スポンサードリンク

住宅ローンの減額

アメリカでは不動産バブルがはじけて住宅価格の評価額がローンの残高を下回ってしまったローン返済者に対して救済策が講じられるといいます。
住宅ローンの貸し手側の金融機関が債権を一部放棄して返済条件を緩和した新規ローンでの借り換えを認めるということで、日本でバブルがはじけた時にもこういう救済策があってもよかったのではないかと思われます。
住宅価格の評価額がローンの残高を下回って、結局自宅を手放した例も少なくなかったと思いますから、アメリカの救済策には賛成です。
posted by mabou at 20:17 | 住宅ローン

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。