スポンサードリンク

借金・ローンの健全性

現代資本主義社会では住宅ローンも含めて借金せずに生活することはなかなか難しいでしょう。その一方で自分の借金事情をよく把握もせずにお金を借りまくっていると最後には自己破産なんてことにもなりかねません。住宅ローンの残高もわからないなんて人は要注意です。
借金する際の安全性には一応の決まりがあるようで、いわゆる健全な借金とは年間の返済額にして年収の4分の1未満、できれば借入先は家族や親族または友人や知人、勤務先の会社などが望ましく、あとは銀行や利息制限法を超えない利率のクレジット会社とされています。こうした健全で一応安全な借金の範囲を超えてしまっていたらすぐに借金の返済と整理を考えましょう。危険シグナル点燈です。ご注意ください。
posted by mabou at 22:23 | 借金・ローンの基礎

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。