銀行にとっては貸し倒れとなりますから、銀行の業績も悪化することになり、ますます景気の悪化が進むことになるようです。
ここは公的資金を低利融資などで注入して企業の再建を支援するなど景気悪化を防ぐ手立てを講じる必要がありそうです。震災からの復興支援に銀行の役割も大きいと思われます。
posted by mabou at 20:41 | 借金・ローンインフォ

東京電力のリストラ

東京電力では東日本大震災後の福島第一原発事故による損害賠償が今後巨額に上るため、国の支援なしには賠償金の支払いは困難といわれています。
東京電力の有利子負債はすでに巨額でこれ以上の借金も簡単ではなさそうです。
そのため、公的資金注入に関して役員報酬の減額も含めてリストラを徹底していく方針といいます。
しかし、企業年金や退職金の減額は今のところ考えていないということで、今後の国との支援策についての協議でどうなっていくのか注目されます。
posted by mabou at 17:22 | 借金・ローンインフォ

東京電力と都営バス

東京電力は福島第一原発が東日本大震災により放射能漏れ事故を起こして、原子炉の廃炉費用や代替電力の供給絡みの費用などのほか、原発周辺住民の避難や風評被害など損害賠償金も多額に上る予想がされていて、株価は暴落し配当も急落するという状態で、大株主である都営バスの経営も配当金が期待できなくなることから赤字に転落することが予想されています。
東京電力の経営事態も厳しい状況ですが、関連する会社も同じく厳しい経営状況に直面しているといえそうです。震災関連の倒産も増えているようで、阪神大震災の後、会社再建に成功したケースなども参考に、事業の継続がうまくいくことを祈るばかりです。
posted by mabou at 22:39 | 借金・ローンインフォ

東京電力の経営状態

東日本大震災によって福島第一原発は放射能漏れ事故で世界中に名を知られるようになりましたが、避難住民も多数出て、農業から漁業、工業など広い範囲の損害が発生し、損害賠償の金額はどのくらいに膨れ上がるかも分からないという状況で、経営の先行きは不透明といわれています。
こうした状況で金融機関からは新たに融資を受けて借金をし、賠償金支払いに備えるというのですが、その賠償金は未だに予想もつかないほど巨額になるのではないかと心配もされているようです。
こうなると、債務超過に陥る可能性もないとはいえないようにも思え、倒産するなどして新たな会社で出発するという可能性もひとつの選択肢なのではないかと思われます。
posted by mabou at 22:28 | 借金・ローンインフォ

▲このページの先頭へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。