スポンサードリンク

住宅ローンの基礎

住宅金融公庫の住宅ローンでは、建物の担保評価が8割となり、残りの2割は自己資金が必要になります。民間の住宅ローンなども組み合わせて自己資金が少なくても住宅購入が可能な場合もあるようですが、基本的には貯蓄で頭金を積み立てる方が、住宅購入後のローン返済額も少なくて済みますし、借金もしやすくなりますから、ぜひ2割の自己資金は貯蓄したいところです。
また、年収が800万円を超える場合は、建設費用の5割までしか融資が受けられません。ただ、民間住宅ローンや財形住宅融資などを組み合わせることで8割以内で融資を受けることは可能です。
さらに月々の返済額は、公庫の場合には、税込み年収の1/60になっていて、生活を普通に送りながら返済できるよう月々の返済額に限度が設けられています。
購入する物件が新築か中古かでも異なり、一般的には新築物件の方が長く借りられるといいます。つまり返済期間が長いほど借りられる金額は多くなります。
ローンには金利がかかるのですが、固定金利を選んだ場合は返済が完了するまで月々の返済額は一定となりますが、変動金利を選んだ場合は半年毎に金利の見直しがあり、最初の5年間は月々の返済額は変わりませんが、6年目からは返済額が変わってきますので注意が必要です。
posted by mabou at 22:22 | 住宅ローン

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。