スポンサードリンク

フラット35

住宅金融公庫は今では住宅金融支援機構に変わったらしいのですが、緊急経済対策によって優良住宅取得支援制度の金利下げ幅が拡大されたそうです。
フラット35Sと呼ばれる優良住宅取得支援制度の適用される条件は耐震性や耐久性、バリアフリー性、省エネルギー性などで決められており、条件を満たせばお得な金利で住宅ローンが人気なのでしょう。
金利が低いといわれる今、さらに金利の優遇が受けられればお得と思われます。
posted by mabou at 23:29 | 住宅ローン

▲このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。