スポンサードリンク

東京電力の国有化?

東京電力については破綻させろという意見もあるようですが、巨額の賠償金の支払いが政府にのしかかってくる恐れもあるでしょうから、破綻に追い込むことが得策とも思えません。
電力事業は独占的な企業で利益を上げられないわけではないでしょうから、民間企業に任せる気がないならいっそのこと国有化して、競争相手のいないメリットを生かして収益を上げるよう発奮すれば巨額の賠償金も少しずつ支払っていくことが出来るのではないでしょうか。
posted by mabou at 22:21 | 借金・ローンインフォ

米国債の格付け引き下げ?

アメリカでは債務上限の引き上げが出来なければ国債の格付けが引き下げられる確立が高いといい、金融市場に動揺が起きる心配があるようです。
当然、金利は上昇して借り入れ資金が上昇することや、世界中の投資家が米国債から他の国の国債に資金を移す可能性もあって、借金だらけのアメリカは景気の浮揚も難しくなり、失業率もさらに悪化する可能性があるのではないかと思われます。
posted by mabou at 21:33 | 借金・ローンインフォ

動産担保融資

日本では長く不動産担保の融資が安全と信じられてきましたが、不動産バブルがはじけて不良債権化したことから売り掛け債権など動産担保の融資が始まっているといいます。
お金を貸す側の銀行もこうした融資の経験を積んで、不良債権を少なくして利益を上げていくことが必要なのでしょう。
折から、自己資本比率の引き上げもあるようで、さらなる利益を追求するために銀行も収益源を広げていかねばならないと思われます。
posted by mabou at 21:21 | 借金・ローンインフォ

ギリシャ国債の部分的デフォルト

ギリシャの財政赤字から金融支援が必要となり、第二次支援策が欧州で決まったようですが、償還を迎えるギリシャ国債を持つ民間金融機関により長期の国債への交換を求めたとして投資家に条件の悪い交換であることから部分的な債務不履行と判断されているようです。
ユーロ圏ではじめてのデフォルトといわれ、今後の信用不安の広がりが、ユーロ圏で同じように財政赤字に悩むポルトガルやアイルランドなどに及ばないか心配されているようです。
posted by mabou at 23:55 | 借金・ローンインフォ

武富士の会社更生案

かつては消費者金融の雄だった武富士も、グレーゾーン金利が違法とされてからは、過払い金の返還請求に経営悪化が進行し、今では会社更生の道を探っています。
消費者金融会社は韓国の消費者金融会社に事業を継続し、別に過払い金の返還を続けていく会社に分ける案が提出されているようです。
かつての消費者金融会社は銀行の傘下に入って事業を継続するところが多いようですが、金利は安いとはいえないようです。
posted by mabou at 21:50 | 借金・ローンインフォ

東日本大震災と地方銀行

東日本大震災に関連して被害を受けた企業は数多く、そこへ融資している銀行も大きな被害を受けているようです。
地方銀行をメーンバンクにする地元企業は多く、被害を受けた数も少なくないため、融資をしていた地方銀行には貸し倒れ引当金が積み重なって経営を圧迫しているといわれます。
今後は公的資金を注入することで経営基盤の強化に動き出す地方銀行が増えると見られています。
posted by mabou at 21:39 | 借金・ローンインフォ

ギリシャへの追加支援

ギリシャは巨額の借金を抱えて債務不履行の危機にあるとして、デフォルトが心配されています。
欧州金融安定化基金や国際通貨基金から従来よりも長期間で低金利の借り入れが出来ることになり、ギリシャ問題は一旦落ち着くのではないかと期待されているようです。
しかし、ヨーロッパではギリシャ以外にもポルトガルやアイルランドなど財政的に赤字問題を抱える国がほかにもあって、同じような金融危機の懸念が残るということですから安心は出来ないようです。
posted by mabou at 21:23 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの財政危機と投機的資金

ギリシャでは財政赤字が解消せず、金融危機の恐れが心配されていますが、弱いところに集まってくるのが投機的資金のようで、ギリシャは借金するにも金利が高くてより窮地に陥っているように見えます。
したがって、ヨーロッパ連合や国際通貨基金の支援なしにギリシャの財政危機は乗り越えられないと思われ、デフォルトの恐れも払拭できないようです。
金融危機がヨーロッパに広がると、影響はアメリカにも及ぶでしょうし、日本も無関係ではすまないでしょうから、早期の信用不安解消が望まれます。
posted by mabou at 12:11 | 借金・ローンインフォ

ドバイの借金

ドバイはアラブ首長国連邦では石油資源に恵まれない分、金融や観光などで世界中から投資を呼び込み、借金を無理して重ね、次々と話題となる観光資源などを建築していきました。
しかし、ハイリターンを約束して西欧から借金を続けることも、リーマンショックなどで信用不安が駆け巡ると資金繰りに困ることになったようです。
今後は債務の再編が必要なようで、ドバイの再建に注目が集まっています。
posted by mabou at 21:34 | 借金・ローンインフォ

福島第一原発事故と国の責任

福島第一原発の放射能漏れ事故では東京電力が損害賠償を支払うことは間違いありませんが、国にも責任があると考えられ、国も同じく原発事故による損害賠償を負担する義務があると認めたようです。
東日本大震災の復興費用に加えて原発事故の賠償支払いもあり、借金まみれの国としては国債の発行にも躊躇せざるを得ない事情があるようで、費用の捻出が簡単にはいかないようですが、復興を早めるためにも必要なお金は迅速に出していく必要があるでしょう。
借金してでも復興を進めるしか道はなさそうですが、おそらく増税も庶民の生活に重くのしかかってくるのではないかと思います。
posted by mabou at 12:36 | 借金・ローンインフォ

ドバイ投資の落とし穴

ドバイでは政府系企業がリゾート開発などの巨大プロジェクトを次々と立ち上げ、ローリスクハイリターンをうたって世界中から投資を募ってきたといいますが、やはり安全でハイリターンをあげるという投資には無理がつき物のようで、金融危機で投資家に信用不安が広がると資金繰りに窮するようになったようです。
不動産投資では不動産の値上がりを前提にしたような投資も繰り返されているようですが、右肩上がりに上昇することはバブルが破綻した日本の例を見ても無理があるようです。
posted by mabou at 07:31 | 借金・ローンインフォ

ドバイ・ショック

ドバイ首長国はアラブ首長国連邦のひとつで、政府系の企業ドバイ・ワールドは中心になって世界中から投資資金を集めてリゾート開発を行ってきたのですが、アメリカのリーマンショックが投資化の不安感をあおったようで、資金集めが順調に行かなくなって投資家への返済延期要請になったようです。
海洋リゾート島パームや屋内スキー場など巨大プロジェクトを次々と進めてきたドバイですが投資家の不安の広がりに資金がショートして危機に陥ったということのようです。
ドバイにはヨーロッパやアメリカを中心に融資が行われていて、ドバイ・ショックがヨーロッパやアメリカに飛び火して金融危機が広がる恐れが心配されています。
posted by mabou at 06:45 | 借金・ローンインフォ

アメリカの銀行と住宅ローン担保証券

アメリカではサブプライムローンという低所得者にも住宅取得を奨励するローンが焦げ付いて、巨額の損失が発生して住宅ローンバブルがはじけてしまいましたが、銀行でも住宅ローン担保証券を販売していたため巨額の損失が発生しているようです。
日本でも不動産バブルがはじけて長く不況が続きましたが、アメリカでも金融緩和策で景気の浮揚を図っているようです。
住宅ローンは大きなお金が動きますから不良債権化すると打撃は大きいようです。
posted by mabou at 06:18 | 借金・ローンインフォ

間接被害の補償

東日本大震災後に福島第一原発事故で多くの個人や企業などが被害を受けていますが、間接的に被害を受けた企業の取引先などの受けた損害も東京電力などが損害賠償していく方針ということです。
こうして補償がスムーズに進めば金融機関から借金も出来ずに苦境に立っている企業には朗報となるでしょう。
こうした補償が行われて企業などが業務を早期に再開できるといいと思いますが、逆に東京電力などにとっては巨額の賠償金が有利子負債も多い企業にとって経営の重荷になることは避けられないでしょう。
posted by mabou at 12:48 | 借金・ローンインフォ

被災地企業の苦境

東日本大震災後の被災地では、津波被害や放射能漏れ事故の影響で、倒産件数こそそこまで多くはないものの営業不能状態の企業はかなり多いといいますから、今後の企業活動が再開できるのか気がかりです。
震災からの復興が進む中で福島第一原発事故は障害となっていますが、企業の倒産が増えないように、二重ローン対策などが進まないと困るだろうと思います。
企業の倒産を防ぐためにも二重ローンをどうするか、買取機構などの整備が急務と思われます。
posted by mabou at 07:37 | 借金・ローンインフォ

観光業の不振

近年は国内観光は不振といわれ、今回の東日本大震災による自粛などで観光地は大打撃を受けたようで、さらに高速道路の通行料金引き下げもなくなって、観光地の旅館やホテルの倒産が相次いでいるように見えます。
売り上げの落ち込みがひどくなると、借金を抱えているわけですから債務超過になって借金の整理をすることが必要になってしまいます。
今後も観光業の不振が続きそうです。
posted by mabou at 21:38 | 借金・ローンインフォ

肉牛の放射能汚染と農家

福島県では放射能汚染された稲藁をえさとした肉牛から放射性物質セシウムが基準値を超えて検出され、広い範囲ですでに消費されてしまったといいます。
集団食中毒で客足が遠のいたといわれる焼肉業界も放射能汚染の牛肉が流通した問題は深刻なようで、子供連れの客足が途絶えたという焼肉店もあるようです。
福島県の牛肉は出荷が出来なくなるといいますから、畜産農家には死活問題で借金を抱えてにっちもさっちもいかなくなることが予想されますし、焼肉店も相次ぐ打撃で借金が増えるばかりといった事態になりかねません。
posted by mabou at 18:33 | 借金・ローンインフォ

地デジ移行と旅館

もう地デジ移行が目の前に迫っていますが、旅館業では部屋ごとのテレビを入れ替えるのに費用負担が大きく困っているということです。おりから、高速道路の割り引きが打ち切りになって、観光客がかなり減少してしまった観光地もあるようで、テレビを買い換える費用も負担になるといいます。
中小旅館の経営には地デジ移行もあまりうれしいこととはいえないようで、費用負担に借金が増える心配もあるようです。
posted by mabou at 11:08 | 借金・ローンインフォ

借金からの生還?

日本は長引く不況に加え、東日本大震災やその後の放射能事故など、明るいニュースが少ないようで、借金に首が回らなくなって苦しむ個人や企業も少なくありません。
あなたが借金だらけになったらどうするか?
基本的に3つの方法があり、自己破産と任意整理、個人再生という方法が挙げられるようです。
自己破産は借金を無くすにはよい方法のようですが、自分で商売をしている方などはいろんな制限が出てきて仕事ができなくなる恐れが強いといえそうです。
任意整理は弁護士などに依頼したりして、裁判に持ち込まず、貸し手との交渉で借金減らしができるよう探っていく方法です。
個人再生は裁判所の力を借りて、借金の貸し手と話し合いながら個人の再生を図る方法といえるようで、いずれも一長一短がありますから、専門化との相談がおすすめといえそうです。
posted by mabou at 08:39 | 借金・ローンインフォ

ギリシャと日本の借金

ギリシャの財政赤字が問題となっていて、赤字削減案がギリシャでは避けられない情勢ですが、GDPに対する国の借金の割合で言えば日本の借金の方がそうとう巨額になっています。
ドイツなどの銀行が購入しているギリシャの国債と違って、日本の国債は日本国内での購入が多いことが違いといいますが、日本も信用不安には注意する必要があるでしょう。
ヨーロッパではギリシャのほかにも財政赤字が問題になっている国があり、日本も早急に財政健全化への取り組みを進めなければ借金で首が回らなくなるでしょう。
posted by mabou at 21:19 | 借金・ローンインフォ

欧州銀行の健全性

ギリシャの金融不安などでユーロの信用力が落ちているようですが、欧州銀行の健全性検査でも不合格になる銀行が出ているようで、ヨーロッパの金融不安が増しているように思われます。
共通通貨のユーロが下落し、ギリシャのみならずポルトガルやアイルランドなどほかにも財政赤字が問題になっているところから目が離せない状態といえるでしょう。
ヨーロッパの金融不安が増大すると、ヨーロッパに投資しているアメリカの銀行にも金融不安が広がる恐れがあるともいわれますから要注意です。
posted by mabou at 14:16 | 借金・ローンインフォ

マンション賃貸更新料

マンション賃貸の契約更新料をめぐっては、有効とする判断が裁判所からなされたようで、大家側からの便乗更新料請求が増えるのではないかとの懸念も出ているようで、借主側にとっては不況のさなかに出費が増えてしまう可能性があります。
持ち家がいいのか、借りて住むのがいいのか、いつも悩まされる問題ですが、賃貸住宅を考えている方にとっても借りるより買ったほうがいいのかと考えさせられる判決となったようです。
posted by mabou at 06:49 | 借金・ローンインフォ

不妊症と借金

少子高齢化社会といわれますが、実際に不妊症で悩む夫婦は少なくなく、不妊の原因も女性側だけでなく男性側にあることも少なくありません。
不妊治療はお金も時間もかかり、中には借金して不妊治療に望みを託している夫婦もあるようです。
それでも苦労して子供が授かればよいのでしょうが、簡単には成功しないようでもありますが、借金して不妊治療に苦労するカップルも少なくないのでしょう。
posted by mabou at 00:14 | 借金・ローンインフォ

消費者金融会社の過払い金

消費者金融は最近では貸し金業法の改正で借り手が少なくなっていて、収益状態が悪化しているところが多く、過去の過払い金の返還が頻発していて赤字化の原因になっています。
過払い金請求では、実際に返還される金額は多くはないようで、消費者金融会社への請求は続いていくと思われますが、消費者金融大手の中でも清算手続きに入るのではないかと考えられている会社もあるようで、消費者金融への風当たりは強くなっているといえます。
posted by mabou at 23:37 | 借金・ローンインフォ

米国債の格付け引き下げ?

アメリカでは債務上限を引き上げるために議会の承認が得られないとデフォルトに陥る危機的状況が続いているようで、この状態に格付け会社は米国債の格付け引き下げに踏み切る可能性も出てきています。
財政赤字がなかなか縮小しないアメリカではオバマ大統領が議会に向けて財政赤字の削減策を提示して、なんとか債務上限の引き上げを同意に持ち込もうと懸命のようですが、まだ両者の隔たりは大きいようで、アメリカのドル安につながっているようです。
posted by mabou at 22:28 | 借金・ローンインフォ

振り込め詐欺の被害金

振り込め詐欺が急増しているそうで、被害にあった振り込め詐欺のお金は申し出のあった被害者に返還するのが原則だそうですが、中には申し出のないままのお金もあって一定期間が経過すると、お金は犯罪被害者の支援に使われることになっているようです。
確かに国庫に入れてしまうより有効なお金の使い道といえるかもしれません。
借金のお金も有効なお金の使い方になるように上手に借金する必要がありそうです。
posted by mabou at 22:20 | 借金・ローンインフォ

貧困率の上昇

可処分所得の多い少ないで比較する貧困率を見てみると年々上昇しているように見え、経済的な格差が広がっているようです。
日本では高齢者の割合が急上昇していることとも関係しているようで、生活が苦しいと答える方の割合が増えていることは問題といえるでしょう。老後の年金についても無年金や低年金の問題があり、仕事についても終身雇用制の崩壊で非正規労働者の増加など、所得格差の広がる要因は増え続けているといえそうです。
闇金融などに手を出すケースもあろうかと思われますから要注意です。
posted by mabou at 07:43 | 借金・ローンインフォ

警備会社の営業停止

東京都立川市で約6億円の現金が警備会社から盗まれた事件では暴力団の関与も疑われているようですが、現金を盗られた日月警備保障会社にも不備な点があるということで営業停止処分があったといいます。
現金に対しては保険をかけているため警備が手薄なままだったのではないかと思えるくらい簡単に現金が強奪されてしまったようです。
確かに高額の現金を扱うにしては無防備すぎる点は警備保障会社としては不適格なのかもしれません。
posted by mabou at 17:34 | 借金・ローンインフォ

中国の経済成長とインフレ

中国経済は、ギリシャ問題で金融危機が心配されるヨーロッパや東日本大震災の復興に四苦八苦している日本などを尻目に好調な経済成長率が続いているようですが、一方でインフレの進行が市民生活を直撃しているといわれ、金利の引き上げなどでインフレ抑制をはかっているものの簡単にはいかないようです。
金利の引き上げなど金融引き締め策は内需の抑制になりやすく、経済成長との兼ね合いで、成長を維持しながらインフレを抑えていくのが難しいようです。
posted by mabou at 12:20 | 借金・ローンインフォ

電力会社の資金繰り

東日本大震災後の福島第一原発事故を受けて、各自治体では原発反対運動も起きており、原発の稼動が難しくなってきています。
電力会社にとっては原発に代わる代替電力が求められ、火力発電などへの切り替えが進められていますが、コスト高となり、資金繰りにしても信用力の低下から社債の発行も難しいといいます。
そこで、銀行など金融機関から借金するしか資金繰りの目処はたっていないようで、苦しい台所がうかがえます。
今年の夏も去年同様、猛暑ですから電力需要に供給が追いつくのか心配ですが、電力会社の資金繰りも心配になってきます。
posted by mabou at 07:28 | 借金・ローンインフォ

お笑いタレントの結婚

自伝的な本がベストセラーになってお金をもうけたお笑いタレントが結婚することになったものの、印税収入は家の購入などで使い切っていて、結婚費用の捻出に頭が痛いということです。会社に借金して結婚式を挙げることになるのでしょうか。
結婚費用の一部を親から借りて挙式をあげるカップルは珍しくないようですが、このお笑いタレントさんはお父さんにお家をプレゼントするなど感心な方のようで、借金してでも無事結婚できるといいと思います。
posted by mabou at 22:24 | 借金・ローンインフォ

焼肉チェーン店の任意整理

生肉による集団食中毒でニュースになった焼肉チェーン店は任意整理を予定中で、債権者には被害者への賠償を第一に考えて債権放棄の協力を要請するといいます。
ただ、債務超過が判明すれば裁判所のもとで特別清算への道を歩むことになるそうです。
急成長のチェーン店も借金して次々に出店していたのでしょうから事業が頓挫すると借金の返済もままならないことと思われます。そうすると債務超過で特別清算ということになるのかもしれません。
posted by mabou at 22:08 | 借金・ローンインフォ

関西電力への融資

東日本大震災の後の福島第一原発の事故は東京電力の経営難を招いただけでなく、ほかの電力会社も原発の稼動が困難となり、コスト高の火力発電で電力供給を図る必要に迫られていることから、経営が厳しくなって信用力が低下しているようです。
したがって、これまでのように社債を発行して資金を調達することが難しく金融機関の融資を要請するしかないようです。関西電力も資金の借り入れに走らざるを得ないのでしょう。
posted by mabou at 21:14 | 借金・ローンインフォ

東京電力の破綻?

東京電力は福島原発の事故に伴い多額の賠償金支払いや、火力発電への切り替えに伴うコスト増など、経営環境の厳しさが増し、債務超過に陥ることは確実といわれています。
こうした中で、東電の経営破たんを回避すべく、銀行をはじめ金融機関が融資を行ってきたわけですが、経営破たんの可能性が高まってくるとすると、おいそれと追加の融資も出来なくなってくるのではないかと思われます。
しかし、東京電力が経営破たんに追い込まれると原発事故の被害に対する補償は国が行うことになるのでしょうか?補償の金額がとてつもなく大きいので今後の東京電力の経営はどうなるのでしょう。
posted by mabou at 13:26 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの債務統計の修正

ギリシャでは財政赤字の改善が急務となっていますが、もともとユーロ圏の財政赤字の基準をクリアーできないことが多く、しかも債務の報告が正確でなかったことが借金隠しと映ったようで、信用不安を招いてしまい、欧州連合や欧州中央銀行、国際通貨基金のトロイカからも融資の追加の条件に緊縮財政策の徹底化が求められているといいます。
信用不安の怖さをもっと厳粛に受け止めて、これからの失業者増や景気の低迷に対処していかざるを得ないのでしょうが、借金減らしはうまくいくのでしょうか。
posted by mabou at 12:34 | 借金・ローンインフォ

イタリアの財政健全化

イタリアもユーロ圏の目標を上回る財政赤字が問題で、ギリシャの債務問題が波及して国債の下落を招いているようですが、首相は財政健全化をめざして赤字の削減計画を策定しているようです。
ギリシャのほかにもアイルランドやポルトガルなど財政健全化が求められる国があり、イタリアまで巻き込まれるとヨーロッパの金融危機が世界中に波及する心配もでてくるのではないでしょうか。
ユーロ圏が財政赤字問題に揺れ、日本は東日本大震災と福島第一原発事故に揺れ、アメリカも債務上限額の引き上げ問題に揺れているということですから、中国経済が好調なのがまだ救いなのかもしれません。
posted by mabou at 12:18 | 借金・ローンインフォ

劣後ローンとは

劣後ローンは劣後債といい、債務の返済順が最後になるため、ローンの融資先の破綻があった場合などは、負債の支払いが終わって資産が残っていた場合のみ返済を受けられることになり、融資を行う側から見ればかなりリスクの高いローンといえそうです。
融資の回収ができなくなるリスクが高い分、利息は高くなっていて、ハイリスクハイリターンの融資といえそうです。割高の利息を払っても借金したいということからしてハイリスクといわざるを得ません。
posted by mabou at 12:12 | 借金・ローンインフォ

イタリア国債の下落

ヨーロッパでは、ギリシャをはじめとして財政赤字に苦しむ国から金融危機がヨーロッパに広がることが懸念されていますが、今度はイタリアの国債利回りが上昇し、財政問題に懸念のあるイタリアは日本もそうですが借金国といわれ、今後の債務を継続していけるのか心配する声もあるようです。
イタリアが投機筋の標的にされているという意見もあるようですが、金利が上昇して新たな借金が困難になるとすると問題でしょう。
posted by mabou at 11:00 | 借金・ローンインフォ

中国人民銀行の利上げ

中国は経済成長が著しく、物価もどんどん上昇しているようで、食品含めた生活必需品の値上がりは低所得層の台所を直撃して、生活苦から暴動にまで発展しているといいます。
中国人民銀行は利上げを続けていて、インフレの抑制に懸命のようですが、今後の動きが注目されます。
日本でも高度成長期にはインフレ抑制に躍起だったような記憶がありますが、今のように超低金利で低経済成長率が続くのも決してよいこととはいえないような気もします。
posted by mabou at 10:52 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの財政緊縮策

ギリシャの財政危機は大きなニュースで、欧州連合や欧州中央銀行、国際通貨基金のトロイカは資金を支援する見返りに緊縮財政策を求めているようで、以前にアルゼンチンがデフォルトに陥った時と同様、財政赤字を減らすように求めているようです。
しかし、アルゼンチンの金融危機のときにも緊縮財政策だけで危機を回避することは出来なかったといいます。
アルゼンチンではデフォルトの後、経済的な混乱が起きたといいますが、ドルペッグ制を止め、通貨の切り下げを行い、中国などの食品輸入が増えたこともあって、経済成長の軌道にのっていくことができたといいます。
ギリシャはユーロ圏のため通過の切り下げができないことや、輸出品も特にないことなど、アルゼンチンの危機より深刻さは深いといわれています。
posted by mabou at 10:29 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの銀行

ギリシャでは財政危機が再燃し、欧州連合や欧州中央銀行、国際通貨基金から支援を受けるためにさらなる緊縮財政で赤字の削減が求められているようです。
ギリシャの銀行では預金の引き出しが増加して、銀行経営自体も危ぶまれているのではないかという意見もあるようで、金融危機から銀行の倒産といった事態も想定されているのかも知れません。
ギリシャの収入源は観光が大きなパーセントを占めており、緊縮財政が観光業界に悪影響を及ぼさなければよいのですが、今後の展開に注目する必要があるでしょう。
posted by mabou at 07:29 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの金利上昇

ヨーロッパはギリシャの財政問題で揺れているようですが、ギリシャでは欧州連合の支援を受ける条件として緊縮財政が求められています。
しかし、ギリシャが財政緊縮に努力しても国債の金利は上昇したままで、ギリシャの信用力はなかなか回復しそうにありません。
こうした信用力の低下から、高い金利でないと借金ができない状態は悪い金利上昇と考えられるそうです。ギリシャの窮地がヨーロッパを巻き込んでいかないか心配されます。
posted by mabou at 07:17 | 借金・ローンインフォ

ギリシャ、ポルトガルと格付け下落

ギリシャの財政赤字問題は、欧州連合や国際通貨基金からの支援を必要としていて、民間金融機関にも負担がかかるのではないかとの見方は、同じく財政赤字問題をかかえるポルトガルの信用力を落とすことになり、金融危機問題が次々とドミノ倒し式にヨーロッパ中に波及するのではないかと心配されているようです。
ヨーロッパ発世界金融恐慌を防ぐためには、ギリシャの支援をしないわけにはいかないでしょう。
ギリシャは借金返済の道筋をきちんと示す必要があるでしょう。
posted by mabou at 00:31 | 借金・ローンインフォ

関西電力への融資

電力会社各社は、東京電力福島原子力発電所の放射能漏れ事故の影響で、信用力が低下して、社債の発行による資金調達が難しくなっています。
一方で、原子力発電がストップして代わりに火力発電所の運転資金がかさむため、資金調達に銀行融資を求めています。
電力会社の経営は厳しくなり、簡単に低金利で借金することは難しくなったようです。
posted by mabou at 00:24 | 借金・ローンインフォ

アメリカの住宅ローン金利

アメリカのサブプライムローン問題に始まる住宅バブルの崩壊で、住宅ローンの返済ができなくなって差し押さえになる住宅が急増し、住宅価格の下落を招いているといいます。
アメリカ政府は住宅ローン金利を低水準に抑えながら、住宅取得を支援する政策で住宅価格の下落を抑えて不良債権を抱えた金融機関の負担軽減を狙っているように見えます。
日本の不動産バブルがはじけた時もそうでしたが、バブル経済のハードランディングは出来るだけ避けて、ソフトランディングを目指す必要があるようです。
posted by mabou at 22:27 | 借金・ローンインフォ

アメリカのサブプライムローン対策

アメリカの住宅バブルがはじけてサブプライムローン問題で住宅の差し押さえが急増し、住宅価格の下落が続いているといいます。
低所得者層にもローンが組めるようになって住宅が購入できることは悪いことではないのですが、結局はローン返済が滞り、不良債権化してしまったようです。
オバマ政権はローン条件の変更や借り換えを促す対策を打ち出して、差し押さえになる住宅を減らし、住宅価格の下落を抑えようと懸命のようです。
posted by mabou at 21:43 | 借金・ローンインフォ

焼肉屋チェーン店の解散

肉の生食で集団食中毒が発生した焼肉屋チェーン店は資産を負債が上回り、取引銀行の理解も得られなかったようで、経営再建を断念して解散するといいます。
解散にあたっては、被害者への賠償支払いのため、債権者に債権放棄を求めるといいますが、どのくらい賠償が出来るのかは不透明のようです。
急速にチェーン店を増やしてきたということは、借金もそれだけ多いことになるでしょうから取引先の銀行の協力なしに再建は困難でしょう。
posted by mabou at 21:03 | 借金・ローンインフォ

通貨デリバティブの損失

輸出入業者が為替リスクを避けるために利用している通貨デリバティブと呼ばれる金融商品では急速な円高により多額の損失が発生した中小企業もあるということで、資金繰りの支援のため、銀行が特別支援のための融資を行うといいます。
人気を呼んでいるFXなども為替取引を利用してレバレッジ効果で利益を出そうとする反面、損失もレバレッジ効果で大きくなるため注意する必要があるでしょう。為替の動向を予測することは、かなり難しいといえるようです。
posted by mabou at 07:20 | 借金・ローンインフォ

アメリカ政府系の住宅金融会社

アメリカ政府系の住宅金融会社の大手はファニーメイとフレディマックといい、いずれも民間金融機関の住宅ローン債権を買い取って証券化し販売していた会社といいます。
しかし、アメリカの住宅バブルは日本の不動産バブル同様はじけてしまい、不良債権化したため、やはり政府が公的資金を注入して公的管理下に2社を置くことで、金融危機の広がりを押さえる方向に向かったということです。
これがアメリカの低所得者向け住宅金融、いわゆるサブプライムローン問題に端を発する金融危機といわれるものですが、住宅取得を後押しするところまではよかったのでしょうが、住宅価格の値上がりを見越して貸付を拡大していったところがリスク管理が甘かったといわざるを得ないと思います。
posted by mabou at 07:04 | 借金・ローンインフォ

EUの抱える金融危機

EU内における、ギリシャやアイルランド、ポルトガルの財政問題はなかなか根が深いようで、今はギリシャ支援が急務となっていて、追加の融資がEU、IMFから行われなければデフォルトに陥ってしまうということで、緊縮財政の実行がギリシャに対しては求められています。
しかし、ギリシャ政府のなかでの反対派を多いようで、緊縮財政案が簡単には決まらず、追加の融資もスムーズには行えないような状況で借金減らしはうまくいくのか心配されているようです。債務残高が増え続ける体質の克服が課題といえるでしょう。
posted by mabou at 04:16 | 借金・ローンインフォ

アメリカのサブプライムローン

アメリカではサブプライムローンという低所得者向けの住宅ローンが中古住宅の値上がりを見越して貸し付けが進められ、証券化して世界中の金融機関に売られていたため、アメリカの住宅バブルが弾けて、サブプライムローンの返済が延滞が増えて焦げ付くようになり、世界中に金融危機が拡がっていったといわれています。
さらにこのサブプライムローンの問題が波及して、プライムローンなどのより優良な借り手がいると思われるローンにも波及していって、信用不安に発展することが危惧されているようです。
posted by mabou at 23:47 | 借金・ローンインフォ

東京電力への債権

東京電力福島第一原発事故の賠償金は巨額になることは間違いなく、東京電力の経営を圧迫することから新たな資金を東京電力は必要とされていますが、社債の発行で資金を調達することは容易ではなくなっています。
資金調達は金融機関からの借り入れになることが多くなると思われますが、債権放棄という話も出ています。
しかし、債権放棄を銀行など金融機関に求めるなら、金融機関からのさらなる借り入れはとても無理でしょうから東京電力の事業継続にとっては名案とはいえないでしょう。
結局のところは東京電力の借り入れの支援にまわるしか、放射能漏れ事故の賠償問題の解決に進展はないということになるのでしょうか。
posted by mabou at 21:43 | 借金・ローンインフォ

私的整理ガイドラインについて

東日本大震災では多くの方が自宅をなくして、住宅ローンだけが残ったということですが、阪神大震災の後にも問題になったいわゆる二重ローンの解消を図るために、個人が破産することなく債務整理に債権放棄手続きを進められるよう私的整理ガイドラインが作られるといいます。
震災からの復興を早めるためにもローンの負担が軽減されて私的整理ガイドラインが活用されるといいと思いますが、道のりは平坦ではないのかもしれません。
posted by mabou at 11:52 | 借金・ローンインフォ

原発事故の損害賠償

東日本大震災後に起きた福島第一原発事故に絡んでの被害は甚大で、損害賠償も巨額の賠償金が必要になるといわれ、訴訟を減らし和解を促すために損害賠償の仲介組織を設置する見通しになったといいます。
お金が絡む問題では訴訟に発展することが多いようですが、あまりに損害賠償件数が多いために、仲介組織の活用が必要になるのでしょう。
posted by mabou at 11:42 | 借金・ローンインフォ

国の借金と福祉

日本の国の借金残高は先進国の中でも高く、この原因のひとつに福祉予算の拡大があるとも言われています。
福祉予算は年々増大していく中、国の税収は減少して行き、そのギャップは結局、国の借金増大となっていったということです。
東日本大震災の復興にも巨額の費用はかかりますから、これ以上国の借金を増やさないため、税収を増やすために増税も避けられないでしょうし、社会保障制度の改革といってもなかなか今よりよくしていくのは難しいかもしれません。
posted by mabou at 07:47 | 借金・ローンインフォ

欧州中央銀行の利上げ

ヨーロッパでは中東情勢の不安定化にもよるのでしょうが、原油価格の値上がりなど物価の上昇圧力が強まっているとして、欧州中央銀行が追加の利上げに踏み切ったといいます。
インフレの抑制に神経を使っているようで政策金利の引き上げは避けられないようです。
ヨーロッパではギリシャの財政問題だけでなく、ポルトガルなど財政赤字が問題になっているEU加盟国が少なくなく、今後も金融問題の処理が課題になるようです。
posted by mabou at 07:35 | 借金・ローンインフォ

中部電力の借金

中部電力は浜岡原発の運転を停止し、火力発電に切り替えるなど資金が必要で、社債は福島第一原発事故以来、各電力会社とも発行が困難で、資金は借り入れることになったようです。
銀行からの借り入れが必要な電力会社も少なくないと思いますが、今後も追加の借金が必要になるかもしれず、銀行団の支援も欠かせないようです。
電力会社の社債といえば安心感が強かった時代は当分は戻らないのでしょう。
posted by mabou at 21:53 | 借金・ローンインフォ

農林水産業の二重ローン

東日本大震災の被災地での二重ローン問題に関しては、中小企業や医療法人だけでなく、農林水産業についても金融機関の債権買取の対象にして、二重ローンのために事業の債権が困難になることを防ごうという方向でローン問題の解消へと動き出すということです。
すでにある借金のうえにまた借金をするという負担を減らして復興へのスピードを速めるためには二重ローンをなるべく減らす方がよいのでしょう。
posted by mabou at 15:57 | 借金・ローンインフォ

節電で節約

今年は東日本大震災後の福島第一原発事故の影響で各電力会社とも原発の稼動が難しくなり電力不足が心配されています。
個人も事業所も節電を求められていますが、事業所に対しては関西電力などでは割り引き制を導入して節電に協力を呼びかけているようです。
中規模以下の事業所が昨夏の電力使用量を下回ると電気料金が割り引きになったりするようで、節約にもなるかもしれません。
そうはいっても、借金を抱えてがんがん働かねばならない事業所では節電だけに力をいれるわけにもいかないかもしれませんが、節約で借金減らしも一応考えておくべきなのでしょう。
posted by mabou at 07:36 | 借金・ローンインフォ

震災復興に国債

東日本大震災の復興費用は巨費が必要で、財政赤字が続く日本にとっては重荷であることは間違いないでしょう。問題はどうやって復興資金を調達するかですが、増税以外に道はないと言う人もいれば、長期の返済を目指す国債の発行しかないだろうという人もいて、なかなかまとまらないようです。
しかし、消費税は外国に比べて日本ではまだまだ消費税率が低いこともあって、税率の増加が行われることになりそうです。
心配なのは消費税値上げに伴う消費の低迷ですが、国債頼りの借金増はできれば避けたいものです。
posted by mabou at 22:07 | 借金・ローンインフォ

▲このページの先頭へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。