スポンサードリンク

借金と自転車操業

サラ金などに手を出すと自分の収入のうちからだけではサラ金への返済ができないようになることも多く、そうなると多くの人は融資の限度枠が残っているうちは同じところで借金して借りますが、そのうち限度に達するとサラ金への借金返済を他のサラ金での信用枠を使って新たな借金をして返済するようになってしまいます。こうなりますと自転車操業状態で各サラ金業者への返済が遅れることのない間は信用情報機関にブラック情報は載らないのですが、いずれサラ金からの融資が受けられなくなるのは明らかです。その時点でこうした悪循環の輪は終わりを告げることになり、今度はサラ金業者からの回収督促に悩まされることとなります。
こうした自転車操業に陥る前あるいは自転車操業に陥った時点で、事態は深刻ですから弁護士会などの専門家に助けを求めて事態の打開に向けて動き出さないとサラ金の次はヤミ金へと泥沼にはまっていくのは間違いありません。借金の泥沼から抜け出せなくなってしまいます。
posted by mabou at 12:58 | 借金・ローンの基礎

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。