スポンサードリンク

長期金利の上昇

アベノミクス効果で円安が進行して輸出企業の業績が回復し株高になって景気が回復する期待が大きくなっていますが、その一方で安全資産とされる国債から株などリスク資産への資金移動が起きているようで、国債の価格が低下して長期金利が上昇する場面も見られて、これが景気には悪影響を及ぼすのではないかという懸念もあるようで、行き過ぎた円安も問題になるようです。
金利の上昇は住宅ローン金利の上昇にも結びつくでしょうから景気の浮揚には悪影響を及ぼす可能性も出てきたようです。
posted by mabou at 20:16 | 借金・ローンインフォ

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。