スポンサードリンク

デトロイト市の財政破綻

自動車メーカーで知られたアメリカはデトロイト市が財政破綻状態となって再建計画が進められているといいます。退職者の年金カットや市債購入者への債務カットなど債権者にとっては困った事態に違いないでしょう。
こうした自治体の財政破綻は日本でも起きているようで、高齢化が進む日本では社会保障費の増加が進むでしょうから税収が増えない中でどうやってやり繰りしていくのか、よほど工夫しないと財政状態が悪化する自治体が増えるのではないかと懸念されます。
posted by mabou at 13:39 | 借金・ローンインフォ

国債発行額

日本の国債発行額は相変わらず巨額で国の借金は続けているようですが、前年に比べてその増加は抑えられるようにはなってきたようです。
借金漬けの体質を脱することは用意ではないのでしょうが、このまま国債発行額が増え続けることは国の信用上問題でしょうから、何としても借金漬け体質からの脱却が必要でしょう。
posted by mabou at 00:23 | 借金・ローンインフォ

二重ローンの解消

被災地では借金の残った自宅や会社が壊れるなどで、ローンだけが残り、自宅や会社の再建にもさらにローンを抱えることになることから二重ローンの重荷が問題となっています。
被災者に対する支援としてローンを買い取って、借金の元本返済を猶予して被災者の生活や事業再建を支援する制度が効果的に働くことも二重ローンの解消には欠かせないことといえるでしょう。
posted by mabou at 00:30 | 借金・ローンインフォ

国の借金1000兆円

国の借金がとうとう1000兆円を超えたそうで、多くは少子高齢化に伴う社会保障費の増大が占めているそうで、これから行われる消費税の増税分もこうした社会保障費の増大の穴埋めに消えてしまうといいます。
そうするとさらなる税収のアップのために消費税の増税が続けられるのかも知れませんが、同時に社会保障費の増大を抑制する試みも欠かせないでしょう。
posted by mabou at 22:09 | 借金・ローンインフォ

反社会的勢力への融資問題

信販会社を通じての暴力団関係者への融資が自動車ローンなど多数見つかった問題では、他の銀行でも提携ローンでは情報把握が遅れるため同じような融資が行われている可能性があるということです。
融資に際しての審査の見直しが必要であるのは間違いないでしょうが、有効な改善策が打ち出されるかどうかは今後の推移を見守るしかないのでしょう。
お金を貸すからには回収しないといけないわけですが、こうした場合には回収できているのでしょうか。
posted by mabou at 18:13 | 借金・ローンインフォ

提携ローンと問題融資

信販会社などを通じた提携ローンで問題のある融資が表面化してニュースとなっていますが、反社会的勢力に融資をしてその融資が焦げ付いたとなると問題です。
そもそも融資に関する審査にも問題があったのではないかと思われますが、焦げ付いた融資の損失は、一般の融資利用者の負担になってくる可能性も考えられ、バブルがはじけて問題となったローン審査の重要性が今改めて認識されます。
posted by mabou at 23:26 | 借金・ローンインフォ

住宅ローン減税と消費税アップ

巷では諸費税アップになる前に住宅購入を勧める声もあるようですが、景気の腰折れを防ぐためにも住宅ローン減税が拡充されることもあって、所得によってはあわてて住宅購入するよりも消費税アップの後に購入した方が特になるケースもあるといいます。
所得の多い世帯の方が戻ってくる税金が多いようなのですが、消費税アップにあわてず住宅ローン減税の影響を考えて検討してよさそうです。
posted by mabou at 00:02 | 借金・ローンインフォ

住宅ローン証券の不正販売

アメリカではサブプライムローンを巡って、金融大手の会社が住宅ローン証券の不正販売を行っていたために政府系の住宅金融会社が多額の損害を蒙ったとして損害賠償の訴えを起こしていて、巨額の和解金を支払うことになったといいます。
しかし、このほかにも複数の民事訴訟を抱えているそうで、金融危機後もサブプライムローンを巡って和解金の問題が続きそうな様子です。
posted by mabou at 18:42 | 借金・ローンインフォ

アメリカの借金上限に接近

アメリカでは連邦政府の借金には上限が決められていて、それを超えることは問題ですから、民主党と共和党で駆け引きが続いているといいます。またまた上限に近づいた借金に、どうするのか、やり繰りも限界に近づいているのではないのかと思われますが、日本でもし国の借金に上限が決められていたらどうなるのかと、なんとなく心配になってしまいます。
posted by mabou at 21:02 | 借金・ローンインフォ

日本の借金

今年に入ってアベノミクス効果が景気を引っ張ることが期待されていますが、一方では日本の借金は増え続けているようで、日銀が国債の買い入れで支えているような状況に不安を覚える意見もあるようです。
なんとか消費税の増税で借金返済が進めばいいのでしょうが、このままズルズルと借金が増えていけば国債の暴落という状況も起こりうるのではないかと心配されます。
posted by mabou at 07:35 | 借金・ローンインフォ

アメリカ長期金利の上昇と住宅ローン

アメリカの景気回復を引っ張ってきた住宅市場が、量的緩和が縮小する見込みがあるということで、長期金利が上昇して、住宅ローンの金利が上昇するとなると住宅ローンの金利上昇が住宅市場を縮小させるのは避けられないようです。
日本でも超低金利のおかげで住宅ローンは金利が低く住宅購入層の刺激となっていますが、今後はアメリカ同様、金利が上昇して住宅市場が冷え込むことになるかもしれません。
posted by mabou at 22:00 | 借金・ローンインフォ

超低金利資金の流入

日本はアベノミクスの影響で株価も上昇し、円安が景気の回復に向かうことが期待されていますが、国債の暴落が心配されるなど財政再建が軌道に乗るかどうか不安視する向きもあります。
そこで超低金利資金を提供することで国債の消化を促すことで国債の暴落を防止しようという流れのようですが、実体経済が回復してこないことには絵に書いた餅になりかねない心配もあると思われ、長期金利の上昇が心配されるところです。
posted by mabou at 20:58 | 借金・ローンインフォ

長期金利の上昇

アベノミクス効果で円安が進行して輸出企業の業績が回復し株高になって景気が回復する期待が大きくなっていますが、その一方で安全資産とされる国債から株などリスク資産への資金移動が起きているようで、国債の価格が低下して長期金利が上昇する場面も見られて、これが景気には悪影響を及ぼすのではないかという懸念もあるようで、行き過ぎた円安も問題になるようです。
金利の上昇は住宅ローン金利の上昇にも結びつくでしょうから景気の浮揚には悪影響を及ぼす可能性も出てきたようです。
posted by mabou at 20:16 | 借金・ローンインフォ

金利の低下

日本の金利は日銀の金融緩和を受けて国債が買われて低下を続けているようです。
長期金利が史上最低値を更新して、借金がしやすくなるのでしょうか。住宅ローンもいつ金利が上がるかと心配していますが、今後の住宅ローンはどうなるのでしょう。
普通に考えれば、ここまで金利が下がれば、後は上がるしかないと思うのですが、普通の状態ではないのかも知れません。
posted by mabou at 22:55 | 借金・ローンインフォ

アメリカの教育ローン

日本では大学などでの奨学金は卒業後に借金と同じく返済していくことになっているようですが、昨今の不況で返済が苦しい学生も増えているようです。
アメリカにも連邦教育省の学生ローンがあるといい、給付される奨学金のほかに返済の必要がある奨学金もあって学生に貸付をしているようです。
posted by mabou at 23:47 | 借金・ローンインフォ

中国鉄道省の解体

中国では大きな権益を握っていた鉄道省が解体されることになったようで、日本の国鉄同様分割されるのかも知れませんが、大きな負債が残るため巨額債務の返済がどうなるのか注目されています。
基本的には行政と事業の分離が行われて資本金によって債務の一部は返済されるようですが、残った債務の処理についてはこれからの検討課題のようです。
posted by mabou at 09:30 | 借金・ローンインフォ

インドの金利低下

インドも経済成長は鈍化しているようで、景気の下支えに政策金利が引き下げられていて、金融緩和で経済成長の持続を図りたいようです。
未だにヨーロッパの金融不安の心配も残っているようで、金融機関の債務不安が再び世界的な金融不安を引き起こす可能性もあり、金利に引き下げ圧力が高まっているといいます。
posted by mabou at 14:08 | 借金・ローンインフォ

キプロスと金融危機

ヨーロッパの金融危機は遠ざかったようで、世界的にも景気の回復基調が出てきているものの、キプロスの金融機関の救済に銀行口座に課税する案は国民の支持を得られなかったようです。
キプロスが火種となってヨーロッパの金融危機が再燃する恐れもあるようで、まだまだ安心はできないようですが、せっかく日本の経済も上向きになって来ているようなので頓挫しないことを期待したいです。
posted by mabou at 08:00 | 借金・ローンインフォ

奨学金と借金

不況が長く続いたこともあって大学生の中には奨学金を利用している学生も少なくないようです。
しかし、卒業後には奨学金の返済が必要で、借金を背負うことになりますから、就職できなかったり、失業したりして奨学金の返済が滞るケースが増加しているといいます。
奨学金も借金に変われば返済に苦労する人が出るのもやむを得ないのでしょうが、仕事を見つけて返済に努めるしかないのかも知れません。
posted by mabou at 20:48 | 借金・ローンインフォ

国債整理基金と国の借金

国債整理基金は、国が国債の発行ができなくなった事態を心配して国債の発行分の基金を準備しておくものといいますが、そのために国はまた借金をしているということで、これを廃止して国債の償還にあてて借金減らしに役立てることになるようです。
国の借金が膨らみ続けるなかで、無駄は切り詰める必要があるでしょう。
posted by mabou at 17:30 | 借金・ローンインフォ

節電支援ローン

世の中にはいろんなローンがあるもので、節電に役立つソーラーパネル設置などに1年目は利息無しでローンが組めるといいますから再三度外視のローンともいえそうです。
節電の推進に少しでも役立つことでしょうが、ローンが無利子で借りれるなんて、いくら低金利の時代とはいえ信じられないようなローンです。
posted by mabou at 23:52 | 借金・ローンインフォ

医療機関債にご注意

医療機関債による詐欺事件も起きているようですが、途中で認可を取り消された医療機関の医療機関債には注意する必要があるようです。
はじめから詐欺目的で借金をしているのかも知れませんが、医療機関債だからと安易に購入に走らないよう、よく調べて検討する必要があるでしょう。
posted by mabou at 21:15 | 借金・ローンインフォ

住宅購入と金利

アベノミクスの影響で円安、株高となり、インフレターゲットも導入されて金利も上昇し始めているようです。
金利が上昇すると、変動金利で住宅ローンを組んでいる場合などは総返済額が大きく違ってくることになりますから、消費税が上昇する以上に影響を受ける可能性もあり注意する必要があります。
消費税が建物部分にかかるのに対して、金利は建物プラス土地代にかかってきますから影響も大きくなるでしょう。
posted by mabou at 23:56 | 借金・ローンインフォ

借金の督促

お金を貸した場合には当然返却してもらうことが前提ですが、なかなか借金を返すことが簡単ではないケースも多いようで、返済の督促をどうするかが問題となるといいます。
借金の返済には相手の罪悪感や義務感に訴えることも有効なようで、債権回収のテクニックもさまざまといいますが、当然ストレスも多く簡単ではないわけで、返済督促専門の仕事では離職率も高いということです。
posted by mabou at 23:02 | 借金・ローンインフォ

住宅ローン減税の延長

住宅ローン減税は期限切れになるといいますが、この先消費税の引き上げに伴って住宅購入に水をさすことになるのを防ぐため住宅ローン減税が延長され、減税の限度額も引き上げられるといいます。
借金をして住宅を購入してもらうことで景気をよくしようという狙いなのでしょうが、逆に言えば住宅ローンの減税延長期間が期限切れになった時の景気の落ち込みが心配されます。
posted by mabou at 21:26 | 借金・ローンインフォ

日本の国債

日本の国債が増え続けているのは信用不安を招く恐れもあると思われ、自民党が政権に返り咲いてからも民主党時代よりは国債の発行は減るそうです。
減るとはいっても国債の金額は巨額で、こんなに借金して大丈夫なのと思ってしまうぐらいですが、少子高齢化社会を迎えて介護関連費用に巨費がかかるといわれる日本にとっては借金が避けられないということでしょう。
posted by mabou at 21:56 | 借金・ローンインフォ

中小企業向け融資制度の拡充

中小企業金融円滑化法の終了によって資金繰りの苦しい中小企業の倒産増が懸念されていますが、今後は中小企業への融資を拡大していく必要があるようです。中小企業金融円滑化法の終了によって困る中小企業向けの融資や返済負担の軽減が図られて景気が回復してくる円安の流れに水を差さないように期待したいものですが、アメリカの景気回復に遅れないよう日本も国債を発行しすぎて信用不安を引き起こさないように注意する必要があるでしょう。
posted by mabou at 20:54 | 借金・ローンインフォ

住宅ローン減税の拡大

今後引き上げられる消費税で住宅購入に水をさすのも景気対策上好ましくないのか、住宅ローン減税の拡充が予定されているようです。
なんとか消費税が上がっても住宅購入者の減少を食い止めて景気の浮揚に水を差さないことが期待されているのだと思われますが簡単ではないでしょう。税金の引き上げもやむを得ないのは分かりますが、税金の無駄使いを削減するのはどうなってしまったのでしょう。
posted by mabou at 17:05 | 借金・ローンインフォ

アメリカの債務不履行問題

アメリカの経常収支の赤字はおさまらないようで、再び債務不履行問題が出てきているようで、債務上限の引き上げが必要となるようです。
アメリカの借金返済はとても可能とは思えないのですが、ドル紙幣を刷り続けて債務を積み上げていっているようですが、いつまで続くのでしょう。
翻って日本の債務不履行は問題にならないのでしょうか?
posted by mabou at 18:26 | 借金・ローンインフォ

学費ローンの人気

世界的な景気低迷の影響もあり日本経済の低迷を反映してか、学生ローンが人気を呼んでいるようで、借りやすいローンも出てきて学費の捻出も大変な懐事情が垣間見えるようです。
奨学金を利用する学生も多いようですが、卒業後に返済するのも楽ではないようですから借り入れは返済計画を考えておくことも大事でしょう。
posted by mabou at 17:36 | 借金・ローンインフォ

融資にはご注意

身に覚えのない融資を受けたとして、借りた覚えのない借金を返済するなどという事態が起こりうるのでしょうか?
意外に金融機関の融資事情はずさんなところがあるようで、担当者が当てにならない場合など借金の押し付けをされる可能性もないではないようで、信用できる金融機関にしぼってお付き合いすべきなのでしょう。銀行だから間違いがないと思うのは考え違いかも知れません。
posted by mabou at 12:49 | 借金・ローンインフォ

総合支援資金貸付制度と生活再建

総合支援資金貸付制度とはリーマンショックの起きた後に創設された制度で、失業者の生活再建を支援する目的で2009年に始まったといいますが、生活再建は簡単ではないようで、貸付金の返済が滞っているといいます。
なかには借金が積み重なって生活再建どころではないようなケースもあるといいますから事態は深刻のようで、借金返済には計画的な返済計画が欠かせないのでしょう。
posted by mabou at 12:00 | 借金・ローンインフォ

イタリア国債の利回り

ヨーロッパでは経済危機が遠のいたとの観測からイタリア国債の入札が堅調で、10年物国債の利回りも低下が続いているようで、世界的な景気減速の引き金ともなった欧州金融危機も当面の危機は去ったと思ってよさそうです。
日本でも政権交代に伴い、金融緩和への期待が高まり株価の上昇など景気回復への兆しが見えているようですから、あまり金利が上昇しすぎてしまうと景気回復を妨げないかという心配も出てきますから日本国債の利回りに注意しておきたいものです。
posted by mabou at 22:18 | 借金・ローンインフォ

長期金利の上昇

政権交代により金融緩和への期待から円安となり企業業績への期待もあり株価が上昇して国債が売られ、超低金利が続いていたところがすこし金利が上昇しているといいます。
積極財政への予想から財政悪化が起きるでしょうから国債が売られているところもあるようで、インフレ目標を立てるのはよいのですが、悪性のインフレにならないよう注意が必要でしょう。
posted by mabou at 07:09 | 借金・ローンインフォ

ゆうちょ銀行と住宅ローン金利

ゆうちょ銀行が保険についで住宅ローンにも参入する予定があることから、今でもすでに超低金利といわれる住宅ローンの金利引下げ競争が激化するのではないかという憶測が飛んでいるようで、今までの住宅ローン利用者を奪われかねないとの危機感が民間金融機関側にはあるようです。
低金利は借金する側には好都合なのでしょうが、金融機関にとっては収益減に苦しむ可能性もあるのでしょう。
posted by mabou at 23:21 | 借金・ローンインフォ

学生ローンの滞納

アメリカの大学の学費は値上がりが激しいようで、学生ローンの利用者は多いようです。そうした学生ローンの返済において滞納が増えているようで、背景にはリーマンショックから続いている不景気が影を落としているようで、ヨーロッパの金融不安など景気低迷のなか、経済の先行きは明るくないようです。
アメリカでは住宅ローンの返済が滞って住宅バブルがはじけたわけですが、今度は教育ローンの返済の滞納が問題になりそうだといいます。
posted by mabou at 23:10 | 借金・ローンインフォ

短期金利と円高

日本の輸出産業にとって重荷となっている円高の是正に向けて短期国債の利回りを低下させることで円の魅力を引き下げて円高是正に向かわせようという考えもあるようです。
日本の輸出が振るわなければ、結局貿易赤字が積む重なって財政赤字が膨らむことも合わせて日本の借金増加が止まらないことになってしまいます。国の借金減らしには通貨安を誘導するしかないのが現状のようです。
posted by mabou at 22:23 | 借金・ローンインフォ

認知症と資産

資産家の老人に認知症の症状が見えると、いろんなところから資産狙いの手が伸びてくるといいます。
なかには本人が死亡した後になって聞いたこともないような借金が請求されてきたりすることもあるようで、後見人制度を利用するなどして資産略取を防ぐ手立てを考える必要があるようです。
知らない間に借用書を書いていて借金だらけになって財産を失ったなどということにならないように早めに後見人をつけておくほうがよさそうです。
posted by mabou at 20:27 | 借金・ローンインフォ

住宅ローン減税の延長

いよいよ消費税の値上げがせまってきた感がありますが、景気の浮揚の邪魔にならないよう、住宅ローン減税を延長して税金の減額を考慮するとともに給付金などの交付も視野に入れているということです。
住宅ローンの減税を続けることで住宅購入者の動機づけとして、裾野の広い住宅産業の不振を防いで景気高揚へとつなげられると最高なのでしょう。
posted by mabou at 22:30 | 借金・ローンインフォ

イタリアで経済危機再燃?

イタリアでは緊縮財政による経済立て直しを図ってきた内閣が首相の辞任を受けて交代することになったようで、これまでの緊縮財政により失業率が上昇して不満も溜まってきていることから経済立て直し路線が継続できないこととなると再び経済危機が再燃する可能性もあるようです。
すでにイタリア国債の値段が下がって金利が上昇しているようで予断を許さない状況のようです。
posted by mabou at 21:00 | 借金・ローンインフォ

イタリアの不良債権

ヨーロッパの金融不安は落ち着いてきているようですが、イタリアでは不良債権は増加しているといい、まだまだ予断を許さない状況ではあるようです。
日本でもバブルがはじけて不良債権の処理に時間がかかりましたがイタリアでも同じような状況なのでしょう。不良債権の処理を迅速に実施することが避けられない課題なのでしょう。
posted by mabou at 12:17 | 借金・ローンインフォ

金融緩和と金利

選挙で政権となり、新首相は金融緩和で円安を誘導し輸出を増やして景気の浮揚を図るようですが、金利は依然として超低金利のままのようです。
しかし、インフレ目標も立てられ、目論見どおりにデフレからの脱却が成功すれば金利も上昇していくのかも知れません。
金利が上昇すれば住宅ローンなど借金している人にとっては借金返済計画に影響が出てくるかもしれないので注意しておく必要がありそうです。
posted by mabou at 06:58 | 借金・ローンインフォ

国会議員と借金

国会議員の給料は高給取りといえるでしょうが、費用もかかるようで、今回も落選議員の中には借金だけが残って浪人生活に突入する議員も少なくないようです。
なかなか議員も楽ではないようですが、それはどんな職業も同じで稼いでいる人もいれば借金まみれの人もいるのでしょう。
これから借金返済に励むのでしょうが、議員にとっても借金返済が大変なことは間違いなさそうです。
posted by mabou at 22:07 | 借金・ローンインフォ

金利の低さ

アメリカでサブプライムローン問題が大きな問題となり、ヨーロッパでは債務国が金融不安を引き起こすなど、世界的に経済問題が噴出し、財政赤字に苦しむ国々は財政出動による景気刺激策を取りづらいことから金融緩和に走らざるを得ず、金利の引き下げ競争のような形になって来ているようです。
フィリピンでも金利は低いままとなっていて、もちろん日本も低金利が続いている状況ですが、国債が暴落するようなことがあれば金利は急上昇するかもしれませんから借金が多い人は要注意でしょう。
posted by mabou at 22:19 | 借金・ローンインフォ

住宅ローン減税と消費税

日本の財政状況は危機的のようで、消費税の増税は避けようがなさそうです。
そこで住宅ローン減税を延長するよう求める声も聞かれていて、確かに住宅業界には逆風と思われる消費税増税ですが、なんとか住宅ローン減税を使ったり、住宅ローン減税でもともと支払う税金の少ない人には減税でなく給付金の支給を考えるなどアイデアは出されているようです。
posted by mabou at 21:49 | 借金・ローンインフォ

リボルビング払いの怖さ

クレジットカードが便利になって、ポイントを貯めて利用したりして賢く利用している人も多いと思いますが、注意しないと借金が膨らんで困ることにもなりかねません。
最近、リボルビング払いといって、毎月の返済額が一定でクレジットカードの支払いを行う方法もあるのですが、残った借金の利息が膨らんでいって借金から逃れられなくなる危険もあるようで、多重債務者のように借金漬けにならないよう、自分の借金額を把握しておくことが大事でしょう。
posted by mabou at 16:29 | 借金・ローンインフォ

欧州中央銀行の金利

欧州中央銀行の金利は史上最低といわれる低金利のまま据え置かれているようで、ギリシャなどの金融危機は落ち着きを取り戻しつつあるように見えます。
しかし、サブプライムローンやリーマンショックからアメリカの財政赤字が拡大している中では各国とも緊縮財政に舵を取らざるを得ない状況は続いているようで、景気をよくして回復基調に乗せることは簡単ではないでしょう。
posted by mabou at 23:51 | 借金・ローンインフォ

住宅ローン金利の低下

金融緩和の流れの中、国債の価格は上昇し、金利は低下していることもあって、住宅ローンの金利も低下しているそうで、この景気が悪いなかでも住宅購入の動機付けにはなるかも知れません。
住宅産業は裾野が広く雇用対策には適しているということで、金融緩和が住宅ローンの金利を引き下げて住宅購入者が増えることは景気刺激策になるということでしょう。
posted by mabou at 21:45 | 借金・ローンインフォ

自動車ローンが好調?

アメリカでは住宅ローンのひとつのサブプライムローン問題から金融危機へと発展して、世界中の信用収縮を引き起こしたようですが、その点、自動車ローンは回収しやすいローンのようで自動車会社をはじめ金融機関もローンの取り扱いに力を入れているということです。
債権が回収できないようでは金融機関も利益が出せませんから回収しやすいローンへ流れ込んでいくのでしょう。
posted by mabou at 16:01 | 借金・ローンインフォ

アパートローンと住宅ローン

日本はバブル崩壊後デフレが続いて金利は低下し、住宅ローンも低金利の状態が続いています。
不景気ながら、金利が低いということで住宅ローンを組んでマイホームを購入する希望者が増えているように思います。
これに対してアパートなど投資目的にアパートやマンションなどを購入しようとする場合のアパートローンもありますが、大手都市銀行では融資条件が厳しいようで簡単にローンが組める状態ではないようです。
posted by mabou at 22:26 | 借金・ローンインフォ

アルゼンチンの国債

アルゼンチンではかつて債務不履行が問題となった時期がありましたが、再び国債の売りが加速していて債務不履行が警戒されているようです。
どうもアルゼンチンの通貨政策はペソの過大評価が問題にされているようで、再び債務不履行、デフォルトに陥る危険性は低くはないようです。
posted by mabou at 19:18 | 借金・ローンインフォ

フランス国債の格付け下落

フランスでは財政再建と経済改革に取り組んでいるといいますが、国債の格付けは1段階低下して、最上級の格付けを失ったといいます。
これによって、資金調達のコストが上昇すれば、財政再建にも悪影響が出てくるかもしれないといいますから、政府にとってはプレッシャーになるかも知れません。
posted by mabou at 21:17 | 借金・ローンインフォ

住宅ローンと住宅販売

住宅ローンの優遇策や低金利によって住宅メーカーの販売も一応悪くはないようですが、これから消費税の引き上げを控えてどうなるか注目されるところです。
住宅関連の仕事は裾野が広く、景気の浮揚に向けて消費税引き上げをどう乗り切るかというなかで、やはり住宅減税によって消費の落ち込みを防止しようという施策が必要になってくるのではないかと思われます。
posted by mabou at 07:10 | 借金・ローンインフォ

通販会社の債務超過

テレビでお馴染みの通販会社もネット通販の拡大に押されたりして債務が膨らみ民事再生法の適用を申請することになったそうです。
バブルがはじけたことも業績低迷の一因にはなったようで、テレビショッピングもかつてのようには売り上げを伸ばせないようです。バブル崩壊の際には借金もかさんだのでしょうか?
posted by mabou at 22:36 | 借金・ローンインフォ

住宅ローン減税と消費税

消費税の増税を前に、住宅取得を促進するためには住宅ローンの減税で消費税の増税で住宅取得を諦める人が少なくなるように配慮が必要のようです。しかし、住宅ローンの減税は所得税と住民税から税金を減らすわけで、もともと支払う税金が少ない場合はあまり意味がありません。
そこで、税金の減額で足りない場合には給付金を支給して住宅取得を促進しようという案が検討されているようです。
posted by mabou at 21:03 | 借金・ローンインフォ

預金保険機構と金融危機

このところアメリカやヨーロッパで金融機関の債務不安が世界的な金融不安へと拡大したことから、日本でも預金保険機構が銀行をはじめ証券会社や保険会社の不良債権などを買い取って金融危機の拡大を防止する仕組みを構築する方向に進むようです。
債務不安が広がることは金融の収縮を引き起こして経済活動の停滞に進んでいくことからこうした危機防止策が考えられているようです。
posted by mabou at 07:19 | 借金・ローンインフォ

ギリシャの苦境

このところヨーロッパの債務危機の話題も少なくはなっているものの、ギリシャの現金準備は綱渡り状態のようで、問題解決には程遠い状態のようです。
ギリシャが借金漬けなら、スペインだって同じことでしょうし、ヨーロッパの債務問題はまだまだ底が深そうで、やはりアメリカの景気回復が世界経済の回復には第一なのかも知れません。
posted by mabou at 00:06 | 借金・ローンインフォ

国の借金が増え続けると

日本の財政が火の車であることはよく知られているようですが、なんと1000兆円を越えることになりそうだといいますから驚きです。
国民一人当たり700万円以上の借金を背負うことになるということで、かなり借金が大きいことを実感できますが、一体どうやって借金を返していくつもりなのかお聞きしたいところです。
国債による借り入れが大きいようですが、国債もこれからはおいそれと発行しない方がよいと思われます。
posted by mabou at 23:22 | 借金・ローンインフォ

イギリスの銀行とサブプライムローン

サブプライムローンについては、低所得者向けの住宅ローンに無理をして貸し付けた銀行が世界中にあるようで、イギリスの銀行もローンを売り払ってポートフォリオの再構築へと歩みをすすめているようです。
サブプライムローンを巡ってはアメリカでの無理な住宅ローンの販売が破綻して、アメリカだけでなく世界中に影響が広がって金融不安を招いていることは間違いなさそうです。
posted by mabou at 15:19 | 借金・ローンインフォ

住宅ローン減税の拡充?

日本の財政状況は危機的状況が続いているようで、消費税の増税が間近に迫っているなか、増税の影響が大きいといわれる住宅価格については住宅ローン減税の拡充が期待されているようです。
住宅ローン減税はローン残高の一定割合が住民税や所得税の減税となって戻ってくるわけですから、住宅取得の促進には欠かせない政策といえそうです。
posted by mabou at 22:58 | 借金・ローンインフォ

▲このページの先頭へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。