スポンサードリンク

アメリカ長期金利の上昇と住宅ローン

アメリカの景気回復を引っ張ってきた住宅市場が、量的緩和が縮小する見込みがあるということで、長期金利が上昇して、住宅ローンの金利が上昇するとなると住宅ローンの金利上昇が住宅市場を縮小させるのは避けられないようです。
日本でも超低金利のおかげで住宅ローンは金利が低く住宅購入層の刺激となっていますが、今後はアメリカ同様、金利が上昇して住宅市場が冷え込むことになるかもしれません。
posted by mabou at 22:00 | 借金・ローンインフォ

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。