スポンサードリンク

借金・ローンの基礎-お金について-

有名なタレントが突然自己破産して驚いたことがありましたが、やはり消費者金融など高利の借金をして借金総額が脹らんだのが原因だったのではなかったかと記憶しています。
現在は、グレーゾーン金利が問題となって貸金業者も債務者側から過払い金利の返還を求められたりして、赤字に転落した会社もあるということで、貸金業者が借金する側にまわる可能性もでてきました。
債務者にとっては過払い金利が返してもらえるのは幸いですが、借金が返せなくなってさらにキャッシングに走り、多重債務状態で自己破産するなど、借金のために不幸になる人はなくなることはないでしょう。
お金がたくさんあっても幸せにはなれないのかも知れませんが、借金地獄で自己破産するようなことは避けるにこしたことはありません。
お金に振り回されるようなことにならないように、多くの投資家が説いていますが、大金はかえって不幸のもとになることもありますから小金持ちを目指して借金なしで生きて行きたいと思ったりしています。
そうはいっても浮き沈みのあるのは世の常で、浮いている時はよいとして、沈んだ時の対処法として借金・ローンに耐えられる対策を考えておきたいと自分なりに融資、ローン、借金の仕方など調べてみることにしました。ゼロ金利も解除されたことですし、すこしでも借金ローンで頭を抱え込む人が減ってくれますように願ってやみません。
現在論争中のグレーゾーン金利の問題もあります。払わなくていい金利などもよく知って、賢くローンを利用して債務超過などにならないよう返済のことを考えて借金の正しい仕方を考えておきましょう。借金なしで済ますのは難しいと思いますが、借金しすぎない知恵が必要です。
最近になってとうとう物価の値上げの傾向が、ガソリンをはじめじわじわと出てきています。借金やローンの際はくれぐれも無理のないよう将来を見据えてお金についてよく考えて返済に困ることがないようにしたいものです。


重要事項:
「借金ローンは融資金利と利息でローン比較」内に掲載されている内容については誤りのないように注意を払っていますが正確性を保証するものではありません。
掲載内容についてはご利用された方に不利益や損害等が生じた場合、当サイト管理人は一切責任を負いかねますのでどうかご了解の上でご利用下さい。
また、商品のご購入に際しましては、当サイトではアフィリエイトシステムをとらせていただいているため、各販売会社の特定商取引法に関する事項を参照していただくようお願いいたします。

当サイト内における誤った記載などお気付きの場合は下記連絡先までお知らせ下さい。

相互リンクお問い合わせ:mabou98gata@@yahoo.co.jp(@はひとつで送信して下さい。)
管理人:mabou

Links:
女性レディースローンキャッシングナビ
SEO対策相互リンクSPEED/*ホームページ作成登録(サーチエンジン登録)/相互リンクBeef/アクセスアップはアクセスアップっぷで♪/*お金の情報研究所/相互リンクがアクセスアップ/ジャンル別検索エンジン/みんなでつなごう相互リンクの輪/アクセスアップは相互リンクで/アクセス支援の検索エンジン/1st-link無料相互リンク/スピードキャッシング徹底比較/100社のキャッシング・クレジット・ローン徹底比較/100社の消費者金融徹底比較/


SEO対策相互リンク集
SEO対策にご利用下さい。
相互リンク募集
ページはHTMLで作られています。
SEO-NEO
SEO対策にご利用下さい。ページはHTMLで作られています。
相互リンク募集です
相互リンク募集中 ページランク4のページより、相互リンクも募集中。
BBS7.COM
MENURNDNEXT

相互リンク
相互リンク 無料

posted by mabou at 23:59 | トップページ

デトロイト市の財政破綻

自動車メーカーで知られたアメリカはデトロイト市が財政破綻状態となって再建計画が進められているといいます。退職者の年金カットや市債購入者への債務カットなど債権者にとっては困った事態に違いないでしょう。
こうした自治体の財政破綻は日本でも起きているようで、高齢化が進む日本では社会保障費の増加が進むでしょうから税収が増えない中でどうやってやり繰りしていくのか、よほど工夫しないと財政状態が悪化する自治体が増えるのではないかと懸念されます。
posted by mabou at 13:39 | 借金・ローンインフォ

住宅ローン繰り上げ返済と手数料

住宅ローンの金利は今のところ低金利が続いていて、消費税の引き上げもあって住宅購入に踏み切る方は少なくないようです。
しかし、定年前にローンは完済したいなど住宅ローンの繰上げ返済を希望する方もいると思います。繰り上げ返済時の手数料には注意が必要で、さらに固定金利の場合など想像以上の違約金が取られることもあるようで、念には念を入れる必要がありそうです。
posted by mabou at 15:20 | 住宅ローン

住宅ローンと元金返済

住宅ローンには大きく分けて変動金利型と固定金利型があるといいますが、今の時点でどちらを選ぶのかは悩むところです。一般的には金利が上昇すると思われる場合には固定金利型のほうが有利といわれますが、元金の減り方を比べてみると今は変動金利型の金利が低いこともあって元金は変動金利型の住宅ローンの方が早く減っていくようです。
変動金利だと金利が上がった時の負担が増えると思われますが、どちらがいいのか検討すべきでしょう。
posted by mabou at 11:07 | 住宅ローン

国債発行額

日本の国債発行額は相変わらず巨額で国の借金は続けているようですが、前年に比べてその増加は抑えられるようにはなってきたようです。
借金漬けの体質を脱することは用意ではないのでしょうが、このまま国債発行額が増え続けることは国の信用上問題でしょうから、何としても借金漬け体質からの脱却が必要でしょう。
posted by mabou at 00:23 | 借金・ローンインフォ

二重ローンの解消

被災地では借金の残った自宅や会社が壊れるなどで、ローンだけが残り、自宅や会社の再建にもさらにローンを抱えることになることから二重ローンの重荷が問題となっています。
被災者に対する支援としてローンを買い取って、借金の元本返済を猶予して被災者の生活や事業再建を支援する制度が効果的に働くことも二重ローンの解消には欠かせないことといえるでしょう。
posted by mabou at 00:30 | 借金・ローンインフォ

国の借金1000兆円

国の借金がとうとう1000兆円を超えたそうで、多くは少子高齢化に伴う社会保障費の増大が占めているそうで、これから行われる消費税の増税分もこうした社会保障費の増大の穴埋めに消えてしまうといいます。
そうするとさらなる税収のアップのために消費税の増税が続けられるのかも知れませんが、同時に社会保障費の増大を抑制する試みも欠かせないでしょう。
posted by mabou at 22:09 | 借金・ローンインフォ

反社会的勢力への融資問題

信販会社を通じての暴力団関係者への融資が自動車ローンなど多数見つかった問題では、他の銀行でも提携ローンでは情報把握が遅れるため同じような融資が行われている可能性があるということです。
融資に際しての審査の見直しが必要であるのは間違いないでしょうが、有効な改善策が打ち出されるかどうかは今後の推移を見守るしかないのでしょう。
お金を貸すからには回収しないといけないわけですが、こうした場合には回収できているのでしょうか。
posted by mabou at 18:13 | 借金・ローンインフォ

提携ローンと問題融資

信販会社などを通じた提携ローンで問題のある融資が表面化してニュースとなっていますが、反社会的勢力に融資をしてその融資が焦げ付いたとなると問題です。
そもそも融資に関する審査にも問題があったのではないかと思われますが、焦げ付いた融資の損失は、一般の融資利用者の負担になってくる可能性も考えられ、バブルがはじけて問題となったローン審査の重要性が今改めて認識されます。
posted by mabou at 23:26 | 借金・ローンインフォ

住宅ローン減税と消費税アップ

巷では諸費税アップになる前に住宅購入を勧める声もあるようですが、景気の腰折れを防ぐためにも住宅ローン減税が拡充されることもあって、所得によってはあわてて住宅購入するよりも消費税アップの後に購入した方が特になるケースもあるといいます。
所得の多い世帯の方が戻ってくる税金が多いようなのですが、消費税アップにあわてず住宅ローン減税の影響を考えて検討してよさそうです。
posted by mabou at 00:02 | 借金・ローンインフォ

▲このページの先頭へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。