スポンサードリンク

認知症と資産

資産家の老人に認知症の症状が見えると、いろんなところから資産狙いの手が伸びてくるといいます。
なかには本人が死亡した後になって聞いたこともないような借金が請求されてきたりすることもあるようで、後見人制度を利用するなどして資産略取を防ぐ手立てを考える必要があるようです。
知らない間に借用書を書いていて借金だらけになって財産を失ったなどということにならないように早めに後見人をつけておくほうがよさそうです。
posted by mabou at 20:27 | 借金・ローンインフォ

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。