スポンサードリンク

ギリシャの金融危機とブラジル

ギリシャの財政危機が金融危機を招くのではないかと心配されていますが、議会では緊縮財政案が可決されることになったようで、これが金融危機への不安を和らげ、ブラジルの株価や通貨高にも影響しているといいますからグローバル経済というものは複雑なものです。
一国の借金による破綻はグローバリゼーションにより各国へと波及していくためよその国のことと安心できないようになっているのです。
posted by mabou at 03:28 | 借金・ローンインフォ

震災後のマネタリーベース

東日本大震災後の復興に必要なのだと思いますが、震災後のマネタリーベースは増加していて、日銀の資金供給が潤沢に行われているといいます。
銀行に資金が供給されれれば市中に貸し出しも増えて復興が加速されるという事なのでしょうが、思惑通りに行っているのでしょうか?
借金をこんな時に新たにしてもいいのか悩む人が多いでしょうから、お金はあっても借りる人がいないということでは震災復興もなかなか進まないかもしれません。
posted by mabou at 07:36 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの緊縮財政策

ギリシャでは反対もあるものの緊縮財政策が可決されて、支援の条件に緊縮財政を挙げていた国際通貨基金や欧州連合はほっとひと息というところではないでしょうか。
ギリシャに金融危機が発生すれば、ギリシャ国債を保有するドイツなどにも金融危機が飛び火する可能性があり、世界中に影響することが心配です。
借金だらけで財政危機の打開が必要な日本もギリシャの財政危機を教訓として、すみやかに借金減らしをはかっていく必要があるでしょう。
posted by mabou at 08:56 | 借金・ローンインフォ

都市再生機構の赤字

都市再生機構(UR)は、独立行政法人となっているそうですが、巨額の赤字を抱えて借金だらけで賃貸物件の売却で赤字の削減に乗り出すといいますが、民間では考えられないような贅沢な賃貸物件を抱えて黒字になるはずがないような気がします。
民間の経営努力を見習って意識改革することが出来なければ、すみやかに住宅賃貸事業から撤退して民間不動産業者に委譲するべきかもしれません。利益を上げることが出来ない事業は民間では存続することすら困難で、いつまでも赤字を垂れ流すことはやめて、民間事業者の物件を改善する方向で住宅賃貸事業が進んでいけばよいのではないでしょうか。
posted by mabou at 23:11 | 借金・ローンインフォ

金取引でも詐欺?

金が値上がりしているから必ず儲かるという投資話しで、老後の資金を失ったと思われる詐欺事件が報道されていますが、世の中は一寸先は闇で、必ず儲かるということはありません。
設けるためにはリスクをとる必要があり、必ず儲かるはずがありません。
こうしたお金の教育を日本ではさげすんでやってこなかったことが高齢者の詐欺事件に関係があるような気がしてなりません。
お金は大事なものとして教育していくシステムを作ってこなかった教育システムの不備が早急に解消されることが重要と思われます。
posted by mabou at 22:27 | 借金・ローンインフォ

先物取引で詐欺?

先物取引で投資を進めたものの、実際は運用せずにただ使っていたという詐欺事件が報道されています。
なかには高齢者の老後資金と思われるお金を投資したケースもあるようで、うまい話には裏があるということでしょうか、注意する必要があります。
絶対に儲かるなどの話には乗らないように注意したいもので、世の中に絶対儲かる投資話はないと肝に銘じておくべきでしょう。
posted by mabou at 22:05 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの財政緊縮策

ギリシャ議会で財政緊縮策が通るかどうかは不透明といいますが、緊縮策が通らないとヨーロッパ連合や国際通貨基金からの融資が受けられない可能性があり、こうした不透明さが残ることから安全資産としてのドルが強くなっているといいます。
ギリシャも日本同様、借金が多くてEUの基準を満たすことは難しいようで、財政破綻を回避しなければ金融危機の引き金になりかねないと心配されています。ギリシャの政局混迷が解決されるよう祈るばかりです。
posted by mabou at 16:24 | 借金・ローンインフォ

円定期預金

不確実性の時代に確実性を求めるなら定期預金でしょうが、日本は低金利で金利が低いのが悩みです。
銀行の定期預金も銀行によって違うようで、どうせなら金利の高いところがよいでしょう。
確実性を求めるあなたにネット銀行の定期預金が比較的おすすめかもしれません。
あなたの資産を安全に守るためには定期預金が一番かもしれません。
posted by mabou at 13:22 | 借金・ローンインフォ

住宅金融支援機構と震災

東日本大震災の後、津波などもあって多くの住宅が被害を受けています。住宅金融支援機構では被災した家屋の復旧を促すために、災害復興住宅融資制度を立ち上げて低利の融資が可能になっており、返済猶予などの制度も用意されているためチェックしておく必要がありそうです。
金利引下げはローンを組む際には有難く、震災復興を考える際に災害復興住宅融資制度が使えないか検討しておくとよいでしょう。
posted by mabou at 06:34 | 借金・ローンインフォ

電力会社の格付け引き下げ

東日本大震災の後に起きた福島第一原発の事故は各地の原発稼動の障害となり、火力発電など代替電力源にかかるコストは電力会社の経営を悪化させると考えられているようで、格付けの引き下げが行われています。
東京電力にいたっては原発事故絡みで経営悪化が考えられ、有利子負債も巨額なこともあって投機的な格付け水準まで下落しているといいますから、借金するにも簡単に出来ず電力会社の経営は厳しいものになるでしょう。
庶民にとっては、電力会社の経営悪化が電気料金値上げとなって家計を直撃することになってうれしいものではありませんが、電力会社が借金漬けになるのも困るのでしょう。
posted by mabou at 23:30 | 借金・ローンインフォ

アメリカ連邦債務上限引き上げなるか?

日本も財政危機といわれていますが、アメリカの財政赤字も増加の一途をたどっているようです、アメリカでは連邦債務には上限が設定されていて、上限を超える債務はデフォルトになる可能性があって、世界中に金融危機が広がる恐れがあるといいます。
連邦債務の上限引き上げには議会での承認が必要ですが、野党の共和党は財政支出削減を要求していて、容易に連邦債務の上限引き上げに合意は出来ないようです。
posted by mabou at 23:07 | 借金・ローンインフォ

過払い利息の返還要求

消費者金融はグレーゾーン金利が違法とされてからは過払い利息の返還要求訴訟もあって、多くが銀行の傘下に入ったようですが、倒産に伴い過払い利息の返還は全額は不可能となっています。
しかし、今でも消費者金融会社の創業家に対する過払い利息の返還要求訴訟もあって、やはり消費者金融は大きな利益を上げていたという印象がもたれます。
今後は利息については取りすぎがないように注意が必要でしょうが、ヤミ金融というこわい金貸しもあるようで要注意です。
posted by mabou at 13:19 | 借金・ローンインフォ

アメリカ連邦債務の行方

アメリカでは政府の借金の上限は議会の承認を得て引き上げているといいます。現在も、連邦債務が上限に近づいているため、議会の承認を得て引き上げを図っているのですが、野党共和党は反対しているといい、債務の引き上げが承認されないとアメリカの債務不履行という想定外の金融危機に陥る可能性もあるといいます。
与党民主党と野党共和党の協議次第でしょうが、債務不履行となると借金まみれのアメリカ発の金融危機が世界中に広がるかもしれません。
posted by mabou at 20:58 | 借金・ローンインフォ

東京電力の借金減らし?

東京電力は福島第一原発事故に伴う賠償金が巨額になると予想され、さらに原子力のかわりに火力発電にする費用など、有利子負債を抱えながらさらに融資を銀行や生命保険会社から受けるという厳しい経営状況で、保有する株式も売却する方針といいます。
ともかく東京電力は公的資金の支援を受けなければ借金が多すぎて倒産の危機もあるといわれ、リストラを徹底して支援を受けることで事業の継続をはかるものと思われます。
posted by mabou at 15:58 | 借金・ローンインフォ

被災企業の債権買取

東日本大震災では多くの企業が被災し工場や店舗が再開できずに困っているところも多いようで、再建を手助けするための機関ないし機構を作って、公的資金も使って中小企業の債権を買い取ることで借金の負担を減らして再建がしやすいようにしていく方針のようです。
多くの中小企業が再建のために、あらたなローンを組むことで二重ローンの状態になるのを避けるために、これまでの借金を減免ないし免除できるようにしていこうということのようです。
posted by mabou at 13:32 | 借金・ローンインフォ

避難住民に追加仮払い

福島第一原発事故で避難を余儀なくされている住民には、避難生活の長期化に対して東京電力から生活資金として追加の賠償金仮払いが行われるといいます。
生活資金に困っている避難民も少なくないといいますから生活保障の意味で賠償金仮払いは評価できると思いますが、早期に放射能漏れを収束させることが第一でしょう。
posted by mabou at 23:24 | 借金・ローンインフォ

ドジャースの破産

メジャーリーグのドジャースの破産が報じられ、再建を目指して経営の合理化が進められるといいます。
経営合理化で高給取りの選手はトレードにかけられる模様で、日本人選手の名前も挙がっているようです。
500億円以上の借金を抱えて再建をめざすのは大変かと思いますが、日本の民事再生法のような形での事業を継続しながらの復活になればよいと思います。
経営は楽ではないとは思いますが、選手の方はいきなりトレードに出されるのも大変かと思います。
posted by mabou at 15:08 | 借金・ローンインフォ

日航の業績回復

日本航空は会社更生法の適用後はリストラと増収策が奏功して黒字に転換したといいます。
東日本大震災の後、福島第一原発の放射能汚染問題もあって海外旅客は激減したにも関わらず、黒字になったといいますから、今ままではどんな経営をしていたのかという批判も持たれるとは思いますが、ともかくボーナスも支給されるようになるようで喜んでいいことでしょう。
経営合理化で赤字を黒字化するという成功例として見本にされるような企業努力を日航には期待したいと思います。
posted by mabou at 22:46 | 借金・ローンインフォ

ギリシャ債務問題の行方

ギリシャの財政悪化は深刻で、赤字は相変わらず減少しないようで、仕方なくヨーロッパ連合と国際通貨基金が緊急融資に踏み切ったといいますが、根本的な金融危機の解決には程遠いでしょう。
ギリシャのように財政赤字が続く国はEU加盟国にもほかにもあるようで、ギリシャのデフォルトでも起きればほかの国にも金融危機は飛び火するといわれています。
グローバリゼーションの結果、ヨーロッパのみならず世界的な金融危機が起きるかも知れず油断できないと思います。
フランスの民間銀行が保有するギリシャ国債のうち償還を迎える分はロールオーバーして、あらたに国債に再投資されることとなり、ギリシャの信用力低下を押しとどめようとする策として歓迎されているようですが、こうしたフランスの民間銀行自体も信用力が低下するという事態に落ちいる可能性もあるようです。
posted by mabou at 21:11 | 借金・ローンインフォ

ヤミ金融の減少?

貸し金業法が改正されて、今回調査が行われたそうで、いわゆるヤミ金の利用者が増えるのではないかと心配されていたところが、実際にはヤミ金融の利用は減少しているようで、このまま改正貸し金業法は続くようです。
また、多重債務者についても減少しているといいますから、まずは貸し金業法の改正はうまく行っていると思ってよいようです。
東日本大震災や福島第一原発事故による停電や節電など景気悪化や借金の増える要因も多く、それでも多い多重債務者問題解決にむけて一層の努力が必要でしょう。
posted by mabou at 15:08 | 借金・ローンインフォ

ギリシャとアメリカ

ギリシャでは債務問題が続いていて、欧州連合などが支援のために追加融資を行うことになっていますが、ヨーロッパの信用不安はイタリアの金融機関株の下落などとなって現れているようで、そこからアメリカにも飛び火してニューヨークでも株の下落になって現れているといいます。
財政赤字の問題は、ギリシャのみならずアメリカにしろ日本にしろ同じような問題を抱えていて、緊縮財政で行くのか景気刺激策で行くのか、どちらがいいのか悩ましいところなのでしょうが、赤字を垂れ流し続けるわけにはいきません。
posted by mabou at 05:25 | 借金・ローンインフォ

巨大銀行への自己資本率上乗せ

国際金融において影響が大きいと判断される巨大銀行には、自己資本比率を高めるように求められることが決まったようで、これから対象となる銀行が選び出されて金融危機の回避のために自己資本比率の上乗せが求められることになります。
国際金融システムの安定化に取り組む努力の一環といえるでしょうが、日本の主要銀行は大丈夫なのかと心配になります。銀行の倒産は金融システム不安に繋がりかねず経過する必要があるのでしょう。
日本でかつてのバブル崩壊で銀行の倒産が問題になり自己資本率が引き上げられたのと同じことが国際的に必要になってきているともいえ、日本の教訓が生かされれば金融危機の回避に役立つのではないでしょうか。
posted by mabou at 20:18 | 借金・ローンインフォ

震災復興税の行方

東日本大震災の復興費用は巨額に上り、増税は避けられそうにありませんが、消費税で資金を集めるのか、所得税・法人税の増税で資金集めをするのかはまだはっきりと決まったわけではないように見えます。
増税は景気に悪影響を与える可能性もあって反対も根強いようですが、借金して資金を調達するしかないのではないでしょうか。
赤字国債は振り出しすぎて、簡単には発行できないようですが、ふだんからの借金漬けの財務内容がいっそう厳しい資金繰りにつながっているようです。
うまく借金できても今度は返済の苦労が待っていますから道のりは平坦とはいえないでしょう。
posted by mabou at 08:55 | 借金・ローンインフォ

シティグループの顧客情報

ソニーがハッカー攻撃を受けるなど情報流出にからむ事件はあとを絶ちませんが、アメリカの金融大手シティグループでも、クレジットカードの情報が流出して被害も発生しているためシティグループが補償にあたるといわれています。
クレジットカードの情報を盗むとは、今後も同様の事件防止に注意が必要でしょうが、いたちごっこになるのかも知れません。
posted by mabou at 23:28 | 借金・ローンインフォ

原油価格の高騰

リビアなど中東では政局混乱など不安定材料が増えていて、原油価格は供給不安もあって高騰を続けています。こうした価格高騰が経済復調の足を引っ張ってはならないと、アメリカを始め備蓄原油の放出で原油価格を低下させて景気刺激に期待する方向性が出ています。
福島第一原発事故から世界中で原発の稼動自体が難しくなっており、原油価格の高騰が電気料金の引き上げにもつながることから、経済のマイナス要因になりかねないと考えます。
posted by mabou at 22:48 | 借金・ローンインフォ

ユーロ圏の金融危機

ギリシャの債務問題は緊縮財政の実施に向けて努力が続けられているようですが、ギリシャ国債はデフォルトに陥る可能性もあるということで、長期的なユーロ圏からの金融危機の可能性は続きそうです。
ギリシャだけでなく、ほかの国でも債務超過の問題は出てきていて、債務超過の問題がなくなりそうもありません。
ユーロ圏の金融危機が世界中に広がらないように日本やアメリカは手を打っておくべきなのでしょう。
posted by mabou at 22:14 | 借金・ローンインフォ

中部電力への融資

浜岡原発を停止している中部電力には、政府の原発停止要請に協力したということもあり、日本政策投資銀行などが融資を行うことになったそうです。
電力会社は、東京電力福島第一原発事故の後、社債を発行するなどの資金調達が困難となっているようで、銀行からの融資は必要と思われます。
低利の融資で電力会社の経営を支援することも重要でしょう。
posted by mabou at 21:27 | 借金・ローンインフォ

移植医療のマネー

臓器移植をめぐっては、人工透析中の医師が養子縁組をして腎移植を受けたというニュースが報道されていますが、ほかにも移植をめぐって不透明な金銭授受は絶えないようです。
あまり多額の金銭が動き出すと暴力団などいろんなところから、利益を得ようと人が集まってくるようで、犯罪にまでエスカレートすることが心配されます。こうなってくると臓器移植というより臓器売買という感じになって健康維持のための医療からかけ離れてくることになり問題でしょう。
posted by mabou at 14:40 | 借金・ローンインフォ

ローン返済猶予と銀行

東日本大震災の後は個人向けおよび企業向けのローンの返済猶予が行われているといいますが、返済猶予の件数はかなり多く、銀行経営を圧迫するほどといいますから放置できない問題になりつつあるようです。
ローン返済の目途もつかない借り手もあるでしょうし、連絡のつかない借り手もあるようで、貸し手側の銀行としても頭の痛い問題のようです。
posted by mabou at 13:10 | 借金・ローンインフォ

東京電力の再生計画

東日本大震災に続いて起きた福島第一原発事故から巨額の賠償金問題や、原子力に変わる代替電力供給にコストがかかる東京電力については、政府の第三者委員会も資産査定やリストラなど経営合理化を進める方向で東電の経営再生を目指していくことになるようです。
巨額の資金が必要で、金融機関からの新たな借り入れも行っていくようで、すでに多くの有利子負債を抱えている東電としては政府も含めて支援が欠かせない状況といえるでしょう。
posted by mabou at 23:40 | 借金・ローンインフォ

アメリカ公的債務残高

アメリカ政府の公的債務残高が伸び続けて問題になっているようで、アメリカには連邦債務の上限があって。そこを超えるとデフォルトに陥る危険もあるようですから、借金もすればいいというものではありません。
posted by mabou at 23:49 | 借金・ローンインフォ

連帯保証人と震災

東日本大震災では、多くの企業も被災して会社の存続が不可能になったところも少なくないことと思われます。そうした倒産企業などが金融機関から借金している場合に連帯保証人へ債務の取立てが及ぶと思われますが、会社の経営に関与しない第三者への連帯保証人を禁止するようになるといいます。
これまで連帯保証人を第三者の個人にすることは評判が悪かったようで、これを機に会社の借金を個人はかぶらないですむようになればよいと思われます。
posted by mabou at 23:28 | 借金・ローンインフォ

二重ローンの解消策

東日本大震災の被害で住宅や事業所を失って、再建するためのローンを抱えると二重ローンとなる問題で、解消策が考えられています。
いろんなケースがあるようですが、例えば残ったローンから資産を差し引いた分は金融機関に債権放棄を求めて、応じた金融機関には税での優遇を行っていくという方向もひとつといいます。
事業所については事業継続の方針か廃業の方針かで対応を変えてローン負担を軽減していくように対策が考えられているようです。
posted by mabou at 12:38 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの財政危機とヨーロッパ

ギリシャの財政問題がくすぶり続けているようで、国債のデフォルトもありうるというニュースが流れています。財政赤字の削減は思うように進まないようで、ギリシャ国債のデフォルトは国債を保有しているドイツやフランスの金融機関にも影響を及ぼすことになりますから、ヨーロッパ全体に金融危機を引き起こす可能性があるようです。
ギリシャが抱える巨額の借金は返せないという意見もあって、ヨーロッパ連合などからの支援は欠かせないようです。
posted by mabou at 07:39 | 借金・ローンインフォ

東京電力の今後

東京電力の福島第一原発事故では被害の拡大が広範で、損害賠償金額も巨額に上り、東電の借金がかさめば政府支援が不可欠といわれますが、それは国民負担として跳ね返ってくるものですから、東京電力のリストラや経営合理化など企業努力が求められており、企業年金の削減や電力事業の構造改革まで必要と言う意見もあるようです。
結局独占的な企業に経営努力を求めても効果は薄いということになるのかもしれませんが、独占体制を崩していくことも必要なのかもしれません。
posted by mabou at 23:58 | 借金・ローンインフォ

九州最古の企業も破産

九州での最古の企業とされるスーパーも時代の波に抗えず倒産の憂き目を見ることになったようです。
売り上げが大型スーパーに押されるなどして半分くらいに落ちこんで、不渡り手形を出していたといいますが。今の厳しい時代を反映しているようで、時代の波に取り残されては生き残っていけないということなのでしょう。
時代とともに変化していける企業だけが生き残っていけるのかもしれません。それだけ競争が激化しているといえますし、日本国内の市場が飽和状態になってきたといえるのかもしれません。
posted by mabou at 23:08 | 借金・ローンインフォ

精神的な損害賠償

東日本大震災に関して起きた東京電力福島第一原発事故により避難を余儀なくされた住民への精神的な損害賠償額が東電から出されたようですが、あまりに金額が低すぎるという感が否めません。
生活の基盤を失った避難住民としてはやりきれない思いでいっぱいではないかと思われますが、東京電力にも資金不足というところはあるのでしょうが、もう少し補償について検討してもらう必要があるのではないでしょうか。
posted by mabou at 22:27 | 借金・ローンインフォ

被災地向け低利融資

日銀は東日本大震災の被災地に支店をおく金融機関向けの低利融資を行っており、1年間の期間で低金利での融資を行い復興や復旧の資金にしてもらおうということのようです。
被災した中小企業など資金繰りに窮しているところに資金が流れて会社の復興に役立つことが期待されています。復興需要で被災地に支援となればよいと思われますが、まだまだ瓦礫の撤去も進まないところもあるようで、安い金利での資金供給がどのくらい役立つかは今後の推移を見守る必要があるのでしょう。
posted by mabou at 22:06 | 借金・ローンインフォ

アメリカの債務上限

アメリカも日本同様、財政赤字は悩みの種で、どんどん債務が積み重なって連邦債務上限に近づいているといいます。
つまり、連邦債務上限の引き上げが出来なければ、それ以上借金は増やせないことになり、債務不履行に陥るリスクが高まるということです。
日本に債務上限があると聞いたことはないのですが、際限なく借金が出来るわけもありませんから、当然アメリカ同様債務不履行に陥る危険性はあるといえそうです。
posted by mabou at 20:35 | 借金・ローンインフォ

ギリシャ債務危機回避へ

ギリシャでは財政危機が続いているようで、ヨーロッパ連合などからの財政支援なしには国家破綻の危機にさらされているといいます。
支援なしには債務超過に陥る可能性は大で、緊縮財政に意見の統一も難しく政治的にも混乱しているように見えますが、他の国も巻き込んでの金融危機の再来を避けるためにも債務不履行に陥ることは回避する必要があるでしょう。
ギリシャの債務再編も債務不履行とみなされる可能性があるようで資金援助は必要でしょう。
金融危機の再来を防ぐためには肝心のギリシャの政局混乱の打開も必要と思われますが、どうなのでしょう。
posted by mabou at 07:42 | 借金・ローンインフォ

社会保障と税の一体改革財源

社会保障と税の一体改革は高齢化社会に合った社会保障を考える上で不可欠な改革と思われますが、問題は財源でしょう。
一応消費税の増税が有力案と思われますが、民主党内の消費税増税反対論が根強いようで、なかなか意見の集約が出来ないでいるようです。
しかし、借金だらけで先進国中財政赤字の大きいことで知られる日本ですから増税せずに財源が得られるとは考えにくく、よほど支出に大鉈をふるわないと増税なしではすまないでしょう。債務危機に瀕している国もありますから日本が債務危機に陥らないよう、対策が必要でしょう。
posted by mabou at 22:11 | 借金・ローンインフォ

相続放棄期間の延長

相続時には注意しないと財産だけでなく借金も相続してしまう可能性があり、死亡後3ヶ月以内に借金も含めてですが相続を放棄することができるということです。
しかし、東日本大震災では相続するかどうかの判断期間を特例として延長するということですから、注意して借金まで相続してしまうことのないようにしたいものです。
財産が受け継がれるのはうれしいですが、借金まで受け継ぐのはごめん蒙りたいものです。
posted by mabou at 14:36 | 借金・ローンインフォ

増税が襲いかかる?

以前から社会保障と税の一体改革が必要といわれていて、高齢化社会に対応した社会保障制度の変革に増税が必要と言う意見がありますが、今回の東日本大震災からの復興費用には巨額の費用が必要で、さらに福島第一原発での事故に絡んで巨額の損害賠償金が発生すると思われますから、お金はいくらあっても足りないような状況のようです。
こうしたお金の足りない状況下で資金を集めようとすれば、借金をするしかないわけで、国債の発行を繰り返すことになるのか、あるいは増税によって収入増を図ることになってしまうのでしょう。お金の節約といっても困難なのでしょうが、支出を切り詰める努力も必要でしょう。
posted by mabou at 23:11 | 借金・ローンインフォ

電気料金値上げか?

東京電力は福島第一原発事故を受け、原子力発電から火力発電へと切り替えるために燃料費がかさむこともあり、原発事故の損害賠償も巨額に上ることから経営破たんもあり得るような危機的状況と考えられます。
銀行団や生保会社が低金利で融資することで支援にまわっていますが、損害賠償は国の支援が欠かせないようで、結局公的資金を注入する代わりに電気料金を値上げして東電の経営を支えざるを得ないということのように思われます。
posted by mabou at 19:31 | 借金・ローンインフォ

東京電力への低利融資

東京電力の経営状況は、福島第一原発事故からかなり厳しくなっているようですが、損害賠償については政府の支援が得られるようで、銀行団は東電の経営破綻は避けられると判断して従来どおり低金利での貸し出しに応じる予定のようです。
巨額の損害賠償のほかにも、火力発電への切り替えに伴うコスト増もあり、東電の経営状況は厳しいようです。経営破綻せずに損害賠償も行っていくという難しい経営状況が続くことから借金金額は増えていかざるを得ないでしょう。
posted by mabou at 12:46 | 借金・ローンインフォ

震災復興と補正予算

東日本大震災からの復興には巨額の資金が必要で、補正予算が組まれる予定になっています。
しかし、首相の辞任を求める声も強く一致団結して震災復興に立ち向かうという体制には残念ながらなっていないように見えます。
赤字国債の発行や、消費税の増税や資金集めの方法はいろいろ検討されているようですが、スピード感に欠けるような気がしてなりません。
こうなれば首相は早期に退陣して、一致団結して補正予算を成立させて復興に弾みをつけて欲しいものです。
posted by mabou at 23:25 | 借金・ローンインフォ

イタリアでの格付け引き下げ

イタリア経済も構造的な問題を抱えていて、経済成長に障害になるとの判断からソブリン債の格付けが引き下げられることになるといいます。
ヨーロッパ中央銀行が利上げに踏み切ることも経済成長の足を引っ張ると考えられていて、世界中で債務国の資金調達金利が上昇する局面を迎えることになるのかもしれません。
もちろん日本の借金は先進国ではトップクラスで財政危機がささやかれているようで、金融危機の引き金にならないよう祈るばかりです。
posted by mabou at 21:58 | 借金・ローンインフォ

高速道路の料金割引終了

高速道路は料金割引や無料化で行楽地の観光客増加などに役立ってきたといわれますが、東日本大震災の影響もあって東北地方の高速道路以外は料金割引や無料化が終了されることになりました。
家計の負担になる遠出は控える動きにつながるかも知れず、景気の回復にはマイナスになるかもしれません。
日本の財政危機はよく知られていますが、高速道路の収入は大きくは見込めないと思いますからあまり当てにせず、思い切って無料化に踏み切ることで産業の振興に役立たせる方が財政的にもよいのではないかと思うのは私だけなのでしょうか。
観光地では観光客の減少は避けられないと覚悟しているようですが、国の借金減らしに高速道路の料金割引や無料化が役立つのかどうか検証する必要がありそうです。
posted by mabou at 21:28 | 借金・ローンインフォ

二重ローンの債権買取

東日本大震災では津波被害などで多くの中小企業が会社や工場を失い、ローンが残るという被害が出ており、復興のためにも新たなローンで借金する必要に迫られています。
そこで、再生の可能性のある中小企業に中小企業再生ファンドを作って債権買取など支援を行う予定になっているそうです。
個人の住宅も津波に流されたりしてローンだけが残った場合、債権放棄の税優遇などで金融機関に働きかけをしていくといいます。二重ローン問題は復興促進に重要な鍵を握るといえますから今後の進展が期待されます。
posted by mabou at 21:13 | 借金・ローンインフォ

東京電力と生命保険会社

東日本大震災では福島第一原発が放射能漏れ事故を起こし、東京電力は事故の収束の目途も立たないなか、巨額の損害賠償金の支払いが避けられない模様で、原発に変わる火力発電のためのコスト増など多額の資金が必要で、株主である生命保険会社に融資を要請することになったそうです。
しかし、借金をして返せるのかどうか、疑問もあるのではないかと思われますが、政府の支援が得られるならば東京電力の経営が行き詰ることもないのでしょう。
一方、政府の支援が得られないとなると、会社の整理という事態に直面しないとも限りませんから、金融機関の融資は不可欠でしょう。
posted by mabou at 19:26 | 借金・ローンインフォ

国際通貨基金とギリシャ

ギリシャでは財政粉飾をめぐって市場の信用は失墜し、ヨーロッパ連合と国際通貨基金が融資を続けて金融危機の回避をはかっていますが、政治的な混乱もあるようで、有効な財政赤字の削減には至っていないようです。
このままではギリシャがデフォルトに陥る確率は高いといわれ、財政再建が必要ですが、対策はあまりはかばかしく進んでいないようです。
財政赤字や政治的混乱と聞くと、日本も同じかなと思われ、借金だらけで金融危機を招くことは避けて欲しいと思います。
posted by mabou at 11:08 | 借金・ローンインフォ

国際通貨基金と消費税

日本の財政危機については先進国の中でも借金の多さはずば抜けているようで、国際通貨基金も財政危機を招かないよう消費税の引き上げを提言したといいます。
必ずしも国際通貨基金の言うことが正しいわけではありませんが、日本の財政赤字については放置できないことは明らかで、税収入を増やさないとこれからの高齢化社会で社会保障費がかさむなか危機的な状況に陥るのではないかと心配されているようです。
posted by mabou at 10:56 | 借金・ローンインフォ

二重ローンと震災

阪神大震災の後も、地震で自宅が倒壊し、住宅ローンは残って自宅はなくなったというケースが相次いで、結局自宅の再建に新たに住宅ローンを組むことから二重ローンの負担が問題になったのですが、今回の東日本大震災でも津波に自宅や会社が流されて、ローンだけが残ったケースが少なくありません。
こうしたローン負担の軽減に、債権放棄など協力した金融機関などが税負担の軽減などを受けられるように、二重ローン解消へ向けて対策が打たれることになるといいます。二重ローン解消が被災地復興に役立つことが期待されます。
posted by mabou at 23:22 | 借金・ローンインフォ

ギリシャ国債の金利上昇

ギリシャの財政危機は改善の傾向にならないようで、すでにヨーロッパ連合などから融資を受けてきたはずなのですが、財政再建策はうまく進んでいないようです。
ギリシャ国債の格付けも低下しているようで、金利は上昇してかなり高くなっているようです。
財政再建が必要という点では日本も同様で、国債の金利が上昇して買い手もいないようにならないよう、今のうちに財政再建の策を練っておいた方がよいでしょう。
posted by mabou at 00:06 | 借金・ローンインフォ

子供手当ての決着は?

民主党が打ち出した子供手当ても、東日本大震災の復興資金に四苦八苦している現状では、お金のばら撒きと批判もあるようで、資金難のふところに余裕資金のあるはずもなく、財源探しに大変なようです。
家計の負担減らしに子供手当ては役立つのでしょうが、赤字国債の発行にも四苦八苦の政府に子供手当ての支給は簡単ではないと思われるのですが、あくまで民主党は子供手当ての支給を目指しているようです。
posted by mabou at 23:38 | 借金・ローンインフォ

東京電力の法的整理?

東京電力は福島第一原発の放射能漏れ事故の収束の目途がたたず、関連する被害の損害賠償金は巨額にのぼり、東京電力の支払能力を超えていると言わざるを得ないでしょう。
そこで東京電力は法的に整理するという声も聞こえてきますが、そうなると電力供給を誰が行うのかという問題もあるようで、当面は政府や金融機関の支援を受けながら経営の合理化を進めることになるようです。
政府から公的資金投入や金融機関からは債権放棄など支援策を検討しつつ、東京電力の経営努力が求められていくのでしょう。
posted by mabou at 22:12 | 借金・ローンインフォ

東京電力の企業年金

東日本大震災に続いて福島第一原発で起きた放射能漏れ事故は世界中に被害が拡大する様相で、周辺住民の避難や放射能による風評被害など、その与える損害は途方もなく大きく、損害賠償金は巨額の有利子負債を抱えた状態でとても東京電力だけでは負担できず、他の電力会社も巻き込んでの負担金の拠出や公的資金の導入で支払っていくしかないようです。
そこで東京電力には経営の合理化が求められ、企業年金の削減なども検討されることになるかもしれません。
posted by mabou at 22:00 | 借金・ローンインフォ

二重ローンの解消?

東日本大震災では多くの個人の住宅が津波に流され、企業の工場も被災して、建物のローンだけが残ったというケースが報告されているようです。
新たに自宅を建てたり工場を再建するにもローンを組むことになるのでしょうが、失った建物のローンも残っていることから二重のローンを負担することになります。
こうした二重ローンの解消を目指して再建の放棄を金融機関に求める案などが議論されているようですがなかなか進展しないようです。ローンの債権放棄は金融機関にとっても簡単な事ではないのでしょう。
posted by mabou at 07:44 | 借金・ローンインフォ

サブプライムローンの和解

アメリカではサブプライムローンという、本来の信用度を超えた融資で住宅取得を後押しした住宅ローンが、投資家に対する詐欺行為ともいわれ、訴訟になっていたようで、証券会社は和解金を支払うことになっているところもあるようです。
本来住宅ローンを組めないようなケースにもローンを組んで融資をしていたわけですから、早晩破綻が来ることも少なくなく、不良債権の山が築かれたのは記憶に新しいところです。
posted by mabou at 22:18 | 借金・ローンインフォ

中国の日本国債買い

中国は外貨準備高も増え、米国債を主に運用しているようですが、リスクの分散のためか日本国債も大量に買うようになっているようです。
日本の財政赤字は巨額で国債を買ってくれる中国は有難い存在になるかもしれません。借金まみれで赤字国債の発行を続けることのないよう期待したいのですが、東日本大震災の復興費用もどう捻出するか、難題が続きます。
posted by mabou at 21:37 | 借金・ローンインフォ

▲このページの先頭へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。