スポンサードリンク

金利引下げ交渉

住宅ローンの金利は史上最低ともいわれる低金利が続いていて、銀行によっては金利の引き下げ交渉が可能な場合もあるといいますから金利の引き下げ交渉を行うことも手元に残る現金を増やして家計に余裕を持たせる効果的な方法といえそうです。
金融円滑化法のおかげで金利の引き下げ交渉や返済期間の延長を求めるなどの交渉がしやすくなったといいますから今がチャンスなのかも知れません。
posted by mabou at 23:37 | 住宅ローン

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。